ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【制限改定その3】

f:id:girudoya:20170917170130j:plain


改訂その3


制限解除グループについて。


《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》や《機殻の生贄》解禁は、リンクモンスター収録が予告されてる『LINK VRAINS PACK』の販促ですね。どの程度のカードパワーが与えられるんだろう。《海皇子 ネプトアビス》くらい強力でテーマの動きを円滑にしてくれると盛り上がるんですけどねぇ。

 



f:id:girudoya:20170917170139j:plain


■「レスキューキャット」



猫が3枚になった事で、《緊急救急救命レスキュー》から確定サーチできるようになりました。やったね。獣族テーマの【モジャ】【魔轟神】【おジャマ】【Xセイバー】【猫剣闘獣】なんかは楽しい限り。《ペロペロケルペロス》を《トランスターン》して呼べたり、獣蘇生魔法《エアーズロック・サンライズ》で蘇生できるのも◎


猫からの《魔轟神獣ユニコール》《魔轟神レイジオン》で戦いたい。




 

■「EMペンデュラム・マジシャン」「揺れる眼差し」



【EM魔術師】で魔術師を破壊するトリガーとして大活躍しているペンマジ。3枚に増える事で、サーチャーの《EMドクロバット・ジョーカー》《デュエリスト・アドベント》《EMセカンドンキー》等を他のサーチに充てる余裕が生まれます。小さいけど大きな違い。《時空のペンデュラムグラフ》を構えられたりね。


《揺れる眼差し》はペンデュラムミラーで直撃からのゲームクラッシュが印象深いカード。
ペンデュラムデッキ相手に《エキセントリック・デーモン》と一緒に《揺れる眼差し》をサイドインするプランも懐かしい。《解放のアリアドネ》を巻き込んでしまいあーあとなった記憶。



■「黒き森のウィッチ」



魔法使い族を墓地へ送れる「《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》《ルドラの魔導書》《ワンダー・ワンド》《黒魔族復活の棺》」等と合わせて、《ダーク・アームド・ドラゴン》をサーチしたい。太古の昔はフィニッシャーの《人造人間-サイコ・ショッカー》を持ってきたんですよ。


今なら《影星軌道兵器ハイドランダー》《トーチ・ゴーレム》なんかも選択肢なので是非。




■「彼岸の悪鬼 スカラマリオン」



《トーチ・ゴーレム》をサーチできる《魔犬オクトロス》をサーチできる《魔界発現世行きデスガイド》をサーチできるイケメン。あとは儀式魔人もですね。《儀式の準備》も帰ってきたので、【儀式彼岸】が元気になってます。




■「異次元からの埋葬」



【シンクロアンデ】【ライロアンデ】【墓地BF】を支えた1枚。《インフェルノイド・リリス》《インフェルノイド・ネヘモス》を呼び戻せるので、【インフェルノイド】でも見かけました。相手の除外モンスターを墓地へ送れるので、《PSYフレームロード・Ω》《封印の黄金櫃》に合わせるのが面白い玄米です。《闇の誘惑》《ネクロフェイス》とのシナジーも特筆。




■「炎舞-「天璣」」



数多のデッキで活躍してきたサーチカード。【セイクリッド】【武神】【月光】【妖仙獣】【炎王】【炎星】、そして極悪非道軍団【コアキメイル】。あれは壮絶な時代そのものでした。《セイクリッド・プレアデス》で再利用する動きが好き。


主犯格【十二獣】の会局、ドランシア、ブルホーンと摩滅させた以上、他のテーマに迷惑をかけたままでいいはずがありません。


そう言えば【コアキメイル】は《召喚僧サモンプリースト》が準になったので、《コアキメイル・ウルナイト》をリクルートして祭りです。




■「儀式の準備」



助かるテーマが多くて、かなり嬉しい。

  • 【ヴェンデット】
  • 【儀式彼岸】
  • 【影霊衣】
  • 【サクリファイス】
  • 【神光の宣告者】
  • 【サイバー・エンジェル】
  • 【竜姫神サフィラ】
  • 【イビリチュア・ガストクラーケ】


11月11日 発売「DUELIST PACK -レジェンドデュエリスト編2-」にて、ペガサスの《サクリファイス》が強化される都合もありそうです。この箱のホロレアは何になるんだろう。





■「機殻の生贄」



ここからは環境からフェードアウトしたデッキのカードです。《クリフォート・ツール》から始まって、《クリフォート・ゲノム》もしくは《クリフォート・アーカイブ》に《機殻の生贄》を装備して戦闘耐性を付加。次のターンのアドバンス召喚を見据えつつ、相手が動いてきたら《魂の転身》で2ドロー&盤面除去&クリフォートサーチという動きが綺麗でした。




■「真帝王領域」



【帝】にはエクストラデッキを使う型と無しの型があって、《真帝王領域》の制圧効果を引き出せるか否かは判断材料の1つ。《真帝王領域》は《天帝アイテール》をレベル6にできるので、隣に呼んだ《光帝クライス》と《永遠の淑女 ベアトリーチェ》のエクシーズに貢献と、型を越えて活躍するカードでもあります。





■「竜の渓谷」



《超再生能力》のカウントを1つ稼げます。今はドラゴン族テーマの【ドラグニティ】【巨神竜】【サイバー・ダーク】等を越えて、《亡龍の戦慄-デストルドー》調達からの《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》に使われてますね。【征竜】の巻き添えを喰らいながらも、こんなにも役割を変えて第一線にいるカードも珍しいなと思います。




という訳で、制限改定の雑感をお送りしました。本命の真竜恐竜に悪性となり得るリンカーネイション、WWグリモといった派生カードまで抑えてくれたので、良改定だと思います。


新カードが続々お披露目されてるので、次回はそちらからピックアップする予定。ではまた!