読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【トポロジック・バージェ・カエル・ぴょんぴょん】

f:id:girudoya:20170511090240j:plain


破壊神壊破


f:id:girudoya:20170511085906j:plain


■【トポロジック・バージェ・カエル・ぴょんぴょん】

スケープ・ゴースト×3
鬼ガエル×3
魔知ガエル×3
粋カエル×2
海亀壊獣ガメシエル×3
BF-朧影のゴウフウ

スケープ・ゴート×3
貪欲な壺

神の宣告
神の警告
王宮の勅命
幻影騎士団ロスト・ヴァンブレイズ×2
バージェストマ・オレノイデス×2
バージェストマ・カナディア×3
バージェストマ・ディノミスクス×3
砂塵の大嵐×2
砂塵のバリア -ダスト・フォース-×2
くず鉄のかかし
くず鉄の像
迷い風×2

【 エクストラデッキ 】
幻影騎士団カースド・ジャベリン
バージェストマ・オパビニア
餅カエル
フォーミュラ・シンクロン×2
リンク・スパイダー×3
ミセス・レディエント×3
プロキシー・ドラゴン×2
トポロジック・ボマー・ドラゴン×2




▼「元来」



f:id:girudoya:20170511090328j:plain


人が持つ破壊衝動。それを具現化した《トポロジック・ボマー・ドラゴン》。リンク先にモンスターを感知次第、メインモンスターゾーン全てを吹き飛ばすクラスター爆弾のような性能を備えています。


能動的に《トポロジック・ボマー・ドラゴン》のリンク先にモンスターを出せば起爆トリガーを押せるので、相手ターンに展開できる「バージェストマ」をピックアップ。国際条約もなんのその。無差別大量破壊兵器、《トポロジック・ボマー・ドラゴン》。





▼「リンク召喚」



リンク4の《トポロジック・ボマー・ドラゴン》。そのリンク条件は"効果モンスター2体以上"です。【カエルバジェ】のギミックだけで4体はしんどいので、《スケープ・ゴースト》《スケープ・ゴート》、トークン界における巨匠の御力添えを賜る事に。


f:id:girudoya:20170511090536j:plain


トークンは通常モンスター扱いですが、効果モンスターの《プロキシー・ドラゴン》《リンク・スパイダー》へのリンク召喚というフィルターを通す事で、《トポロジック・ボマー・ドラゴン》のリンク条件となる"効果モンスター2体以上"に合致するようになります。




●《スケープ・ゴースト》の場合。


・リバース効果でトークン4体を精製

・《リンク・スパイダー》をリンク召喚

・真下にリンクマーカーが出てるので、トークン2体で《プロキシー・ドラゴン》をリンク召喚

・左右にリンクマーカーが出たので《スケープ・ゴースト》+トークンで、《フォーミュラ・シンクロン》をシンクロ召喚。1ドロー。

・《リンク・スパイダー》+《プロキシー・ドラゴン》+《フォーミュラ・シンクロン》=《トポロジック・ボマー・ドラゴン》




●《スケープ・ゴート》の場合。


・《ミセス・レディエント》2体=《トポロジック・ボマー・ドラゴン》


といったパターンでトークンカードからリンク4に手を伸ばします。基盤は【カエルバジェ】なので、《餅カエル》《バージェストマ・オパビニア》によるコントロール。撃ち漏らし、突破されたら《トポロジック・ボマー・ドラゴン》、ちゅどーん、ぼがーん、ずがーんで戦います。


f:id:girudoya:20170511090240j:plain




▼「脚周り」



ボディが決まったので、サブパーツ集め。バージェストマ復活の為に罠濃い目にしたいので、《砂塵の大嵐》のようなシンプル強い罠は歓迎。相手がエクストラデッキを使ってきたら再度使えるようになる《迷い風》は、バジェ復活のチャンスを増やしてくれます。


f:id:girudoya:20170511090954j:plain


《迷い風》と形式は異なりますが、再セットカードからくず鉄シリーズが面白いなという枠で、表スペルを割れる《くず鉄の像》、攻撃を防げる《くず鉄のかかし》を仕込んでみてます。


攻撃反応からは《砂塵のバリア -ダスト・フォース-》。固定したモンスター諸々《トポロジック・ボマー・ドラゴン》で吹っ飛ばせるので、好相性。殴る手間要らず。


罠モンスターカード《幻影騎士団ロスト・ヴァンブレイズ》はレベル変更&弱体化で戦線を支えつつ、《幻影騎士団カースド・ジャベリン》のエクシーズ素材として活用。フリーチェーンで使える効果無効&攻撃力0という能力で、コントロール要素が更に濃くなってきます。


f:id:girudoya:20170511091001j:plain




▼「脚周り2」



魔法カードはリンク召喚の種となる《スケープ・ゴート》、トークンを効果モンスターにする際に《リンク・スパイダー》を酷使するので《貪欲な壺》をスタメン採用。《スケープ・ゴート》は複数引いても《トポロジック・ボマー・ドラゴン》のリンク素材→起爆トリガーとして使えて好感触です。


バージェストマカードは3種類。《サイクロン》の《バージェストマ・オレノイデス》、《月の書》の《バージェストマ・カナディア》、万能除外の《バージェストマ・ディノミスクス》といった扱いやすいカードを散らして、サーチャーの《バージェストマ・オパビニア》から適時集めて戦線を強固に。


f:id:girudoya:20170511091531j:plain


モンスター枠はカエル一式、リンク召喚用の《スケープ・ゴースト》《BF-朧影のゴウフウ》、脅威排除の《海亀壊獣ガメシエル》。


《海亀壊獣ガメシエル》が水属性なので《鬼ガエル》の手札コストに使えるのと、《トポロジック・ボマー・ドラゴン》が成立している時の壊獣はリンク先に出す事で起爆トリガーとしても使えるので痛快。


壊獣は《星杯竜イムドゥーク》のリンク先となる目の前に出して効果破壊に追い込む事も出来るので、位置の重要性を再認識するばかりです。




▼「締め」



はい。と言う訳で、【トポロジック・バージェ・カエル・ぴょんぴょん】の話でした。《ミセス・レディエント》で《No.45 滅亡の予言者 クランブル・ロゴス》が強くなるので褒めてあげて下さい。


f:id:girudoya:20170511091459j:plain


最初は《サイバース・ガジェット》でカエルを釣り上げるプランで、《鬼ガエル》のバウンス→《サイバース・ガジェット》を再利用するハッピーデッキだったんだけど変だな。


それではまた!