ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【トポロジック・トゥリスバエナ】

f:id:girudoya:20180125085134j:plain


《トポロジック・トゥリスバエナ》


先日、遊戯王の動画を漁っていたところ【彼岸】対【セフィラ】で印象深かったシーンについて。








彼岸側が優勢で、「《トポロジック・トゥリスバエナ》+《水晶機巧-ハリファイバー》+《永遠の淑女 ベアトリーチェ》」の構えを作り、『相手ターントゥリスバエナ』起動によりスケールを吹き飛ばす場面がありました。



墓地にはセフィラカードに破壊耐性を与える《セフィラの神意》がありましたが、除外屋の《トポロジック・トゥリスバエナ》は意に介さず、フィールド魔法《セフィラの神託》諸ともスケール2枚を飛ばして計1500バーン。



さらに《彼岸の悪鬼 バルバリッチャ》の900バーンまで入り、残ライフを詰め切きったという場面。相手ターンに2400バーン決めるんですから、そりゃ強い。



相手ターンに展開できる《水晶機巧-ハリファイバー》と《永遠の淑女 ベアトリーチェ》が居るので、《トポロジック・トゥリスバエナ》の除外効果を2回起動できるってのも凄い。それを超えてペンデュラム召喚する為にはスケールカード6枚必要という単純計算ですからね。



《トポロジック・トゥリスバエナ》が明確なフィニッシャーとなる事を再確認したシーンでした。



ではまた!