ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ヴァンパイア・サッカー】

f:id:girudoya:20180104110957j:plain


FLAMES OF DESTRUCTION


  • 《ヴァンパイア・サッカー》


流れに沿いアンデット族もリンク2モンスターを獲得する運びに。その性能は‥



《ヴァンパイア・サッカー》
リンクモンスター【LINK-2:左下/右下】
闇属性 アンデット族 攻撃力1600
アンデット族モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。特殊召喚したそのモンスターはアンデット族になる。
②:自分・相手の墓地からアンデット族モンスターが特殊召喚された場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。
③:自分がモンスターをアドバンス召喚する場合、自分フィールドのモンスターの代わりに相手フィールドのアンデット族モンスターをリリースできる。




■《ヴァンパイア・サッカー》を紐解く



アンデット族を並べて呼べるリンク2モンスター《ヴァンパイア・サッカー》。トークン屋の《九尾の狐》《スケープ・ゴースト》がリンク召喚をサポートしてくれます。ちゃっかりプレミアムパックのカードと絡めて来てますね。



f:id:girudoya:20180104111017j:plain



そんな《ヴァンパイア・サッカー》は、死体を操るネクロマンサーのような効果を持ってます。


風変わりな3つの効果。

  1. 相手の墓地のモンスターをアンデット族に変えて、相手の場に蘇生。
  2. アンデット族が蘇生されると1ドロー。
  3. 相手のアンデット族をリリースしてアドバンス召喚できる。



という、アンデット族が誇るオーソドックスなシンクロ系に加えて、召喚をトリガーとする【ヴァンパイア】まで手厚い種族サポートに仕上がってます。




f:id:girudoya:20180104111041j:plain



そして、《ヴァンパイア・サッカー》第二の効果。「アンデット族蘇生に反応して1ドロー」というターン制限という良心こそあるものの《生還の宝札》を思い返すものがあります。


シンプルに《ゾンビキャリア》が実質ノーコストになる事や、蘇生カードの《馬頭鬼》《生者の書-禁断の呪術-》《蒼血鬼》《ゾンビ・マスター》《ファラオの化身》等を《ヴァンパイア・サッカー》のドロー込みでおいしく使えるのは強い。



《ヴァンパイア・サッカー》は相手モンスターをアンデット族として相手場に蘇生できるので、その効果に反応しても1ドローですね。自給自足。そして、相手のアンデット族をリリースして《ヴァンパイア・デューク》や《シャドウ・ヴァンパイア》《ヴァンパイア・ドラゴン》をアドバンス召喚する動きに繋がります。



《ヴァンパイア・デューク》で《ヴァンパイア・サッカー》を蘇生して《サモン・ソーサレス》を呼べちゃうのもナイス。




f:id:girudoya:20180104111134j:plain

f:id:girudoya:20180104111135j:plain




あえて《ヴァンパイア・サッカー》で高打点モンスターを相手場に蘇生して、《ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア》で装備化する動きも面白そうな気配。【《サクリファイス》+《ヴァンパイア・サッカー》】みたいなコントロール奪取デッキが組めたらお洒落。


《ヴァンパイア・サッカー》は攻撃力1600なので《ブラック・ガーデン》で蘇生が効きますね。それはちょっと風呂敷を広げ過ぎな気配ですけども。



ではまた!