読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【カード用のソート】

f:id:girudoya:20170114054511j:plain

カードを仕分ける


切っても切り離せない関係にある『カードと整理』。デッキを組む際や、資産管理という面からも必要になってきます。カードゲーマーの命題であり、そんなん改めて書かなくてもね。知ってる、分かってるって。自分への戒めも込めて今回。



そんな整理をする時に便利なのが『仕分け用のソート』です。新弾開封やデッキを組むカード達の一時保管場所として最適。斜めでの配置なのでベタ置きするより手間がかからず、区画によりカードの束が崩れる事も抑えられるという代物です。


ウルトラプロ社からはカード専用ソートも販売されてますが、身近な物ではジュエリーケースなんかでも代用できるのでアンテナを張っておくといいと思います。








環境問題に目を


ただ、そうそう物が欲しいからと容易く買って捨ててを繰り返していたら未来が未来ではなくなってしまう。幾度となく叫ばれ続ける"限りある資源"。世界的カードゲームに発展した遊戯王ならば、デュエリストは地球的に努めるべきであると断言できる。


そう。つまり、『カード用のソートを自作するしかない』という帰結に至るのである。これはワールドワイドな存在として当然の回路であり、とある国家ではオゾン層の破壊を多重スリーブで防ぐという施策も検討されている程だ。


そして今回、カードソートの自作にあたり素材として抜擢されたのは『レゴブロック』である。ブロックとは組み合わせ、つまり構築。そう、デュエリストとの親和性は計り知れない。



その全貌が、今。明らかになる―






あれ?


f:id:girudoya:20170114062703j:plain


幼心を胸にブロックを組み上げてみると、形作られたのは謎の物体A。カードソートのような気配はギリギリ保ってはいるが、ウルトラプロのようなクールさは皆無。配色やサイズ感も無視した上に左右非対称という美容学生の髪型のような仕上がりに。



ちなみに実際にカードを入れてみると、こんな感じ。



f:id:girudoya:20170114062649j:plain



底面がレゴブロックだと凹凸が怖いので、外枠だけ作って下にはプレイマットを敷く感じにしてみました。えー、即時解体します。



新弾開封レポートでお会いしましょう。それではまた。



f:id:girudoya:20170114062640j:plain