ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【アシンメタファイズ】

f:id:girudoya:20170627085223j:plain


輪郭


新環境の顔触れが揃ってきました。


際立った活躍を見せているのは

  • 【恐竜星】
  • 【ABC】
  • 【真竜召喚獣】


制限カード的にフルパワーなのは【恐竜星】。いよいよもって本格始動した《源竜星-ボウテンコウ》ですよ。強い事と強い事と強い事が書いてあるので、そりゃうん。サーチ&リクルート&おろ埋、強い。


《竜星の九支》や《輝竜星-ショウフク》がデッキバウンスなので、墓地に貯めたくないABCを処理できる能力。ほんにまぁ。ほんにまぁ。



「《源竜星-ボウテンコウ》+《竜星の九支》」に仕掛けると、まずカウンター。そして、墓地から《光竜星-リフン》、デッキから《地竜星-ヘイカン》が現れて、戦闘耐性を持つ《虹光の宣告者》をシンクロ召喚。さらに防御を確立。


《竜星の九支》も《虹光の宣告者》も、時に《幻創のミセラサウルス》も手札誘発を消せるのが強いなぁと。《竜星の九支》は《神の宣告》さえケアして、動きたい時に動けますからね。


そして、隙を見せようものなら「《究極伝導恐獣》+《HSRチャンバライダー》」による8100ダメージ突然死。


対《源竜星-ボウテンコウ》は、《竜星の九支》を喰わないようチェーンを組まずに《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》を立てて戦闘。リクルート効果と《光竜星-リフン》蘇生を封じながら綺麗に返せます。そうなると【ABC】の特殊召喚できるレベル4《フォトン・スラッシャー》《こけコッコ》が相対的に強くなる。


これもう遊戯王面白いなぁと。





メタファイズ


f:id:girudoya:20170627085000j:plain


除外という次元の彼方から現れ、盤面を荒らし尽くす【メタファイズ】。除外された場合に固有効果が出るデザインなので、構築は「除外する側・除外される側」に隔てる事になってきます。


そして先日、除外する側の永続魔法《アシンメタファイズ》 が公開されました。



f:id:girudoya:20170627085014j:plain


《アシンメタファイズ》
永続魔法
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札から「メタファイズ」カード1枚を除外し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):1ターンに1度、自分の「メタファイズ」カードが除外された場合に発動する。そのターンによって、以下の効果を適用する。
●自分ターン:「メタファイズ」モンスター以外のフィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
●相手ターン:「メタファイズ」モンスター以外のフィールドの全てのモンスターの表示形式を変更する。



手札のメタファイズカードを除外して1ドローに置換。メタファイズ達の固有効果を引き出すエンジンとなり得る永続魔法です。


除外はカードの種類を問わず、同名ターン制限も無いので、ぐるぐるできる系。また、メタファイズカードが除外された場合に2つのモードがあり、自分のターンはメタファイズ以外の攻守500ダウン。相手ターンはメタファイズ以外の表示形式を変更。戦闘ダメージを与えるとメタファイズカードをサーチできる《メタファイズ・ラグナロク》サポートとして機能します。


最上級モンスターが多い【メタファイズ】の大振りな動きを引き出すドロー&戦闘サポート、小回りの効くカード《アシンメタファイズ》 。これは3枚積むカードです。除外トリガーを引ける《天よりの宝札》が注目されてるのも面白いですね。


f:id:girudoya:20170627085113j:plain


ではまた〜



― In to the VRAINS ―