ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【悪王アフリマ】

f:id:girudoya:20180302083403j:plain



■ » 遊戯王公式HP「STRUCTURE DECK R -闇黒の呪縛-」



「悪王アフリマ」について


f:id:girudoya:20180302083414j:plain


《悪王アフリマ》
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。この効果を発動するためにこのカード以外の闇属性モンスターをリリースした場合、ドローする代わりにデッキから守備力2000以上の闇属性モンスター1体を手札に加える事ができる。






f:id:girudoya:20180302083420j:plain


《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》
フィールド魔法
①:フィールドの表側表示モンスターは闇属性になる。
②:1ターンに1度、自分がカードの効果を発動するために自分フィールドのモンスターをリリースする場合、自分フィールドのモンスター1体の代わりに相手フィールドの闇属性モンスター1体をリリースできる。
③:自分・相手のエンドフェイズに発動する。このターンにこのカードが表側表示で存在する状態でリリースされたモンスターの数まで、ターンプレイヤーのフィールドに「シャドウトークン」(悪魔族・闇・星3・攻/守1000)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。



円滑化

f:id:girudoya:20180302084720j:plain



このストラクにおける橋渡し役となる《悪王アフリマ》


手札の《悪王アフリマ》自身を置換する事で、相手モンスターにリリースの肩代わりを強いるフィールド魔法《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》をサーチでき、《悪王アフリマ》を場に繰り出せば闇属性モンスターを糧としてデッキから《闇黒の魔王ディアボロス》を手にするという仕上がり。



看板モンスターとなる手札破壊の魔王と基軸となるフィールド魔法をサーチできるんだから、そりゃあ偉い。《悪王アフリマ》。



「レベル4・闇属性・悪魔族・攻1700/守0」というステータス的に「《悪夢再び》《カメンレオン》《忍び寄る闇》《暗躍のドルイド・ドリュース》」等に対応してるのも沁みます。エクシーズ素材としては「《ヴェルズ・ナイトメア》《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》」等に派生できる生まれです。



f:id:girudoya:20180302084447j:plain



《悪王アフリマ》の闇モンサーチ効果は場の自身以外の闇属性をリリースして発動できるので、例えば《同胞の絆》と好相性。


《同胞の絆》→「《悪王アフリマ》・《ジュラゲド》・《魔界劇団カーテン・ライザー》等」と並べる事で、《悪王アフリマ》による《闇黒の魔王ディアボロス》のサーチ、そしてリリース起動の《ジュラゲド》に反応して魔王が動けます。





《悪王アフリマ》の橋渡しっぷり

f:id:girudoya:20180302084513j:plain



《悪王アフリマ》により「守備力2000以上の闇属性モンスター」をデッキから手にする事ができます。


そのラインナップを調べてみると汎用性たっぷりで闇属性の層の厚さを再確認した程で、《悪王アフリマ》は《堕天使イシュタム》を抱える【堕天使】を筆頭にテーマ外でもバリバリ働いて貰えそうです。


ざっくりサーチ先をピックアップしてみました。



■ » 遊戯王カード検索「守備力2000以上の闇属性モンスター」

  • 《多次元壊獣ラディアン》
  • 《堕天使イシュタム》
  • 《堕天使マスティマ》
  • 《堕天使アスモディウス》
  • 《堕天使スペルビア》
  • 《堕天使ゼラート》
  • 《儀式魔人リリーサー》
  • 《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》
  • 《ワイト夫人》
  • 《幻想魔術師・ノー・フェイス》
  • 《機動要犀 トリケライナー》
  • 《マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン》
  • 《混沌の黒魔術師》
  • 《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》
  • 《冥王竜ヴァンダルギオン》
  • 《地縛神 Cusillu》他
  • 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
  • 《機皇帝ワイゼル∞》
  • 《混沌帝龍 -終焉の使者-》
  • 《カオス・ソルジャー -宵闇の使者-》
  • 《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》
  • 《Sin スターダスト・ドラゴン》
  • 《Sin 青眼の白龍》
  • 《ダーク・クリエイター》
  • 《デビルマゼラ》
  • 《幻魔皇ラビエル》
  • 《トゥーン・ブラック・マジシャン》
  • 《トゥーン・リボルバー・ドラゴン》
  • 《レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン》
  • 《墓守の偵察者》
  • 《闇竜星-ジョクト》
  • 《ラブラドライドラゴン》
  • 《亡龍の戦慄-デストルドー》
  • 《彼岸の鬼神 ヘルレイカー》
  • 《終焉の王デミス》
  • 《BM-4ボムスパイダー》
  • 《マジシャンズ・ローブ》
  • 《アネスヴァレット・ドラゴン》
  • 《シェルヴァレット・ドラゴン》
  • 《ワイト夫人》
  • 《オッドアイズ・アークペンデュラム・ドラゴン》
  • 《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》
  • 《紫毒の魔術師》
  • 《アストログラフ・マジシャン》
  • 《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》
  • 《DD魔導賢者トーマス》etc.




さすがにガチゴリラモンキーパーク。しれっと《多次元壊獣ラディアン》が居るのが沁みますね。相手に壊獣を渡して、それを「《ダウンビート》+《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》」でリリース→デッキからモンスターを特殊召喚なんて面白そうです。



f:id:girudoya:20180302084455j:plain



《トランスターン》のコストは墓地へ送るなんですが、《ダウンビート》はリリースして発動という差異。《トラスト・マインド》で相手モンスターをリリースして墓地の誘発回収なんてのもコンボチックで良きかな。



《悪王アフリマ》により《オッドアイズ・アークペンデュラム・ドラゴン》は更にサーチ手段が増えて、もうお腹いっぱい感。《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》と合わせて相手モンスター2体をリリースできる《痛み分け》も注目されてるようですね。



f:id:girudoya:20180302084552j:plain



以上、「STRUCTURE DECK R -闇黒の呪縛-」に収録となる《悪王アフリマ》の話でした。同時発売となるスリーブ含めて予約済みという万全。




ではまた!