ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【制限改定の話】

f:id:girudoya:20170615013950j:plain


制限改定の話


Vジャンプもとい、遊戯王の版権元である集英社との兼ね合いにより長らく続いてきた紙面での発表。前回の改正ショックが大き過ぎた為、公平性を保てるようVジャンプ系のウェブサイトを立ち上げ、そこで発表という落とし所となりました。


発表された時刻も21過ぎと各ショップも閉まっている時間なので、駆け込み売却のリスクを減らせていいですね。


ネットでの発表となるとギリギリまで環境を見れるのか、それとも紙面との兼ね合いで変わらないのか。これから気になる部分ですが、いざ今回の改訂へ。






一言コメント




■『禁止』


f:id:girudoya:20170615013611j:plain


・《十二獣ブルホーン》

あれだけの規制を受けながら生き長らえてしまった【十二獣】。永続型、真竜型が作られ、出張パーツとしてループ系デッキの下支え、スケール確保、リンクマーカー確保と大同団結。《十二獣ブルホーン》よりも安価な《十二獣ライカ》でええやんと思いましたが、スケール確保で禁止喰らってる《EMモンキーボード》が居るので、禁止でいい気がします。





■『制限』


f:id:girudoya:20170615013630j:plain


・《妖精伝姫-シラユキ》

《隣の芝刈り》デッキの最大値が落ちるので賛成です。遠回しに毎ターン召喚権を封じられてしまうような状況は、しんどい。《妖精伝姫-カグヤ》《ブリリアント・フュージョン》《マスマティシャン》等、アクセスカードは幾らでもあります。そこにテンポやリソースを割いてくれるなら分かりますが、芝刈り楽ちんはアカン。除外テーマ【メタファイズ】が来るので放置読みでしたが手が入りましたね。そして、どうしよう《影星軌道兵器ハイドランダー》の墓地調整。



・《真竜剣皇マスターP》
・《ドラゴニックD》

偏った環境を是正するという改定の意義をまさに。ほんとに。ほんまかいな。任意耐性+《ドラゴニックD》で戦闘耐性まで付くのが強過ぎる。穴が無いドーナツは本場アメリカでもカロリー高くて嫌煙されるんやで。






■『準制限』


今回多いねん。考察する身にもなってくれ。


f:id:girudoya:20170615013652j:plain


・《EMペンデュラム・マジシャン》
・《揺れる眼差し》

【魔術師】を割れるペンマジ最高。《アストログラフ・マジシャン》も合わせたいところ。ペンデュラミラーの《揺れる眼差し》って、直撃から逆転までド派手鮮やかなので面白い。



・《黒き森のウィッチ》

《星刻の魔術師》でサーチしてリンク召喚に使おう。ルールブックを2冊買おう。《クリッチー》強化ですやん。



・《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》

追い追い【彼岸】もリンク召喚を組み込んでいけそうな墓地テーマではあるのかな。



・《異次元からの埋葬》

これが規制されたのは【ライロアンデ】の頃なので、刑期終了。【墓守猫】が《封印の黄金櫃》に入れた《召喚僧サモンプリースト》を戻す【墓地BF】が好きでした。



・《レスキューキャット》

いやいや。2枚だと《緊急救急救命レスキュー》でサーチ出来ないんだけども。そりゃ増えれば【Xセイバー】なんかは歓喜ですが、新カードと絡めて欲しい。



・《命削りの宝札》

真竜に加えて、いつの世も【チェーンバーン】のようなアンフェアデッキで使われてしまうので、いい規制だと思います。



・《ブラック・ホール》

《妨げられた壊獣の眠り》と合わせて全体除去3枚。【炎王】や【恐竜】のようなメインギミックと破壊がシナジー効果するデッキが使うとキレイです。《ホワイト・ホール》強化やで。



・《儀式の準備》

勝手は違いますが、もう《儀式の下準備》もあるので。シンプルにビルドアップされるのは、【儀式彼岸】【ネクロス】【サイバーエンジェル】【サフィラ】辺り。《儀式魔人リリーサー》って壊獣解決できない厄介事です。



・《神の通告》

天使ストラク出すから《解放のアリアドネ》弱らせておこう的な?



・《ユニオン格納庫》
・《竜の渓谷》

エクストラゾーン制定で、エクシーズ+バスターできない【ABC】は多難。【ドラグニティ】は、WWと合わせてダブル《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》しとこ。



・《テラ・フォーミング》

《灰流うらら》受けとして気軽に使ってたのに準制限に。ブラフとしても伏せやすいのに。とりあえず《チキンレース》で引いてみる動きも贅沢に感じる不思議。






■『無制限』


f:id:girudoya:20170615013702j:plain


・《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》

3枚になった事で《天地開闢》で確定サーチ可能に。



・《慧眼の魔術師》

なぜ《覇王龍ズァーク》の時に緩和足踏みを。



・《終末の騎士》

英語名が《Armageddon Knight》、アルマゲドン・ナイト。この格好良さ。《終末の騎士》、《ネクロ・ガードナー》落としてエンド。《霊滅術師 カイクウ》が出て来て、無茶苦茶されるのがお約束。



・《DDスワラル・スライム》

何故に《DDD超死偉王ホワイテスト・ヘル・アーマゲドン》発売の時に《DDラミア》緩和だけなのか。叩かれない為に石橋を叩く。



・《洗脳-ブレインコントロール》

牙を抜かれた洗脳。《邪帝ガイウス》《光と闇の竜》辺りを出すのが最高でした。《モンスターゲート》も撃てる。



・《爆竜剣士イグニスターP》

横向いてる時に《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》でド突くと勝ちです。



・《ゴヨウ・ガーディアン》
・《氷結界の龍 ブリューナク》

ゴーズケアで《ゴヨウ・ガーディアン》含めて戦闘へ、もし出てきても奪取から戦況を有利に運ぶ。また、《スターダスト・ドラゴン》ガバ伏せの場に《ハリケーン》からの《ゴヨウ・ガーディアン》で完全逆転。


《氷結界の龍 ブリューナク》着地時に優先権で相手の伏せをバウンス、奈落を受けながらも墓地闇3からダムド投下。



テキストが刷新されても、あの日のデュエルが変わる訳じゃない。伝説は語り継がれるから伝説なのだとしたら、その一端を担っていきたい。


今期も目一杯デュエルしていきましょー!


制限改定の話でした。ではまた次回!





― In to the VRAINS ―