読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【小技】

f:id:girudoya:20161127074044j:plain


とある家庭



お母さん「聞きなさい!かずき!お母さんはねぇ!あなたをディメンションボックスを予約しないような子に育てた覚えはありません!」


えなり「そんな事言ったってしょうが無いじゃないか。今からメルカリで買うから小遣い頼むよ。」


お母さん「何言ってるの!いくらなの!?」


えなり「…万」


お母さん「い・く・らなの!?」


えなり「5万」


お母さん「」






レートを遥かに超える金額を要求し、小遣いをせびろうとする青年。デュエリストと親心。





小技:デュエルリンクス


f:id:girudoya:20161127074058j:plain


カードプールが狭い事もあり、見付けやすいカードの組み合わせ。


キャラのレベルが上がると、フィールド魔法を発動した状態でデュエルが始まるスキルを獲得できます。


武藤遊戯なら魔法使い族を強化する《闇》、海馬瀬人ならドラゴン族に対応する《山》といったフィールドです。


f:id:girudoya:20161127074119j:plain



そこに着目して《森のざわめき》。相手モンスターを裏にして戦闘をサポートしつつ、フィールド魔法をバウンス。相手はもちろん、自分のフィールドも戻せるので、《ワンダー・バルーン》等の手札コストに充てる撃ち方ができます。


フィールド魔法を発動した状態でデュエルを開始できるデュエルリンクス特有の感覚です。


ただ、《森のざわめき》や《フォース》といったメイン1に使う戦闘サポートは、戦闘時に手札から切れる《クリボール》が裏目となるので、徐々に敬遠する事に。


f:id:girudoya:20161127074143j:plain


こんな感じで、デュエルリンクスは『戦闘』を巡るやり取りが多いので、そこが面白さの1つかなと感じてます。「バトル‥ある?ない?‥なかったー!よっしゃー!戦闘破壊やー!」的な。


『オネストを割り切って殴ろう協会』の者としては、本当にもう。本当に。それではまた。