ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【サイバース族】

f:id:girudoya:20171215231544j:plain


ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-


サイバース族の層が厚くなってきました。


その中で「場を離れたら〜」という《フレイム・バッファロー》等、「除外されたら〜」という《バランサーロード》等が目に付いたので、召喚に反応して一時的にモンスターを除外できるフィールド魔法《フューチャー・ヴィジョン》に着目。



f:id:girudoya:20171215231528j:plain



《フューチャー・ヴィジョン》は妥協召喚して攻撃力が下がった《セグメンタル・ドラゴン》を元に戻せたりもするので面白いんじゃないかと思案思案。何よりフィールド魔法なので《盆回し》を使えるというセールスポイントね。これ大事。



みたいな方向性で【サイバース族】を構築してみましたが、思ったより《フューチャー・ヴィジョン》の一時除外がもっさりしてて、リンク召喚を決められない。


これはアカンぞと。サイバース族というか【コードトーカー】の枠で組んだ方がより個性が出そうです。《リコーデッド・アライブ》のように1枚でコードトーカーモンスターを呼び付けるパワーカードもありますからね。



f:id:girudoya:20171215231505j:plain

f:id:girudoya:20171215231508j:plain






次に各種コードトーカーに向かう為には「リンク値3」が必要なので、サイバース族の中でこれを賄える展開力とアドバンテージ面を鑑みてギミックを漁っていきます。


シンプルなのは蘇生&トークン精製の《サイバース・ガジェット》。これ1枚でコードトーカー。そして、「ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-」の中で気になったのは《ガベージコレクター》と《レディ・デバッガー》です。



f:id:girudoya:20171215231435j:plain



《レディ・デバッガー》はレベル3以下限定ですが見たまんまエアーマンなので有望株として、《ガベージコレクター》について。サイバース族を手札に戻し、デッキから同レベル別名モンスターを特殊召喚という効果を持ってます。


召喚&墓地誘発の《サイバース・ガジェット》、有望株の《レディ・デバッガー》が共にレベル4という事に加えて、サイバース族における展開力を一手に受け持つ《バランサーロード》まで《ガベージコレクター》のリクルート範囲。


このサイバース族のレベル4ラインで【コードトーカー】を組めたらなぁと画策中です。





《サモン・ソーサレス》について


これからのリンク召喚≠遊戯王は、《サモン・ソーサレス》を中心として世界が回っていくと思います。



f:id:girudoya:20171215231319j:plain



《サモン・ソーサレス》のリクルート効果を能動的に使う為には、自身のリンク召喚を含めてモンスター4体が必要ですが、そこからアドバンテージとなるモンスターをデッキから特殊召喚すればリンク値5以上を稼ぎ出します。有名な選択肢は《幻獣機オライオン》等ですね。



これはサイバース族においても蘇生能力を持つ《スタック・リバイバー》や《ドットスケーパー》を《サモン・ソーサレス》からリクルートする事で同様となり、普通にリンク4モンスターを狙うよりも「《サモン・ソーサレス》+リクルート効果」を狙うとリンク値を稼げるようになります。そりゃ改めて強い訳です。




そう考えると《ダンディライオン》の制限カード指定には意味があって、《ダンディライオン》を絡めて《サモン・ソーサレス》を出すと、当然デッキから2枚目の《ダンディライオン》のリクルートは不可です。


ただ、そうなると「《ドリル・ウォリアー》+《ダンディライオン》」で毎ターン綿毛トークンを生み出し続ける《クイック・シンクロン》を中心としたシンクロデッキ、【クイック・ダンディ】を組みたくなるから不思議です。



f:id:girudoya:20171215231302j:plain



ではまた!