読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【改訂考察】

f:id:girudoya:20170318131530j:plain
f:id:girudoya:20170318131533j:plain



▼「目次」



歓喜のお葬式

・禁止
・制限
・準制限

これまでとこれから





英断


バイオハザード的に環境を牽引してきた【十二獣】にワクチンが投与され、採用率の高かった次元障壁や増殖するGはスルーという結果に。


各カードにコメントを寄せてみる回。






▼「2017年4月1日からのリミットレギュレーション」



【禁止】
「十二獣ドランシア」
「十二獣の会局」
「The tyrant NEPTUNE」


f:id:girudoya:20170318130004j:plain



■「十二獣ドランシア」

やあ!みんな!

"1:1交換"って覚えてる?

伏せカードをサイクロンすると1:1交換になるよ!


ここで問題♪

モルモラットから始まり、なんやかんやあってドランシアで相手モンスターを倒したとするね!

これって、どんな交換になるのかな?


答えは犯罪!

刑法で裁かれるよ!

気を付けようね!





■「十二獣の会局」

これはね。偽造パスポートって言うんだ。


どんな国にも入国できて、その先では違法ドラッグでトリップする事が目的とされているよ。


とても中毒性が高く、多くのフレンズ達が陥ってしまっている。依存指数が世界保健機関(WHO)より発表されていたね。

  • 第4位:コカイン
  • 第3位:ヘロイン
  • 第2位:十二獣イン
  • 第1位:覚せい剤(静脈注射)


十二獣をデッキに入れる。つまり、イン。そういう事なんだ。


カードショップのデュエルスペース。明らかに脳に損傷を負ってる人がいるよね?そういう事なんだ。今は社会復帰の為の施設もあるから、思いきって入所をおすすめしてみよう!




■「The tyrant NEPTUNE」

高齢化社会。

アルツハイマー症候群。

企業単位でも発症する事が解ってきたんだ。怖いね!


物忘れしないように雑誌の隅っこにあるクロスワードパズルを積極的にやろう!(実祖母が本当にやってる心がけ。老後に始めたジグソーパズルは達人の域に入っていて、10000ピースのパズル程度なら瞬殺する。遊戯王のデッキ組むのも早いんだろうな‥)



完璧に関係ないけど、若い頃"トラップマスター"と謳われていたお爺さんとデュエルしてみたい。その術中にハマってみたいし、「ふぉっふぉっふぉ、それはどうじゃろう」って言って欲しい。言われたさしかない。


‥待てよ。あと50年も経てば自分がそのトラップマスターになれるんじゃないか?これは練習しておくしかない。ふぉっ‥



制限カード


【制限】
「黒き森のウィッチ」※エラッタ
「十二獣モルモラット」
「BF-朧影のゴウフウ」
「妨げられた壊獣の眠り」


f:id:girudoya:20170318130454j:plain



■「黒き森のウィッチ」※エラッタ

クリッチー持ってる?

融合準備なり融合徴兵、プリズマーからアクセスできて、あとは闇属性魔法使いサポートの黒魔族復活の棺も使いやすくなったかな。まずは、ワンダーワンドを積んだ【お師匠様デッキ】で試してみたいウィッチ姉さん。人造人間サイコショッカーをサーチしてたの懐かしいなぁ。


クリッターのようにサーチターンの効果発動不可をデメリット効果を消すという方向で使ってみるのもいいですねぇ。せっかく出しても墓地に送られちゃう光神機-桜火を維持したり。この例え古参過ぎて危機感を覚える。




■「十二獣モルモラット」

アーケードゲームでワニを叩くやつあるじゃないですか?そのモルモラット版を作るんですよ。モルモラットが飛び出てきて、叩けないと順に十二獣展開、ドランシア・エメラル・ハマーコングまで行かれたら負けです。課金アイテムは手札誘発です。デュエルリンクスのミニゲームでやってみたい。




■「BF-朧影のゴウフウ」

リンク召喚とトークンの親和性。可能性の段階から切ってきました。日本での事前規制って、海外で暴れてたツアーガイドが記憶にありますが他にあったかな。


いやでもツアーガイドは前科持ちだったので分かりますが、ゴウフウは何もしてないのに。ちんちんが大きいというだけで捕まった感じがして無念。公然の場でちんちんを大きくしたら、そら問題でしょうが『それでも僕はやってない』。好評レンタル中です。



■「妨げられた壊獣の眠り」

リンク召喚は横に横に並べていくので、全体除去はアウト?

昨年シンゴジラがヒットしてくれたお陰で、だいぶ救われたんじゃないかな【壊獣】


地砕き全盛期には相手モンスターを蹴散らす「はいはい、地砕き」という文言がありましたが、今は壊獣がその位置にいるように感じます。




準制限カード


【準制限】
「妖精伝姫-シラユキ」
「E・HERO エアーマン」
「終末の騎士」
「ゴヨウ・ガーディアン」
「爆竜剣士イグニスターP」
「氷結界の龍 ブリューナク」
「炎舞-「天璣」
「洗脳-ブレインコントロール」


f:id:girudoya:20170318130755j:plain

f:id:girudoya:20170318130759j:plain



■「妖精伝姫-シラユキ」

芝刈り系デッキからの規制。インフェルノイド、不知火、月光での活躍が目立ちました。まぁ規制にしても捕食植物→ブリリアントフュージョン→セラフィ&シラユキで確保できてしまう。確保と言えば、光の援軍からライデンを持ってくるとコスト含めてカード7枚になるのでシラユキちゃんを呼べます。


むしろ芝刈りはええんやね。止められる灰流うららがあるから?あ、売りた‥


真相は闇の中ですが、ここまでは規制チームで、ここからは緩和チームです。




■「E・HERO エアーマン」

1ゲームでサイクロン効果を2回使えるようになって、相手するにはやだなぁと。サーチも2回なので、ヒーローアライブとエマコがあれば、シャドーミストを温存しつつブレードハートとエクスカリバーでワンキルを狙え‥いや、マスタールールが来るからでけへんやんけ。


ちなみにエアーエアーバブルバブルは属性が面白くて、電光千鳥&バハムートシャーク‥いや、マスタールールが来るからでけへんやんけ。


おててを合わせましょう。




■「終末の騎士」

ダムドと開闢を返してきたらトワイライトロード本気かな?と思うんですが、地味~なこちら。


【墓地BF】強化ですよ。大事な事なんで、もう一度言いますね。【墓地BF】強化ですよ。


リンク召喚の素材に暗黒竜 コラプサーペントと輝白竜 ワイバースターを使うと6枚分になって良さそう。ワイコラが重なったらバオバブーンで戻す的な。ちょうど闇属性ですし。



■「氷結界の龍 ブリューナク」

・手札を一気に捨てる
・複数バウンス
・海皇の起動等

ちゃんとした大人になったなと思いますね。



■「ゴヨウ・ガーディアン」

大人になってつまんない奴って、どうなん?ギラギラハートの子守唄。




■「爆竜剣士イグニスターP」

これめっちゃ嬉しい。神影龍ドラッグルーオン出したい。ペンデュラムなら幾らでもリンク素材を確保できそうですからね。




■「炎舞-「天璣」

ナチュラルに打点が100上がるので、ラグナゼロに倒されるようになります。一度、ロストワールドを散らした【恐竜真竜】戦で起こって滅殺された。



■「洗脳-ブレインコントロール」

対象にできるのは通常召喚できるモンスター。つまり、真竜?シンクロに使うだけなら儀式やら融合体も奪える精神操作に軍配。



緩和


【制限解除】
「アーティファクト-モラルタ」
「聖なる魔術師」
「DDラミア」


f:id:girudoya:20170318130735j:plain


■「アーティファクト-モラルタ」

地味にフィールド魔法を割れるので仕事はあるんじゃないのかなと。


今回もテラフォーミングは無規制でしたが、フィールドで戦うデッキは初手率を落とすと戦えないデッキが多すぎる(幻皇龍とかね)、環境的に不味い何かが起こったらユニオン格納庫と同じでいいやに落ち着いてそうです。



■「聖なる魔術師」

爆発おかわりの為に【ラヴァル】に入れた事があるんですが、トリシューラが直撃して以来、顔を見てないですね。20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVEで再販されましたが、見てないですね。【召喚獣】でワンダーワンドしながらメルカバー辺りを試したような気も。うっすら。



■「DDラミア」

アークファイブの販売促進枠。

初動のスワラルスライムを解除しない辺り、環境には出して貰えなそう。3枚になって闇の誘惑で気軽に切れるってのはいいですけどね。





▼「総評」



気付いたら長々お送りしてきました今回の改訂。実質3枚の禁止カードで十二獣を抹消するという最低限の仕事はしてくれたので、良しとしましょう。一応シラユキを2枚にしてるところも可愛いんじゃないでしょうか。


輪廻天狗でリンク召喚を繋げたかったのになぁ。



どんな環境であれ遊戯王は面白いので、これからもワイワイ継続していきます。"我が身を盾に"が至るところで見れたなんて、いつ以来だろう。裁きの龍とゴッドバードアタックを防いでた頃?カラクリ、代行天使なんかでも起用されてました。


汎用カード1枚を取ってみても様々な歴史を重ね、今に至ります。そんなカードを片手に僕らは語らいますが、本当の語り手はカードそのものなのかも知れません。


いい感じにまとまりましたね。それではまた!