ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【青の炎】

f:id:girudoya:20170806095126j:plain


【ラヴァル】

トーチ・ゴーレム×3
ラヴァル・キャノン×3
ラヴァル炎湖畔の淑女×2
ラヴァル炎樹海の妖女
ラヴァル炎火山の侍女×3
灰流うらら×3
増殖するG×3

増援
炎熱伝導場×3
紅蓮の炎壁×3
真炎の爆発×3
ソウル・チャージ
封印の黄金櫃×3
貪欲な壺
ハーピィの羽根帚
スケープ・ゴート×3
精神操作×3

【 エクストラデッキ 】
ラヴァルバル・ドラゴン
ラヴァルバル・ドラグーン
ブラック・ローズ・ドラゴン
リンク・スパイダー
リンクリボー×2
アカシック・マジシャン×2
プロキシー・ドラゴン
ミセス・レディエント
デコード・トーカー
星杯戦士ニンギルス
トポロジック・ボマー・ドラゴン
ファイアウォール・ドラゴン
ヴァレルロード・ドラゴン


リンクリボー発売


f:id:girudoya:20170806095137j:plain



【ラヴァル】から供給されるレベル1モンスター《ラヴァル炎火山の侍女》、《紅蓮の炎壁》のラヴァルトークンを《リンクリボー》に置換してリンク召喚するデッキ。最近ハマってる訳ですが、《真炎の爆発》やら《紅蓮の炎壁》でモンスター5体が並ぶので、リンク召喚的にとても豪快。



他にもリンク召喚に繋がる《トーチ・ゴーレム》《スケープ・ゴート》といったカード群も加えて、思いっきりリンク召喚を満喫する構築にしてます。《リンクリボー》が相手ターンにも自己蘇生できる特性を活かし、「《トポロジック・ボマー・ドラゴン》+《リンクリボー》」で全壊効果を構えられるのがワイルド&キュート。



f:id:girudoya:20170806095142j:plain



レベル1モンスター2体を含むモンスター5体でその構えを作れるので、《真炎の爆発》《紅蓮の炎壁》、「《トーチ・ゴーレム》+《精神操作》」等で叶う流れとなっています。
   


レベル1なら誰でも《リンクリボー》で種族を揃えて《アカシック・マジシャン》になれるのも便利で、《スケープ・ゴート》のひつじトークンと《紅蓮の炎壁》のラヴァルトークンの架け橋となってくれてます。


ちなみに《リンクリボー》は相手モンスターの攻撃に合わせて攻撃力を0にできるので、例えば相手が《オネスト》を構えて攻撃を仕掛けて来ても相打ち or 攻撃断念に持ち込めます。【トリックスター】とのデュエルでのワンシーンでしたが、《オネスト》で押し込まれるのと耐えるのでは残存ライフが違うので命拾い。なんか本家《クリボー》感があっていいなと。







■「エクストラデッキの話」



エクストラデッキを青一色で押し通すのも一興なんですが、【ラヴァル】のチューナー陣を活かしたシンクロ召喚を取り入れてます。



f:id:girudoya:20170806095149j:plain



基本は帰還屋の《ラヴァル・キャノン》からのシンクロ召喚で、《紅蓮の炎壁》や《ラヴァル炎湖畔の淑女》で除外したラヴァルチューナー3種から狙っていきます。


レベル5のバウンサー《ラヴァルバル・ドラゴン》、レベル6のサーチャー《ラヴァルバル・ドラグーン》、レベル7のスイーパー《ブラック・ローズ・ドラゴン》と役割に応じて。


《ラヴァルバル・ドラゴン》は《トーチ・ゴーレム》を戻すコンボだったり、《ラヴァルバル・ドラグーン》は手札の《ラヴァル炎火山の侍女》を《ラヴァル・キャノン》に置換しつつセットカードを割れる《ラヴァル炎湖畔の淑女》を墓地に配置したりと他では間に合わないシンクロモンスター達です。


    
リンクモンスターは強力なリンク4を出せるようトークンを化かす《プロキシー・ドラゴン》等の下位リンク達、《トーチ・ゴーレム》をバウンスする為に《アカシック・マジシャン》は複数入れてます。



f:id:girudoya:20170806095206j:plain



トークンを介して墓地から出てくる《リンクリボー》のお陰で、素材にリンクモンスターや効果モンスターを指定する《星杯戦士ニンギルス》や《ヴァレルロード・ドラゴン》等が出しやすくなりました。エクストラデッキの節約という面でも《リンクリボー》は頑張ってくれてるいい奴です。



ダムドが現れた時代にダークリボーが登場すると信じて疑わなかった記憶を想起。



ではまた!