ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ライザーその2】

f:id:girudoya:20180309134109j:plain



こんにちは。《漆黒のトバリ》+「シャドール」のエンジンで春を感じたい者です。



続編、「墓地送り」


■ »「遊戯王.JP」《シューティング・ライザー・ドラゴン》



f:id:girudoya:20180309131353j:plain


《シューティング・ライザー・ドラゴン》
シンクロ・チューナー
星7 光属性 ドラゴン族 ATK/2100 DEF/1700
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがシンクロ召喚に成功した場合に発動できる。フィールドのこのカードより低いレベルを持つモンスター1体をデッキから墓地へ送り、そのモンスターのレベルの分だけこのカードのレベルを下げる。このターン、自分は墓地へ送ったそのモンスター及び同名モンスターのモンスター効果を発動できない。
②:相手メインフェイズに発動できる。このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。




《シューティング・ライザー・ドラゴン》の効果は2つ。

  1. プチおろ埋+レベル低下
  2. 相手ターンシンクロ


シンプルに《デブリ・ドラゴン》で《ダンディライオン》蘇生からの《シューティング・ライザー・ドラゴン》で、相手ターン《氷結界の龍 トリシューラ》の構えってだけでも頼もしいですね。



f:id:girudoya:20180309132048j:plain




■「掘り下げ」



今回は《シューティング・ライザー・ドラゴン》の無尽蔵の可能性「墓地肥やし」に焦点を当てていきたいなと。その効果は、シンクロ召喚時に自身のレベル以下のモンスターを《おろかな埋葬》+選んだモンスターに対応して自身のレベルを永続低下というもの。



その際、《シューティング・ライザー・ドラゴン》のレベルを上げられる「《覚星師ライズベルト》《スター・チェンジャー》《ギブ&テイク》」等を使うと墓地送りの範囲が広がりますが、まぁ手間なので基本はレベル6以下のモンスターをデッキから墓地へ送るという仕上がりです。



《シューティング・ライザー・ドラゴン》のシンクロ召喚には縛りがないので、7シンクロを呼べる「《ブリリアント・フュージョン》《終末の騎士》《ラヴァル・キャノン》《スクラップ・キマイラ》《SRベイゴマックス》《銀河戦士》」等は評価アップ。墓地肥やし&アクセルシンクロを手にします。



シンクロチューナーである《シューティング・ライザー・ドラゴン》は《水晶機巧-ハリファイバー》から呼べて、《水晶機巧-ハリファイバー》に成れる《ラヴァルバル・チェイン》みたいに捉えると、えらい強い。



ただ、《シューティング・ライザー・ドラゴン》でデッキから墓地へ送ったモンスター&同名モンスターはそのターン効果を発動できないので、墓地に送られたタイミングで動く「シャドール」や《イーバ》等は機能せず、《ラヴァルバル・チェイン》でやらかした故に学習の痕跡が見受けられます。



という事で、墓地に送りたいというよりも墓地に置いておきたい起動効果や永続効果を持ったレベル6以下のモンスターを探していけばいいのかなと。例えば、自己蘇生できる《BF-精鋭のゼピュロス》や《ヴァンパイアの使い魔》なんかは範疇になりますね。




探査


《シューティング・ライザー・ドラゴン》で落としたいモンスターをピックアップしてみたら、まぁ盛り沢山。



f:id:girudoya:20180309132142j:plain



以下、羅列。


  • 儀式魔人
  • クリボー
  • 幻影騎士団
  • 武神器
  • 《ヴォルカニック・バレット》
  • 《ADチェンジャー》
  • 《キラー・スネーク》
  • 《黒光りするG》
  • 《時械巫女》
  • 《SPYRAL GEAR-ドローン》
  • 《SPYRAL-ジーニアス》
  • 《星杯の守護竜》
  • 《絶対王 バック・ジャック》
  • 《D-HERO ディスクガイ》
  • 《天帝従騎イデア》
  • 《冥帝従騎エイドス》
  • 《薔薇恋人》
  • 《伝説の黒石》
  • 《粋カエル》
  • 《ヴァンパイアの眷属》
  • 《おとぼけオポッサム》
  • 《サイバー・ドラゴン・コア》
  • 《タスケルトン》
  • 《ボルト・ヘッジホッグ》
  • 《魔轟神クルス》
  • 《マジシャンズ・ローブ》
  • 《ラッシュ・ウォリアー》
  • 《レフティ・ドライバー》
  • 《ヴェンデット・ヘルハウンド》
  • 《エッジインプ・シザー》
  • 《ヴォルカニック・カウンター》
  • 《カーボネドン》
  • 《岩石の番兵》
  • 《シーアーカイバー》
  • 《デフラドラグーン》
  • 《ネクロ・ガードナー》
  • 《否定ペンギン》
  • 《ペロペロケルペロス》
  • 《マジシャンズ・ロッド》
  • 《ファラオの化身》
  • 《ヴァンパイア・ソーサラー》
  • 《先史遺産ネブラ・ディスク》
  • 《開闢の騎士》
  • 《宵闇の騎士》
  • 《超戦士の魂》
  • 《霊廟の守護者》
  • 《水晶機巧-ローズニクス》
  • 《幻創のミセラサウルス》
  • 《チェーンドッグ》
  • 《タスケナイト》
  • 《超電磁タートル》
  • 《にん人》
  • 《風来王 ワイルド・ワインド》
  • 《妖精伝姫-シラユキ》
  • 《ヘルウェイ・パトロール》
  • 《馬頭鬼》
  • 《暗黒の召喚神》
  • 《異界の棘紫獣》
  • 《オーバーレイ・ブースター》
  • 《水晶機巧-サルファフナー》
  • 《星遺物-『星杯』》
  • 《幻想魔術師・ノー・フェイス》
  • 《魔聖騎士ランスロット》
  • 《暗黒のマンティコア》
  • 《星遺物-『星盾』》
  • 《D-HERO ディアボリックガイ》
  • 《D-HERO ダッシュガイ》
  • 《D-HERO ディバインガイ》
  • 《ライトパルサー・ドラゴン》
  • 《魔轟神ソルキウス》
  • 《青き眼の祭司》
  • 《グローアップ・バルブ》
  • 《スポーア》
  • 《除草獣》
  • 《ジェット・シンクロン》
  • 《BF-大旆のヴァーユ》
  • 《太古の白石》
  • 《ブンボーグ001》
  • 《ゾンビキャリア》
  • 《BF-隠れ蓑のスチーム》
  • 《覇王眷竜ダークヴルム》etc.




《シューティング・ライザー・ドラゴン》のシンクロ召喚を行ないつつ墓地が潤って嬉しいテーマとなると、【DDD】辺りが上手く使えそうです。墓地で頑張る《DDネクロ・スライム》《DDスワラル・スライム》《DDラミア》が主体ですからね。



と言う訳で、期待感溢れる《シューティング・ライザー・ドラゴン》の話でした。レベル6以下のモンスターを墓地に用意できるってのは、【クリストロン】の生命線となる《水晶機巧-サルファフナー》的にも偉大かなと。


ではまた!