ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ライトロード・ドミニオン キュリオス】

f:id:girudoya:20171121211419j:plain


召喚権


f:id:girudoya:20171121211430j:plain



《N・グラン・モール》に召喚権が使われていたあの頃。墓地へ行ってほしい《黄泉ガエル》なんかを延々戻され、手札で盛大なパーティを催している帝の皆さん。今では召喚権を《トーチ・ゴーレム》に捧げるようになり、時代を感じるばかりです。



そんな《N・グラン・モール》もサーチ可能な岩石族のパワーカード《ブロックドラゴン》。



f:id:girudoya:20171121211443j:plain



リンクモンスター《ジェムナイト・ファントムルーツ》が登場する【ジェムナイト】で使ってるんですが、毎ターン岩石族2〜3枚サーチとお化け性能。融合にもリンク召喚にも自在に使えて、こんな事していいのレベル。


【ジェムナイト】は《ブリリアント・フュージョン》を真面目に使えるのもナイス具合なんです。それこそ《ジェムナイト・ジルコニア》を指定して《ブロックドラゴン》を落としたり。そして‥




■「お爺ちゃんの今後」



そんな【ジェムナイト】で使ってる《マスマティシャン》。仕事は《ブリリアント・フュージョン》の確保です。



f:id:girudoya:20171121211513j:plain



お爺ちゃん→《ダンディライオン》→綿綿

綿綿で《アロマセラフィ-ジャスミン》をリンク召喚して、《マスマティシャン》を《捕食植物オフリス・スコーピオ》に置換して融合確保。


《マスマティシャン》から植物展開。つまり、お爺ちゃん=植物。そう。寝たきり‥ってコラ。縁起でもない事を言うもんじゃありませぬぞ。


ただまぁ、植物族のスターターと言えば《ローンファイア・ブロッサム》ですが、そこに《マスマティシャン》が同クラスのエンジンを積んで始動出来るようになるってのが新たな価値です。




■《ライトロード・ドミニオン キュリオス》



超絶パワーカード《ブロックドラゴン》は自己蘇生できるってのがこれまた最強。そうなると、《おろかな埋葬》を内蔵するリンクモンスター《ライトロード・ドミニオン キュリオス》も期待のニューカマー。


先のルートの延長でリンク召喚できます。



f:id:girudoya:20171121211840j:plain


  • オフリス→コブラ→ブリリアント
  • ブリリアント→レディダイア&ジェム回収→セラフィ
  • ジェムを追加召喚してファントムルーツをリンク召喚
  • 捕食植物2体でインヴォーカー
  • 十二獣を呼んで全乗せ



これで盤面は

  1. 《ジェムナイト・ファントムルーツ》(地属性・岩石族)
  2. 《M.X-セイバー インヴォーカー》(地属性・戦士族)
  3. 《十二獣ワイルドボウ》(地属性・獣戦士族)


となり、同属性で種族の異なるモンスター3体が並ぶので《ライトロード・ドミニオン キュリオス》をリンク召喚する事ができます。《おろかな埋葬》効果がテンションに直結。


十二獣エクシーズを乗せまくるのは《ブロックドラゴン》の除外コストを稼ぐ例のアレです。



つまり、《マスマティシャン》=《ライトロード・ドミニオン キュリオス》。大いなる光の導きにより天に召されるお爺ちゃん。老衰‥ってコラ。縁起でもない事を言うもんじゃありませぬぞ。



勤労感謝の日まであと2日です。