読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【トイポット】

f:id:girudoya:20161119081829j:plain


トイポット指標


■ » 前回、新規貰いまくりファーニマルの続きです。


【ファーニマル】が融合を決める為には「ファーニマル+エッジインプ」モンスターが必要です。そのどちらにもアクセスできるのが《トイポット》という事で、構築段階から焦点を集めたいところ。


《トイポット》は墓地に送られる事がサーチのトリガーとなるので、《おろかな副葬》は勿論、《ファーニマル・ベア》と《ファーニマル・ウィング》の黄金パターンがあります。



■ 手札「《ファーニマル・ベア》、《ファーニマル・ウィング》」


f:id:girudoya:20161119081838j:plain


《ファーニマル・ベア》でデッキから《トイポット》をセットして、手札の《ファーニマル・ウィング》を捨てながら《トイポット》を起動。1ドローしてファーニマルなら手札へ、それ以外ならディスカード。


墓地の《ファーニマル・ウィング》を起動、2ドローしながら《トイポット》を墓地へ送り、エッジインプもしくはファーニマルをサーチ。


初動2枚から「2ドロー&トイポットのサーチ」なので、お得です。2ドローを確認してから《トイポット》のサーチが出るのも便利。


途中《トイポット》による1ドローがファーニマルであれば、「3ドロー&サーチ」となり更に大きなアドバンテージが生まれる訳です。デッキトップをファーニマルに固定できる《エッジインプ・シザー》の蘇生効果と組み合わせたいところ。そんな「《ファーニマル・ベア》&《ファーニマル・ウィング》」ギミックです。



融合へのアプローチ


《トイポット》を駆使して融合素材となるファーニマルとエッジインプを揃えるとして、肝心の《融合》について。


どうするのー?と思いきや、ファーニマル側にもエッジインプ側にも融合できるカードが揃ってました。


■ ファーニマル‥《ファーニマル・オウル》

■ エッジインプ‥《魔玩具補綴》、《魔玩具融合》、《デストーイ・ファクトリー》


f:id:girudoya:20161119081850j:plain


デストーイカードは《エッジインプ・チェーン》からサーチ可能、ファーニマルは《ファーニマル・ドッグ》からサーチ可能なので、それぞれの融合枠となるカードを挿しておくと手数に繋がって好感触でした。


融合手段が《融合》のみだと引いた引かないの話になってしまうので、各テーマのサーチカードを活かすという採用です。



まぁめんどくさい人は、《隣の芝刈り》からの《魔玩具融合》で超絶連続攻撃できるよう魔改造された《デストーイ・シザー・ウルフ》で勝ちです。



f:id:girudoya:20161119081856j:plain


お隣さん家の犬、もしかして…

いや、なんでもねぇ。

この事は忘れてくれ。