ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【改訂予想】

f:id:girudoya:20170312181814j:plain



▼「目次」



・そろそろ制限改訂の時間ですよ





まず、昨年から続くプロモーションの流れを整理しよう。

  • 映画公開(初代遊戯王)
  • デュエルリンクス(初代遊戯王)
  • 新アニメ
  • 新ルール


「映画とデュエルリンクスで注意換気を引いた"初代層"を、新ルールとアニメを契機としてカードゲームに引き込みたい」というマーケティング。


その為に既存ゲームが更地になるような新ルールを発布。「はじめてみようかな、復帰しようかな」という気運を高めている。


改訂的に大きいのはエクストラゾーン制定。ペンデュラムテーマを筆頭に息ができない既存テーマが多い事もあり、ガス抜きとして環境を支配している【十二獣】を絞めるに留まると推量。【真竜】に関しては残念ながら、つい先日「MAXIMUM CRISIS」が再販されたばかりだ。



■ »「現在のリミットレギュレーション」



気になるのはペンデュラム期に入る際、自らのスケールを壊してしまう「大嵐」を禁止として、「ハーピィの羽根帚」を戻してきた点。



f:id:girudoya:20170312181427j:plain



これから始まるリンク期においても、リンク召喚を後押しするパワーカードが解禁されるのではないだろうか?


リンク召喚とはモンスターがモンスターに繋がる召喚方法。つまり、これまで禁忌とされてきた大規模展開カードが軒並み、"是"とされるのではないだろうか?





f:id:girudoya:20170312181435j:plain




代償ガジェで「デコード・トーカー」3体を並べる事など造作もない。真理とはそういう事だ。「ブービートラップE」からの「血の代償」を決めていこう。



また、リンクモンスターの特性にも着目したい。リンクマーカーが相手側に向くことで相手のエクストラデッキが開放され、シーソーゲームを演出できるという観点。


相手側にリンクマーカーを「与える、与えない」という新たなターニングポイントが生まれるのである。相手のリンクモンスターを破壊してしまうのは、こちらに向けられたリンクマーカーが減ってしまうので、"非"とされるのではないだろうか?


・相手のリンクモンスターを倒しちゃう《サンダー・ボルト》弱いよね。

・自分のリンクモンスターを退けられる《ブラックホール》強いよね。


こういった流れが発生しても何ら可笑しくはない。事実、ペンデュラム期には大嵐と羽根帚が入れ換わったのだから。カードパワーだけでは推し測れない互換性がそこにはある。









f:id:girudoya:20170312193145j:plain




私が2017.4 リミットレギュレーションとして掲げる予想はこれだ。


改訂テーマ:『リンク召喚を繋ぐ大展開時代』


■ 禁止カード
《ブラックホール》
《十二獣ドランシア》


■ 制限カード
《次元融合》
《異次元からの帰還》
《血の代償》
《旧神ノーデン》
《イレカエル》
《フィッシュボーグ-ガンナー》
《魔導サイエンティスト》
《メンタルマスター》
《十二獣の会局》
《次元障壁》
《増殖するG》
《裁きの天秤》
《サンダー・ボルト》


■ 準制限カード
《隣の芝刈り》
《破壊輪》
《十二獣モルモラット》


■ 解除
・リストが5行も短くなるエクゾディアパーツ
・ライブラリアンやスティーラーのようなエクストラゾーン制定で打撃を受けるカード
《レスキューキャット》
《深海のディーヴァ》
《魔界発現世行きデスガイド》
《緊急テレポート》
《洗脳-ブレインコントロール》
《死者蘇生》
《インフェルニティガン》
《ソウル・チャージ》
《増援》
《異次元からの埋葬》
《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
《輪廻天狗》


是が非


リンク召喚に必要となるモンスター数を超絶パワーカード釈放でお茶を濁すプランである。展開できそうなカードは全て緩和、次元融合ソルチャで万歳。おっぱっぴー


モルモラットでモンスター数を稼げるが、さすがに現状が支配的過ぎるのでガス抜きは必要。


【十二獣】の利点は、どのモンスターが始点となっても同じような展開ができる「初動の鬼」、これに尽きる。始まりを変えられないということは、終わりを変えるしかない。さらばだ。ドランシア。サラダバーでも食べててくれ。


また、十二獣は出張性能の高さも問題とされる。利点は数え切れないが


・会局で特殊召喚できるのでメインギミックを損なわない。

・会局の破壊効果をプラスとする。

・ブルホーンから融合、シンクロ、ペンデュラム全てに繋がる。


【メタルフォーゼ】のようにモルモラットだけを採用していたテーマもあるので、念の為に会局含めて押さえたいところ。



使用率としては「次元障壁、増殖するG」に手入れがあっても違和感はない。店舗予選が始まり【バーン】の姿を見るようになったが、「裁きの天秤×おジャマトリオ」で5ドロー、6ドローされると「第六感アレルギー症候群」の私としては苦言を呈する他ない。


既に六武の門門門からの六武→キザン連打でミセスレディエント3体爆進なのだから、世紀末に変わりないだろう。



ちなみに「もう手遅れです」とGoogleで検索すると、「前髪が後退している男性の頭皮の画像」が大量に出てきた。無情である。我々にできる事はシャンプーくらいだろう。


頭皮の血行を良くする事で毛髪に繋がる。

環境という血行を良くする事で、デュエリストは繋がる。


抗えデュエリストよ。

抗え頭皮よ。

洗え頭皮を。