ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【雪花彼岸】

f:id:girudoya:20180115215927j:plain




「元気があれば何でもできる」と、かの御仁はおっしゃいましたが、「手札があれば」どうでしょうか。そう。ベアトが出ます




《雪花の光》


f:id:girudoya:20180115224727j:plain



その効能は2ドロー&墓地から除外して使える手札交換。《強欲な壺》+《切り盛り隊長》のようなリターンを持つ強烈な手札強化カードです。


例えば、ターン制限のある《幽鬼うさぎ》が被っていれば他の1枚に変えたりね。《水晶機巧-ハリファイバー》が通ると《幽鬼うさぎ》は確保できるので、手札のもう1匹は浮きがち。



なんにせよ【彼岸】は《永遠の淑女 ベアトリーチェ》的に彼岸の数が物を言うので、ドロー界のライジングスター《雪花の光》を入れてみましたの巻。




■【雪花彼岸】



f:id:girudoya:20180115223321j:plain

f:id:girudoya:20180115220804j:plain


《雪花の光》


【彼岸】は思いっ切りモンスター主体のテーマで、妨害手段も《彼岸の悪鬼 ファーファレル》《彼岸の悪鬼 アリキーノ》に手札誘発とあれば事足りるのでは?という事で《雪花の光》でターボしてみる格好に。



まず、《雪花の光》。その効能は《強欲な壺》なので手札を欲する《永遠の淑女 ベアトリーチェ》もホックホク。


デッキトップ10枚を飛ばす《強欲で貪欲な壺》とは違い制限カードの《魔界発現世行きデスガイド》や、《彼岸の悪鬼 バルバリッチャ》等のピン挿し彼岸が巻き込まれる心配もありません。1枚あれば《彼岸の悪鬼 ガトルホッグ》で使い倒せるのが【彼岸】の強味ですからね。



さらに《雪花の光》が頭おかしいのは、墓地から除外して使える手札交換効果。モンスターを戻して1ドローなので、最序盤はインパクトの薄い削り屋《彼岸の悪鬼 バルバリッチャ》等をデッキに埋めて1ドローや、召喚権の重なり的に要らない《魔サイの戦士》を戻して1ドロー。どう転んでも間違いなく便利です。




■【来世】



《雪花の光》の墓地効果は自身を除外する事がコストなので、変にうらら損を食う事もなく最高。しれっと《彼岸の旅人 ダンテ》の3枚落としに《雪花の光》が混じっていれば手札の質を変えられます。



おまけに除外して発動という事は《PSYフレームロード・Ω》で《雪花の光》を再利用できるという事です。


《雪花の光》を使うと他のスペルを使えなくなる都合メインデッキがモンスターまみれなので、サイドデッキもそうするのか。逆に《魔封じの芳香》のような永続カードで完封を狙うのか。


もはや遊戯王おもしろ過ぎて、来世もデュエリストでありたい。



相手ターンに《彼岸の悪鬼 グラバースニッチ》等で《トポロジック・トゥリスバエナ》のリンク先にモンスターを出して、魔法罠ぶっぱを起動するのも最高。特にスケール除外が痛烈。自分はスペルレスデッキなので被害無し。


《トポロジック・トゥリスバエナ》は魔法罠を除外するので、アーティファクトカードを気にしなくていいのが偉大です。



f:id:girudoya:20180115224625j:plain



最後に全く関係ないんですが、レアコレ2に海外新規のオッドアイズ《Odd-Eyes Arc Pendulum Dragon》が収録されるとしたらサーチ魔法《螺旋のストライクバースト》が元気になりそうです。アイツめっちゃオッドアイズ回せて強いですからね。



以上、《雪花の光》でターボする【彼岸】の話でした!


ではまた!