読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【板】

f:id:girudoya:20161229095537j:plain


新環境


トーナメントシーンの気になったデッキをピックアップしてみようという事で、参加者128名の頂点に立ったこちらのデッキ!単純に好みやねん!



■ » はっちcs×ドラスタ杯inドラゴンスター日本橋2号店 優勝【インフェルノイド】


f:id:girudoya:20161229095605j:plain


十二獣が起用されたインフェルノイドですが、爆発力と不安定の橋を渡る事になる『芝刈り推理ゲート』が削ぎ落とされ、左腕も構築的な意味でカット。そのデッキ枚数は40枚!


芝刈りの為にデッキを厚くする光景に慣れてきたからか、一周回って新鮮。推理ゲートを切った事で、十二獣に対する裏目のない防御として機能する増殖するGを3枚投入できています。推理ゲートあるとね。出てきちゃうから。お母さん+新聞紙="ワールドブレイカー"



インフェルノイドはテーマ的に墓地を除外しまくれるので、マンティコアループにナチュラルメタを張れてるのも強味かなと。臆せず増殖するG。実はマンティコアって新聞紙持ったお母さんなんじゃないかな。そう思う。ついでに召喚獣のアレイスターループもインフェルノイドによる除外が睨みを効かせます。


左腕の代償に王宮の勅命を喰らうと走馬灯がくっきり見えるので、危なっかしい要素を削ってあるのが頼もしい。インフェルノイドの調達なら「煉獄の狂宴、煉獄の虚夢」が成立するだけでも十分な爆発力ですからね。


f:id:girudoya:20161229101553j:plain


手札を切れる煉獄の消華で十二獣を墓地へ送り、それをタイグリスでリユース。次元障壁→エクシーズに対して煉獄の虚夢やインフェルノイドで対抗できたりと、十二獣とインフェルノイドで相互作用がおいしい事も特筆。


すっかり定番となった十二獣からの武神ヒルコですが、その選択肢である「カグツチ、ツクヨミ、アマテラス」。それぞれ墓地肥やし、手札入れ替え、除外利用とインフェルノイドが欲しい要素をこれでもかと用意してくれます。手札に来ちゃった上級ノイドをツクヨミで回せる多幸感。


武神のヒルコは通常モンスターなので、ダイガスタエメラルで蘇生すれば展開に寄与。煉獄の虚夢のデッキ融合の為に「ネヘモス・リリス」をエメラルで戻せる事はノイドリソースを無駄遣いせずに済みます。地味に嬉しいね。


煉獄の虚夢からティエラの融合が成立した際にサイフレームΩを落としておいて、墓地のモルモラットをデッキに戻すとちょっとおいしかったりと随所に組み込まれたシナジー。煉獄の狂宴も含めて取れる選択肢が多く、難しいデッキです。



芝刈りになると防御面で頼れるのはお願い気味のシラユキですが、このデッキは「聖杯3枚・増G3枚・神の宣告・王宮の勅命」と用意されてます。聖杯はドランシアと組み込まれたヴァイパーまで無力化できるので、そこは月の書より優れている部分。【魔術師】の爆発力はペンデュラム召喚に寄ってるので、神の宣告で1ターン貰えるのは大きい。リソースが有限なインフェルノイドにとってペンデュラムとの長期戦は避けたい限りです。インフェルノイドの神宣とかケアしないしね。



それら汎用的な防御カードに加えて、煉獄の狂宴からのデカトロン(ネヘモス・リリス)、十二獣が攻防に厚みを持たせてくれています。煉獄の狂宴はインフェルノイドを変えたカード。各インフェルノイドへのアクセスを叶えつつ推理ゲートとは違った爆発力を手にします。


f:id:girudoya:20161229101403j:plain


デッキ枚数を40枚に抑える事はコストに煉獄カードを要求する煉獄の狂宴を浮かせない事にも繋がり、あくまで煉獄の狂宴は煉獄の消華のサーチ先の1枚という位置付け。


各インフェルノイドの枚数も煉獄の狂宴の合計レベル8を意識した調整が施され、「ルキフグス1枚、アスタロス2枚、ベルフェゴル1枚、ヴァエル1枚、アドラメレク1枚、デカトロン3枚」、煉獄の虚夢とデカトロンの為にネヘモス・リリスが各2枚。


煉獄の狂宴の選択肢

  • アスタロス+アスタロス=十二獣ブルホーン
  • ベルフェゴル+デカトロン+デカトロン
  • ルキフグス+アスタロス+デカトロン
  • ヴァエル+デカトロン
  • アドラメレク


この解決から制圧、エクシーズにシンクロまでの自由度ね。


芝刈りになるとインフェルノイドの枚数まで膨れ上がるので、この微細な調整に惹かれます。看板として推理ゲートやワンキルが謳われる事のあるインフェルノイドですが、こんな地に足を付けた構築もあるんだなぁと。そう思って今回ピックアップしてみました。なんやかんや武神ヒルコが十二獣を肯定してくれてる感も◎



それではまた〜