ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【Kozmo】

f:id:girudoya:20170320080948j:plain



▼「目次」



■ 新制限:【Kozmo】の話

・デッキレシピ
・考察


心機一転!一発目のデュエル!

ダークシミターと怒炎壊獣ドゴランで相討ちに持ち込む【Kozmo】の巻。



デッキレシピ


f:id:girudoya:20170320082124j:plain
f:id:girudoya:20170320082325j:plain



f:id:girudoya:20170320075759j:plain



■【Kozmo】

怒炎壊獣ドゴラン×3
Kozmo-ダークシミター×3
Kozmo-スリップライダー×3
Kozmo-ダーク・エルファイバー
Kozmo-ドロッセル
Kozmo-シーミウズ
Kozmo-フォルミート×2
Kozmo-フェルブラン×3
灰流うらら×3
幽鬼うさぎ×3

緊急テレポート
Kozmo-エメラルドポリス×3
テラ・フォーミング×3
ハーピィの羽根帚
コズミック・サイクロン×3

リビングデッドの呼び声×3
Kozmo-エナジーアーツ×3

【 エクストラデッキ 】
神騎セイントレア
聖光の宣告者
幻影騎士団ブレイクソード
虚空海竜リヴァイエール
アーティファクト-デュランダル
サイバー・ドラゴン・ノヴァ
サイバー・ドラゴン・インフィニティ
シャーク・フォートレス
セイクリッド・プレアデス
始祖の守護者ティラス
No.19 フリーザードン
FA-クリスタル・ゼロ・ランサー
No.61 ヴォルカザウルス
迅雷の騎士ガイアドラグーン
クリムゾン・ブレーダー



▼「注目株」



エクストラデッキに依存せず、ふんわり期待されてる感のある【Kozmo】から入ってみました。


f:id:girudoya:20170320081516j:plain


本命の【真竜】やら【恐竜】は前期から回してたので、十二獣用に割いてた増Gのような枠をドラゴニックDを割るカードと入れ替えればいいかなーという心持ち。いずれにせよ起点となる「ドラゴニックD」を中心に世界が回るんじゃないかなと。



その点、【Kozmo】はメインからドラゴニックDを割れるスリップライダーに加えて、破壊したくない真竜の永続を除外できるトラップカード「エナジーアーツ」を擁してます。エナジーアーツは相手のフィールド・墓地のカード1枚を選んで除外するので、墓地にあるミセラサウスまで面倒見てくれる代物。


f:id:girudoya:20170320081016j:plain


何よりの肝はダークシミターが攻撃力3000・対象に取られないので、真竜剣皇マスターPの破壊効果と攻撃力2950を越えられる点ですね。ドラゴニックDがあると戦闘サポートにより倒せなくなるので、やはりドラゴニックDを割るカードは潤沢に用意したいところです。テラフォも含めるので6枚以上は用意しないと追っつかない。




▼「ドラゴニックD」



まずは、真竜の永続を墓地に送らない為にもコズミックサイクロン。こちらのターンに真竜皇の復活→真竜を蘇生→マスターPをアドバンス召喚を構えられると2妨害になって厄介極まりないので、復活をコズミックできれば展開を許さず、こちらに被害も出ずスマート。


f:id:girudoya:20170320081525j:plain


命削り型の真竜はブン回ると、上級真竜複数体+継承3ドローやら手が付けられないので、命削りや強貪に撃てる灰流うらら、命削りの全伏せを飛ばせるハーピィの羽根帚の枠を設けてます。


恐竜型になるとレベル9真竜×たまごの展開に増Gが直撃しますが、命削り型は復活しか特殊召喚しないので、ドラゴニックDに当てられる幽鬼うさぎを優先。


うさぎは守備力が1800あるので、オヴィラプターやミセラサウルスに倒されず、緊急テレポートを防御として使える場面もありました。地味にKozmo-フォルミートも守備力1800あって倒されないので横で配置。


f:id:girudoya:20170320081733j:plain




▼「クリムゾンブレーダー」



ダークシミターでの妨害等により半端に残った恐竜。クリムゾン・ブレーダーで叩くと返しの真竜展開、トリシューラ、究極伝導恐獣、壊獣が無くなるので安心。クリブレはレベル5のKozmoとうらら、うさぎでシンクロ。トリシューラを出されるとエメラルドポリス・手札を持っていかれて絶望するので、かなり大事なところです。


f:id:girudoya:20170320081056j:plain


ダークシミターのリクルート効果に対する灰流うららが相当危険で、これまでダークシミターを自壊させて回していた箇所に直撃します。増Gならまだリクルートはできますが、うららちゃんは本当だめ。


そこを含めて使ってるのが怒炎壊獣ドゴラン。攻撃力3000のダークシミターと相討ちが出来ます。ダメステには灰流うららが飛んでこないので、モンスター効果をカウンターできるダーク・エルファイバーを特殊。そこから手札誘発を消せる体制へ。


f:id:girudoya:20170320081726j:plain


怒炎壊獣ドゴランとシミター相討ち→ドロッセル→攻撃を通す→Kozmoサーチと綺麗に動ける点も便利。リソース確保ならエメラルドポリス、妨害ならエナジーアーツなり上級Kozmoを持ってきます。




▼「エクストラデッキ」



たまに出番のあるエクストラデッキ。エクシーズ連打を目的とする炎王の孤島型を踏まえると新ルールの影響がない訳ではありませんが、ノーマルタイプであれば全く意に介しません。


ランク5はクリスタルゼロランサー、始祖の守護者ティラス等、破壊耐性のあるモンスターが多いので、真竜相手に出せるシーンがありました。レベル9真竜の手札からの特殊をAFデュランダルの手札入れ換えが睨みを効かせる感じが懐かしい。


f:id:girudoya:20170320081901j:plain


【Kozmo】はダークシミターで前を、スリップライダーで後ろを壊しつつ、対象耐性・各種無効モンスターで蓋をする器用なデッキ。エメラルドポリスやサイキック族の下級モンスターはアドバンテージを供給してくれます。これらを全てメインデッキで賄える事が利点になる日が来ようとは。対恐竜はドルカに下級を潰されるので、相性としては致命的。それではまた!