ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【エクスコード・トーカー】

f:id:girudoya:20170825124054j:plain


スリーブ


遊戯王VRAINSの新色スリーブに「グリーン・レッド」が登場。鮮やかでいいですね。



f:id:girudoya:20170825124113j:plain



11月に発売となる「LINK VRAINS PACK」。既存テーマへのリンクモンスターによる大型テコ入れがあるので、多様なスリーブがあると更に遊戯王ライフを楽しめるんじゃないかなと思います。


アニメキャラのカラーリングも押さえて欲しいところ。まずは、【オルターガイスト】の「パープル」は間違いがない。『スリーブがあるからテーマを組む』という逆構築思想もあるのがカードゲーマー。


そう言えば、グリーンの公式スリーブって地味に珍しい気がする。新たなコードトーカー《エクスコード・トーカー》に合ってます。



《エクスコード・トーカー》


f:id:girudoya:20170825124812j:plain


《エクスコード・トーカー》
リンクモンスター
リンク3/風属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左/右】
サイバース族モンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した時、EXモンスターゾーンのモンスターの数だけ、使用していないメインモンスターゾーンを指定して発動できる。指定したゾーンはこのモンスターが表側表示で存在する間は使用できない。
(2):このカードのリンク先のモンスターは、攻撃力が500アップし、効果では破壊されない。



《リコーデッド・アライブ》に対応する第3のコードトーカー。《エクスコード・トーカー》の登場です。先日放映されたアニメでフィニッシャーとなったモンスター。



《エクスコード・トーカー》 はメインモンスターゾーンを最大2箇所封じる効果と、リンク先のモンスターに効果破壊耐性と攻撃力500アップを与える2つの効果を持ってます。


アニメはスピードデュエルに準拠していたので、メインモンスターゾーンの内3分の2を封じてモンスター追加やリンク召喚に枷を強いるという演出で際立ってました。そりゃ強いね。これが現実となると制約は5つのモンスターゾーンの内2つ。


効力としては《スケープ・ゴート》が発動できない。《トーチ・ゴーレム》のループを封じる。《アカシック・マジシャン》や《デコード・トーカー》の効果先となるよう相手モンスターの配置を誘導するといった地味に困る能力です。忍6人を要する《忍の六武》も発動不可や。そもそも発動でき‥。



《エクスコード・トーカー》のモンスターゾーン規制はターン制限こそありますが、順に出せばメインモンスターゾーンを封じていくので、時代が時代なら危険。《おジャマ・キング》よろしく全モンスターゾーン封殺の【おジャマ+《エクスコード・トーカー》 】なんて組めそうです。


ちなみに《リコーデッド・アライブ》は両方の効果共に特殊召喚なので、リンク召喚をトリガーとする《エクスコード・トーカー》 のゾーン封殺は発揮せず。


ただ、リンク先のモンスターに破壊耐性&パンプを与える効果を能動的に《リコーデッド・アライブ》から充てがえば防御カード的に使えてお洒落。



そんな所で《エクスコード・トーカー》 の話でした。ではまたー!