ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【制限改定その2】

f:id:girudoya:20170916160811j:plain


総評 その2


禁止制限が発表されたので、思う所をつらつら。今回は準制限になった緩和勢について。





「貪欲な壺」



f:id:girudoya:20170916160107j:plain


【墓守猫】のキーカード故に規制された1枚。海外では禁止のままです。と、思って調べてみたら《輪廻天狗》と一緒に【天狗植物】で暴れたらしい。


《魔導雑貨商人》から直で手札に加えたり、《ヴォルカニック・バックショット》を再利用して全壊&バーンを決めたい。墓地が肥えやすい【ジャンド】【シャドール】【海皇】【摩轟神】に入れても強かったなぁ。


「《貪欲な壺》+《貪欲な壺》+《創造の代行者 ヴィーナス》」で祭り。






「召喚僧サモンプリースト」



f:id:girudoya:20170916160153j:plain


こちらも【墓守猫】の前科者。【植物猫】でも強かった。つまり、エラッタ前のにゃんこは危険そのものでした。ただ、お爺ちゃんも《聖鳥クレイン》を出して1ドローしてた時代と比べると、【シャドール】と組んで《光天使セプター》でやらかした過去もあるし相当な気がする。



特殊時に頑張る《E・HERO シャドー・ミスト》、《忍者マスター HANZO》等と好相性で、手札コストが魔法なので《D-HERO ダイヤモンドガイ》と一緒に遊びたい。サイドカードの《霊滅術師 カイクウ》等をピンポイントで持ってきたりと小回りが効いて好きなお爺ちゃんです。


ただ、そんなお爺ちゃんも《灰流うらら》のような若い子には骨抜きのようで。







「未来融合-フューチャー・フュージョン」



f:id:girudoya:20170916160208j:plain


《テセウスの魔棲物》を指定して《グローアップ・バルブ》《スポーア》を墓地送れるのは新感覚。


《キメラテック・オーバー・ドラゴン》を指定してデッキの機械族を全て墓地へ送り《ABC-ドラゴン・バスター》。《F・G・D》を指定してドラゴン族5体を墓地へ。《エクリプス・ワイバーン》諸々とコレもう征竜は無理やな。


【インフェルノイド】【巨神竜】【サイバーダーク】【古代の機械】でも面白そう。各属性のヒーロー、シャドール、召喚獣を指定すれば墓地送りとして活用可能です。


《冥界龍 ドラゴネクロ》ならアンデット族2体、《起爆獣ヴァルカノン》で機械族と炎族《超電磁タートル》と《ヴォルカニック・バレット》等、雑にシャドール2体とかでも強いので、ほんと楽しみな《未来融合-フューチャー・フュージョン》です。


以上、準制限編でした。次回は制限解除チーム!おかえりにゃんこ!

ではまた!