読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【リンク召喚 第一号】

f:id:girudoya:20170310071351j:plain



▼「目次」



・(祝) リンク召喚 第一号!
・バーン記事の紹介





こんにちは。リンク召喚を組み込んだデッキ第一号を作っちゃいました!



f:id:girudoya:20170310071515j:plain




デッキレシピ


「レスキューフェレット」のプロキシとしてラビットを使うのも今時分だけ。



f:id:girudoya:20170310070924j:plain

f:id:girudoya:20170310070928j:plain



■【ミセス・レスキュー】

レスキューフェレット
レスキューキャット
森の聖獣 ヴァレリフォーン×2
子狸ぽんぽこ×2
子狸たんたん×2
ゼンマイニャンコ
マイン・モール×2
ペロペロケルペロス×2
工作列車シグナル・レッド×2

魔獣の懐柔×3
トランスターン×3
簡易融合×3
エアーズロック・サンライズ×3
ハーピィの羽根帚
ツインツイスター×3

神の宣告
神の警告
神の通告×3
次元障壁×3
虚無空間

【 エクストラデッキ 】
No.64 古狸三太夫×2
幻影騎士団カースド・ジャベリン
サンダー・ユニコーン
ナチュル・ビースト×2
ナチュル・パルキオン
ライトニング・トライコーン
神樹の守護獣-牙王
フュージョニスト
召喚獣ライディーン
デコード・トーカー
ミセス・レディエント×3




▼「新時代」



必須科目となるリンク召喚&リンクモンスター。このデッキで使うのは地属性モンスター×2で呼び出せる「ミセス・レディエント」です。


獣族を軸とするメリットである

  • 魔獣の懐柔
  • レスキューキャット

f:id:girudoya:20170310101122j:plain



地属性を並べる事で、ミセスレディエントのリンク召喚に繋げる構築です。ミセスレディエントは獣族なので魔獣の懐柔を発動したターンに展開でき、開放したリンク先にナチュルビーストや、古狸三太夫をシンクロ・エクシーズ召喚する事で戦線を繋げていきます。



先日、リンクマーカー先にモンスターを呼べる「レスキューフェレット」が公開されましたが、この子も獣族。「トランスターン」からレスキューフェレット、レスキューキャットを呼び出せる種族シナジーがあります。猫はエアーズロックサンライズで蘇生する再活用プラン。




f:id:girudoya:20170310071848j:plain

f:id:girudoya:20170310071949j:plain




効果を発動したフェレットはデッキに戻りますが、トランスターン先が途切れないというメリットにもなります。フェレットはリンクモンスターがいないとリクルート効果を使えないので、トランスターンの選択肢として1枚挿してあります。 



防御面はナチュルビースト、パルキオンと魔法罠を封じる手立てはあるので、採用罠はモンスターに対抗できる神の通告やナチュビ×虚無空間を揃えてます。



f:id:girudoya:20170310072321j:plain

f:id:girudoya:20170310071803j:plain


f:id:girudoya:20170310071813j:plain



お洒落枠としてはナチュビを戦闘から守りながら場に出る「工作列車シグナルレッド」。地属性なのでミセスレディエントのリンク素材となり、森の聖獣ヴァレリフォーンとシンクロすればナチュビにもなる逸材。地属性であればミセスレディエントが倒された時にサルベージできるので、増殖するGや速攻のかかし等も含めて防御となるメリットになってきます。



獣族から獣族へとリンク召喚を介して展開する【ミセス・レスキュー】の話でした。おはようからおやすみまで、獣族が頑張ります。





環境へのアンチテーゼ


f:id:girudoya:20170310072041j:plain



前回、各地で目撃例が相次いでいる進化を遂げた【バーン】の記事を上げたんですが、以下のショップサイトでも【バーン】についての考察がアップされてます!


■ » 「バーンデッキについて」カードボックス津島店様


内容が多角的、分かりやすい上に情報が濃くて読み得です。編集も手間をかけてくれてるので見やすい。遊戯王の動画を上げてるショップはありますが、テキストでの考察は珍しいので嬉しいですね。ちょっとした時間で理解が深まります。


僕も記事で触れましたが、メタモルポットを無視する為に十二獣ボウテンコウで直接攻撃する辺りなんて完全に同意。【バーン】対【十二獣】をやると訪れる名物シーンなんだなぁと改めて。是非是非。


それではまた!