読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【真竜:アドバンス召喚】

f:id:girudoya:20161205215343j:plain

真竜


『最上級真竜』の4体は相互に作用する「サーチ・リクルート・蘇生・サルベージ」からランク9に向かう事が分かったので、次はアドバンス召喚で戦う『上級真竜』について。軸が丸っきり違うので別テーマのようです。



■ »【真竜】wiki


『上級真竜』には相手が行動を起こすと反応して真竜カード(モン、魔法、罠)をサーチできる3体が在籍。

  • 《真竜戦士イグニスH》
  • 《真竜導士マジェスティM》
  • 《真竜拳士ダイナマイトK》


f:id:girudoya:20161205215402j:plain


『上級真竜』の特徴は、「モンスターの代わりに永続魔法罠をリリースしてアドバンス召喚できる」という点。例えば、《リビングデッドの呼び声》なら蘇生したモンスターと永続罠をリリースするカードとして選べる訳です。


特に狙うべき動きは、相手ターンにアドバンス召喚を可能とする「《真竜皇の復活》+真竜」のペアリング。永続罠である《真竜皇の復活》をリリースして真竜をアドバンス召喚、《真竜皇の復活》は墓地に送られるとモンスターを破壊できます。それは相手ターンにおける妨害としての役割を持つ事になります。


真竜カードをサーチできるフィールド魔法《ドラゴニックD》を起点として、「《真竜皇の復活》+真竜」を揃え、相手ターンに妨害を兼ねるアドバンス召喚を仕掛けていく感じです。上級真竜は相手の動きに反応して真竜カードをサーチできるので、次のアドバンス召喚に繋がっていきます。



真竜アドバンス召喚の糧となる『永続魔法罠探し』は欠かせない。永続カードの権化である【方界真竜】、【十二獣真竜】、【帝真竜】辺りから入って、選択肢を眺めてみる事に。


■ »『永続魔法罠一覧』


永続カードをリリースして真竜をアドバンス召喚という動き。


例えば、役割を終えた《闇の護封剣》や、墓地で頑張る《光の護封霊剣》をリリースとして活用するといい感じになってくる訳です。《虚無空間》や《手違い》、《魔封じの芳香》を解除しつつアドバンス召喚なんてルートもありますね。


f:id:girudoya:20161205215422j:plain


老後の計画としては、《ウィジャ盤》のメッセージをリリースして真竜をアドバンス召喚する事で世界平和を訴えたい。



【ヴォルカ真竜】

真竜機兵ダースメタトロン
真竜導士マジェスティM×3
真竜拳士ダイナマイトK×3
ヴォルカニック・ロケット×3
ヴォルカニック・バレット×3
ヴォルカニック・バックショット×3
ジェムナイト・ガネット×2
Emトリック・クラウン

ドラゴニックD×3
テラ・フォーミング×3
ブリリアント・フュージョン×3
闇の護封剣×3
ハーピィの羽根帚
帝王の烈旋×3

真竜皇の復活×3
ブレイズ・キャノン・マガジン×3

【 エクストラデッキ 】
ジェムナイト・セラフィ
ジェムナイト・マディラ etc


▼「永続カード」



f:id:girudoya:20161205215512j:plain


上級真竜をアドバンス召喚するリリースに使える永続スペル。墓地に送りたい永続カードを探していると《ブレイズ・キャノン・マガジン》が派手でした。そりゃそう。



そして、飛躍。


f:id:girudoya:20161205215519j:plain


【真竜】のボス的存在モンスター《真竜機兵ダースメタトロン》。奴を活かす手段というか召喚するのに3枚リリースが必要なバカを運用できる永続スペルは?と漁ってみると《ブリリアント・フュージョン》が最高。


《ジェムナイト・セラフィ》から《Emトリック・クラウン》を並べて、《ブリリアント・フュージョン》含む3枚リリースからの《真竜機兵ダースメタトロン》爆誕。魔法とモン効果を受け付けない大ボスの誕生です。ボス含めて真竜カードは《ドラゴニックD》からサーチが効くので、テンションが上がったら仕掛ける感じです。


なかなか永続関係を探すのが面白くて、守備力1500なので《憑依開放》から呼び出せるらしい《WW-グラス・ベル》。《マジック・プランター》で《真竜皇の復活》を墓地に送ると「2ドロー+モン破壊」とおいしかったり。細かなコンボに満ちてます。


f:id:girudoya:20161205215626j:plain


ストラクチャーデッキで吹っ飛ぶらしい【魔術師】もやりたいんですが、終着点となる「ズァーク」待ちです。アニメのネタバレにならないよう秘匿してるのかな?客引き要素もあるし、いい配慮。ただ期せずともハードルは上がり続けるので、そこは難しいところですけども。