ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【究極変異態・インセクト女王】

f:id:girudoya:20171109190956j:plain



こんにちは。《醒めない悪夢》を《醒めない悪夢》される悪夢に悩まされる者です。




f:id:girudoya:20171109193908j:plain



11月11日「DUELIST PACK -レジェンドデュエリスト編2-」


昆虫デッキ使いのナイスキャラ、インセクター羽蛾のカード達がリメイクされます。あの背格好で、うひょひょ笑いは特徴的過ぎです。


新カードは昆虫族を押し上げるラインナップとなっていて、召喚条件を無視して展開できる効果が目立ちます。「虫だけに無視」ってのをやれるので、全国のちびっ子には全力で取り組んで欲しいなと思ってます。




f:id:girudoya:20171109193810j:plain

f:id:girudoya:20171109193814j:plain


いざ昆虫族を洗い直してみると、エラープリントが懐かしい《人喰い虫》、トラウマを植え付ける《死の4つ星てんとう虫》、デッキ破壊の長《ニードルワーム》、《ゴキポン》《ダニポン》《共鳴虫》《大樹海》とリクルーター居過ぎ問題。


時代は移ろい、便利なフリチェ除去《ライヤー・ワイヤー》の登場、デビルドーザーの片割れ《デビルドーザー》きもちわるい、《忍法 変化の術》でデッキからリクルート半蔵さん、食虫植物《ギガプラント》で蘇生可、時代を駆けるGシリーズ、《孵化》で【甲虫装機】ぐるぐる。【クローラー】わらわら。やらかし太郎の《レベル・スティーラー》も昆虫族。


《ゲール・ドグラ》、《粘糸壊獣クモグス》《怪粉壊獣ガダーラ》も昆虫で、実は層が厚い感。




新カードの話


公開されてるカードは4枚。

それぞれ一言考察を載っけてみます。




■《寄生虫パラノイド》



フリチェの手札誘発で相手モンスターに装備化。昆虫族に対する攻撃やらモンスター効果をシャットアウト!装備が解けると手札から昆虫族を特殊召喚!


《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》を《寄生虫パラノイド》で保護して厄介事が起きる。




■《究極変異態・インセクト女王》



対象不可・効果破壊不可のお化け。お互いのターンにトークンを産み落とすので、先の《寄生虫パラノイド》で保護しながらリンク召喚ハッピープライス。このトークンも昆虫族なので《エクスクローラー・ニューロゴス》のリンク素材として活用可。ニューロゴスは全く強くないです。《リンクリボー》や《ミセス・レディエント》で昆虫回収の構えの方がマシ。


なんとなく《地霊術-「鉄」》で《究極変異態・インセクト女王》を出したらお洒落な気がする。次のカードもサクリファイスエスケープ系カードなので。




■《超進化の繭》



《寄生虫パラノイド》とコンボで相手モンスターを繭にブチ込みながら《究極変異態・インセクト女王》を特殊召喚できるパワー溢れる速攻魔法。1ドローまで付いて現代感が凄い。相手エンドに使って、いきなりトークン産み出すんだから恐怖。


相手モンスターを装備する《地底のアラクネー》や、装備テーマの【甲虫装機】は《超進化の繭》で超進化。超深化。超神化。




■《蝕みの鱗粉》



昆虫族への攻撃誘導&相手モンスターを弱体化させる罠カード。ぶっちゃけ原作再現カードですが、これが3枚あると1アクション毎に攻撃力が600ずつ下がるので馬鹿にならない気もする。どうやって3枚も集めよう。《魔導雑貨商人》かなと思った辺り、虫の毒気にやられてる。


リアルに5ターンかけて《究極完全態・グレート・モス》を出したい日のお供に。僕は今のところ大丈夫ですね。ほんとに。






《寄生虫パラノイド》
星2 地 昆虫族 500/300 レア
このカードの名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このカードを手札から装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。装備モンスターは種族が昆虫族になり、昆虫族モンスターを攻撃できず、昆虫族モンスターを対象として発動した装備モンスターの効果は無効化される。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:装備カード扱いのこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。手札からレベル7以上の昆虫族モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。





《究極変異態・インセクト女王》
星7 地 昆虫族/特殊召喚 2800/2400 スーパーレア
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
①:フィールドに他の昆虫族モンスターが存在する場合、自分フィールドの昆虫族モンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
②:このカードが攻撃したダメージステップ終了時、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。このカードは相手モンスターに続けて攻撃できる。
③:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。自分フィールドに「インセクトモンスタートークン」(昆虫族・地・星1・攻/守100)1体を特殊召喚する。




《超進化の繭》
速攻魔法 レア
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:装備カードを装備した自分・相手フィールドの昆虫族モンスター1体をリリースし、デッキから昆虫族モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の昆虫族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。その後、自分はデッキから1枚ドローする。





《蝕みの鱗粉》
通常罠
①:自分フィールドの昆虫族モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。相手はその自分の装備モンスター以外の昆虫族モンスターを攻撃できない。
②:このカードが装備されている限り、相手がモンスターを召喚・特殊召喚する度、または相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動する度に、相手フィールドの表側表示モンスター全てに鱗粉カウンターを1つずつ置く。相手フィールドのモンスター攻撃力・守備力は、そのモンスターの鱗粉カウンターの数×100ダウンする。