ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ぶつかり稽古】

f:id:girudoya:20170211043240j:plain


バーン強化の波


今日発売のセカンドウェーブにて、ライフに焦点を当てるアーキタイプが強化されます。注目の2枚。



《ぶつかり合う魂》
速攻魔法 ウルトラパラレルレア
①:自分の攻撃表示モンスターが、そのモンスターより攻撃力が高い相手の攻撃表示モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。その戦闘を行うモンスターの内、攻撃力が低いモンスターのコントローラーは、500LPを払ってそのモンスターの攻撃力をダメージ計算時のみ500アップする事ができる。その後、お互いがLPを払わなくなるまでこの効果を繰り返す。その戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージは0になり、ダメージ計算後にその戦闘でモンスターが破壊されたプレイヤーのフィールドのカードは全て墓地へ送られる。




f:id:girudoya:20170211043256j:plain


《ドン・サウザンドの契約》
永続魔法 スーパーパラレルレア
「ドン・サウザンドの契約」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、お互いのプレイヤーは1000LPを失い、それぞれデッキから1枚ドローする。
②:お互いのプレイヤーは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する間にドローしたカード及び、このカードの①の効果でドローしたカードを公開し続ける。
③:このカードの効果で手札の魔法カードを公開しているプレイヤーは、モンスターを通常召喚できない。


ライフ


相手よりライフが多いというだけでレースに競り勝ち場を壊滅させる《ぶつかり合う魂》、ライフロスという形で1000バーン&1ドロー《ドン・サウザンドの契約》は使われるカード。


これまで以上にライフ管理はシビアとなり、せっかく《神の宣告》で保護した盤面に《ぶつかり合う魂》を放られたらたまったもんじゃない。《ぶつかり合う魂》の"攻撃表示モンスター同士による戦闘"という発動条件を加味して、モンスターを横で配置するといったケアも必要になってきますね。


《ドン・サウザンドの契約》はライフを1000失うというテキストが強くて、【シモッチバーン】であっても採用できる1枚です。《成金ゴブリン》と《ドン・サウザンドの契約》で6枚体制のドロー&バーンが痛快。


《ドン・サウザンドの契約》はダメージを無効化する《ブラックフェザー・ドラゴン》がいてもライフを攻め立てられる逸材。いや、あの外道モンスター《デス・ウォンバット》を超えて引導を渡せる。この素晴らし‥え?わかんない?《DDD反骨王レオニダス》とかなら平気?まぁ出たとこ勝負や!



《ドン・サウザンドの契約》は永続魔法なので複数引くと場を圧迫して【チェーンバーン】を阻害するかな?と思いきや《妖精の風》のダメージ追加になったりと、メリットもデメリットも介在する興味深さ。使ってみたい1枚に仕上がってます。


また、《ドン・サウザンドの契約》にはお互いに対してドローしたカードの公開と、魔法カードを引いて、それが公開されていると通常召喚を縛るという謎の制約が備わってます。つまり、魔法カードの発動及びセットを許さなければ手札に固定され通常召喚を不可とするロックが形成される。



  • 《ドン・サウザンドの契約》
  • 《魔封じの芳香》
  • 《ダーク・シムルグ》


f:id:girudoya:20170211043621j:plain


~ アロマシムルグの契約 ~


爆誕の瞬間である。



自分のこどもがこんなんやってたら引っ張たきますけどね。魔法カードを何らかの手札コストにしても解決です。ではまた!