ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【影星軌道兵器ハイドランダー】

f:id:girudoya:20170501222855j:plain


ハイランダー


同名カードは1枚までという構築方式「ハイランダー


"デッキに複数入らんだー"と覚えておくと東大入試もチョロいですね。


そんなハイランダーを効果に落とし込んだ意欲作《影星軌道兵器ハイドランダー》


f:id:girudoya:20170502052815j:plain


その能力は

『このカードは通常召喚できない。自分の墓地にモンスターが5体以上存在し、それらのモンスターのカード名が全て異なる場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送って発動できる。自分の墓地のモンスターのカード名が全て異なる場合、フィールドのカードを1枚選んで破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。』


という、対象を取らないフリーチェーン破壊効果。コストどころか墓地を肥やせる優秀さ。そのボディも「闇属性/機械/攻3000/守1500」とやたら強い。《Emトラピーズ・マジシャン》と並べてワンキルです。


ただ、《影星軌道兵器ハイドランダー》の運用には墓地に同名モンスター不可の縛りがあるので、それを《妖精伝姫-シラユキ》でブッ飛ばすアプローチが各所で研究されてます。


《影星軌道兵器ハイドランダー》を出す為には墓地にモンスター5種が必要なので、墓地肥やしの延長で墓地調整ができる彼女に白羽の矢が立ってる格好です。




▼「兵器回収」



「墓地肥やし→シラユキで調整→《影星軌道兵器ハイドランダー》」と動きたいので、墓地から《影星軌道兵器ハイドランダー》を回収できると一貫性が生まれてスムーズ。


f:id:girudoya:20170502052747j:plain


《死者転生》的な枠ですが、機械族をサルベージできるシンクロモンスター《超重剣聖ムサ-C》が健在。汎用5シンクロなので、《グローアップ・バルブ》を仕込んでおくと、これまた墓地肥やしから《超重剣聖ムサ-C》→《影星軌道兵器ハイドランダー》回収を狙えてハッピーです。



レベル5・機械族の《超重剣聖ムサ-C》は《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》のエクシーズ素材に使える逸材であり、これらが叶うと「《影星軌道兵器ハイドランダー》、《妖精伝姫-シラユキ》、《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》」という相手ターンに暴れ散らす屈強な陣形となります。


f:id:girudoya:20170502053613j:plain


という訳で、こんな感じで組んでます!





■【ハイドランダーシラユキ】


f:id:girudoya:20170501222850j:plain

f:id:girudoya:20170501222855j:plain


【ハイドランダーシラユキ】

影星軌道兵器ハイドランダー×3
銀河戦士×3
妖精伝姫-カグヤ×3
妖精伝姫-シラユキ×2
魔装戦士 ドラゴディウス×3
Emトリック・クラウン×3
ライトロード・ドルイド オルクス
ライトロード・アサシン ライデン
ライトロード・マジシャン ライラ
グローアップ・バルブ
ジェット・シンクロン

ワン・フォー・ワン
光の援軍×3
おろかな埋葬
ソウル・チャージ
死者蘇生
貪欲な壺
召魔装着×3
テラ・フォーミング×3
ソーラー・エクスチェンジ×3
ハーピィの羽根帚

【 エクストラデッキ 】
武神帝-ツクヨミ
Emトラピーズ・マジシャン
ライトロード・セイント ミネルバ
十二獣タイグリス
十二獣ハマーコング
十二獣ブルホーン
十二獣ライカ
十二獣ワイルドボウ
サイバー・ドラゴン・ノヴァ×2
サイバー・ドラゴン・インフィニティ×2
超重剣聖ムサ-C×2
PSYフレームロード・Ω



▼「シラユキ確保術」



f:id:girudoya:20170502053216j:plain


ハイランダー方式の《影星軌道兵器ハイドランダー》を機能させる為には、構築段階から同名モンスターを入れないか、墓地調整カードが必要です。それを《妖精伝姫-シラユキ》に任せるので、いかに彼女にアクセスするか。


墓地肥やし、《ブリリアント・フュージョン》、《同胞の絆》、芝を刈る‥等々ありますが、今回は妖精伝姫サーチャーの《妖精伝姫-カグヤ》に一任。シラユキを持ってきて、それを《召魔装着》のコストに充て《魔装戦士 ドラゴディウス》→《武神帝-ツクヨミ》2ドローというエンジンを軸としています。


レベル4を主体とする事で、レベル1の自己蘇生チューナー《ジェット・シンクロン》《グローアップ・バルブ》と合わせて《超重剣聖ムサ-C》→《影星軌道兵器ハイドランダー》回収を狙えるのもポイントです。



《超重剣聖ムサ-C》とのエクシーズに選んだのは《銀河戦士》で、《超重剣聖ムサ-C》から回収して特殊召喚できるレベル5・機械族というノヴァ要員。


f:id:girudoya:20170502053532j:plain


《銀河戦士》は手札から光属性を捨てられるので、《Emトリック・クラウン》《妖精伝姫-シラユキ》を墓地に送る役目も果たせます。《銀河戦士》の効果は同名カードを集めるので、そこは上手い事《妖精伝姫-シラユキ》で墓地調整して《影星軌道兵器ハイドランダー》に繋げます。




▼「墓地調整カードの選択肢」



例えば、「《転生の予言》《異次元への隙間》《魂の解放》」等がありますが、相手に使おうとすればその効力は相手依存。


「《ソウル・チャージ》《貪欲な壺》《死者蘇生》」といった墓地を通してリソースを得られるカード群の方が好ましいと感じました。そりゃそうですね。《ソウル・チャージ》→《影星軌道兵器ハイドランダー》は勝利の方程式。


f:id:girudoya:20170502053757j:plain


そう考えると墓地屋の《ダイガスタ・エメラル》はあった方が無難です。《妖精伝姫-シラユキ》に辿り着けないパターンでも必要。何を抜こう。




▼「エクストラデッキの話」



《妖精伝姫-シラユキ》の為にモンスター数を稼げる乗っける系エクシーズは重宝します。「《セイクリッド・ヒアデス》→《セイクリッド・オメガ》→《セイクリッド・トレミスM7》→《迅雷の騎士ガイアドラグーン》」みたいな枠ですが、今回はレベル4主体なので、ホープ系や十二獣が適任。


f:id:girudoya:20170502054805j:plain


《十二獣ブルホーン》から《ライトロード・ドルイド オルクス》をサーチして《ソーラー・エクスチェンジ》を撃てる線があるので、墓地を肥やしを優先。手札は《召魔装着》、《銀河戦士》でも切れるので上手い事やってくれます。雑に十二獣5種乗せで《影星軌道兵器ハイドランダー》出ます。


墓地肥やしという意味では、《武神帝-ツクヨミ》《ライトロード・セイント ミネルバ》も同様。


シンクロは最小限で《超重剣聖ムサ-C》。派生の《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》、《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》のセット。《ライトロード・アサシン ライデン》が絡んだ際に除外や墓地を調整できる《PSYフレームロード・Ω》を用意してます。


f:id:girudoya:20170502054237j:plain


締めは《影星軌道兵器ハイドランダー》と並べてワンキルの《Emトラピーズ・マジシャン》。《Emトリック・クラウン》や《妖精伝姫-シラユキ》、《妖精伝姫-カグヤ》を素材に呼べるフィニッシャーです。






以上、【ハイドランダーシラユキ】についてお送りしました。墓地を肥やしてズガンなので、まだまだ構築の幅がありそうです。


地味に《妖精伝姫-カグヤ》がフリーチェーンバウンスを持ってるので、「《影星軌道兵器ハイドランダー》、《妖精伝姫-シラユキ》、《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》」に追加する形で使ってやって下さい。


魔法使いサーチャーの《魔装戦士 ドラゴディウス》は妖精伝姫やライラを確保する縁の下モンスター。ソラエク、ソラエク!




▼「次回構想」



【トリックスター】の話。


ではまた!