ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ドラグニティ・ドライブ】

f:id:girudoya:20180328234114j:plain



■ » 4月14日 発売「CYBERNETIC HORIZON」




■「回帰」



【ドラグニティ】に複数枚の新規という春。露骨に復帰勢を増やしたい感が凄いですが、そんな事より新カード。永続罠、《ドラグニティ・ドライブ》 の到来です。




f:id:girudoya:20180328234114j:plain


《ドラグニティ・ドライブ》
永続罠
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。このターン、自分は「ドラグニティ」モンスターしか特殊召喚できない。
●自分の魔法&罠ゾーンの「ドラグニティ」モンスターカード1枚を対象として発動できる。そのカードを守備表示で特殊召喚する。
●自分フィールドの「ドラグニティ」モンスター1体を対象として発動できる。自分の墓地から「ドラグニティ」モンスター1体を選び、装備カード扱いとして対象の自分のモンスターに装備する。



《ドラグニティ・ドライブ》


その効果はターン1で墓地からドラグニティをドラグニティに装備するか、魔法罠ゾーンのドラグニティを守備表示で特殊召喚できるというもの。



そのターン中はドラグニティ以外のモンスターを特殊召喚できなくなりますが、《ドラグニティ・ドライブ》 は装備するにしても特殊するにしてもドラグニティであれば「レベル・種族」の制限がないってのが偉大。既存のドラグカードには《ドラグニティ-ドゥクス》の「レベル3以下のドラゴン族・ドラグニティ」みたいな制限があったのに。




f:id:girudoya:20180328235012j:plain



《ドラグニティ・ドライブ》 は、特に高レベル帯の「《ドラグニティアームズ-ミスティル》、《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》、《ドラグニティ-プリムス・ピルス》」を回す事で、チューナー及び非チューナーを展開して一気に《ドラグニティナイト-アスカロン》等のシンクロに手が届くのがいいですね。



《ドラグニティナイト-バルーチャ》で墓地のドラグニティを一挙に装備して、それを《ドラグニティ・ドライブ》で特殊召喚していくのがアド過ぎて困る。


《ドラグニティ・ドライブ》は種族に囚われないので、鳥獣族の《ドラグニティ-ミリトゥム》に鳥獣族の《ドラグニティ-プリムス・ピルス》を装備して特殊、チューナーを確保してシンクロみたいな動きができるようにもなりました。幅が出た感じです。




他にも手札やデッキからドラグニティを装備できる「《竜操術》、《ドラグニティの神槍》、《巨竜の聖騎士》」等と《ドラグニティ・ドライブ》 を合わせて展開エンジンとしての役割。《ドラグニティナイト-ヴァジュランダ》のような装備カードを用いる効果の弾補充なんて仕事も。



あとはもう、相手ターンに《ドラグニティ・ドライブ》 で《ドラグニティ-ドゥクス》を墓地から装備して、それを自分のターンに《BF-精鋭のゼピュロス》で手札に返しつつ召喚なんて動き最高。




《BF-精鋭のゼピュロス》はドラグニティのシンクロに使える鳥獣族というステータス、《竜の渓谷》《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》の再利用、《ドラグニティナイト-ガジャルグ》でサーチが効く諸々含めて、こんなに噛み合うデッキ無いんじゃないかレベル。


いやでも、【墓地BF】の《BF-精鋭のゼピュロス》で《ゴッドバードアタック》を撃つのも最高に最高。




そして、再録の場所が無さそうな《ドラグニティナイト-バルーチャ》のお値段がアレな事になってますね。




ではまた!



f:id:girudoya:20180328234053j:plain