ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【竜魔導の守護者】

f:id:girudoya:20180209232643j:plain


Vジャンプ 2018年4月号


こんにちは。《インスペクト・ボーダー》が機械族なので、《サイバー・ドラゴン》からの《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》に吸われるヤバいと思いましたが、普通に攻撃力2100で叩かれて強いなと感じた者です。



f:id:girudoya:20180209234118j:plain




今回は《竜魔導の守護者》について。読み方は「りゅうまどう の しゅごしゃ」です。昨今の遊戯王からするとシンプル過ぎて逆に凄い。「オポチュニティ・ガーディアン・オブ・マジ・マンジ卍」とか平気な世界ですからね。





■《竜魔導の守護者》




f:id:girudoya:20180209232643j:plain


《竜魔導の守護者》
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、このカードの効果を発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「融合」通常魔法カードまたは「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加える。
(2):EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せて発動できる。そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を自分の墓地から選んで裏側守備表示で特殊召喚する。




■「考察」



強いっすなぁ。

《竜魔導の守護者》


その効果は、召喚・特殊時に手札を1枚切って通常魔法の融合/フュージョンカードをサーチ。そして《E・HERO プリズマー》のようにエクストラデッキの融合モンスター素材を参照して、裏守備で蘇生する効果が備わってます。



f:id:girudoya:20180209234157j:plain



《竜魔導の守護者》のスペック。まず、手札を切って融合カードをサーチして、蘇生効果に繋げる流れですね。闇属性・レベル4・ドラゴン族という恵まれたステータスにより《忍び寄る闇》等でサーチできます。



《竜魔導の守護者》のいずれかの効果を使うターンはエクストラデッキから融合モンスターしか出せませんが、融合召喚でなくてもいいので、それこそ《サイバー・ドラゴン》を蘇生して相手の機械族やエクストラモンスターを「キメラテック」で吸える訳ですよ。冒頭部分がここで活きてきましたね。


ちなみに《インスペクト・ボーダー》が居ると《竜魔導の守護者》は動けないので、あしからず。



とりあえず、「《E・HERO プリズマー》×《竜魔導の守護者》」で、融合カードと蘇生先を用意できるので、遊んでみたいなぁと。




■「融合しよう」




f:id:girudoya:20180209234226j:plain



《竜魔導の守護者》の蘇生効果で融合素材を場に出せるってのが新感覚なので、《クリッチー》を指定して《クリッター》/《黒き森のウィッチ》蘇生からの《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》なんてクール。


《竜魔導の守護者》による蘇生は裏側なので、戦闘耐性を持つ《魂を削る死霊》やリバースで動ける《召喚師アレイスター》辺りも意味のある選択肢ですね。



《竜魔導の守護者》は《融合徴兵》をサーチ可能なので、彼は融合魔法のみならず融合素材も調達できるってのは偉大なのでないでしょうか。《融合回収》によるリカバリーを挿せるのもいいですね。


お馴染み《簡易融合》からの除去やら獣族の《フラワー・ウルフ》等を揃えて《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》、カード名を変える《融合識別》で《竜魔導の守護者》をテーマカードにしてXYZモンスター、コンタクト融合、剣闘獣といった道もあって素敵やん。




f:id:girudoya:20180209234308j:plain



やはり《竜魔導の守護者》を融合素材に巻き込める方がスマートなので、検討枠。



  • 《呪符竜》
  • 《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》
  • 《竜騎士ブラック・マジシャン》
  • 《重装機甲 パンツァードラゴン》
  • 《天翔の竜騎士ガイア》
  • 《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》
  • 《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》
  • 《エルシャドール・ミドラーシュ》
  • 《捕食植物ドラゴスタペリア》
  • 《捕食植物キメラフレシア》
  • 《D-HERO デッドリーガイ》
  • 《E・HERO エスクリダオ》
  • 《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》
  • 《召喚獣カリギュラ》
  • 《エルシャドール・ミドラーシュ》
  • 《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》etc




発売時期的には《竜魔導の守護者》でマジシャンをコストに《円融魔術》をサーチ、蘇生から融合。《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》や《竜騎士ブラック・マジシャン》の流れです。



f:id:girudoya:20180209234334j:plain



かなりスマートになるのは、上級モンスターを融合素材とする《天翔の竜騎士ガイア》や《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》。


《竜魔導の守護者》で《暗黒騎士ガイア》を捨てて融合カードをサーチ、エクストラデッキの《竜騎士ガイア》を見せて蘇生効果を使い、《天翔の竜騎士ガイア》の融合素材+融合カードを揃えられるようになりました。



「《混沌の場》+《竜魔導の守護者》=《天翔の竜騎士ガイア》」等を狙える動きなので、「フィールド魔法+融合」を軸に《竜魔導の守護者》をやってみたいなと。上手いこと融合サポートのフィールド魔法《融合再生機構》とかありますし。



以上、融合界のナイスミドルレンジ《竜魔導の守護者》の話でした。融合もいい時代になりましたねぇ。つくづく思います。



ではまた!