読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【魔の手】

f:id:girudoya:20161019212151j:plain


バスターモードは添えるだけ


■ 手札「ユニゾンビ、会局」

f:id:girudoya:20161019210812j:plain


会局からブルホーンに向かい、横にモルモラット2体&バスタービーストをサーチ!

ユニゾンビ召喚、デッキから馬頭鬼を落としてスターダスト!

馬頭鬼を起動、ユニゾンビを場に戻して月華竜!

ブルホーンにはドランシアを乗せたいお年頃!


■ 盤面「スターダスト・ドラゴン/バスター、十二獣ドランシア、月華竜ブラックローズ」


f:id:girudoya:20161019210826j:plain




守備力0の「不知火の隠者、十二獣モルモラット」は「カメンレオン」で蘇生できる仕上げです。「キングレムリン」ごそごそ。


f:id:girudoya:20161019210841j:plain




【北斗ケンシロウ】

f:id:girudoya:20161019210904j:plain
f:id:girudoya:20161019210909j:plain


スターダスト・ドラゴン/バスター×2
不知火の隠者×3
ユニゾンビ×3
ゾンビキャリア
馬頭鬼×2
武神-ヒルコ
バスター・ビースト
十二獣モルモラット×3
カメンレオン
カゲトカゲ

ソウル・チャージ
死者蘇生
炎舞-「天璣」×3
十二獣の会局×3
貪欲な壺
ツインツイスター×3
ハーピィの羽根帚

神の宣告
神の摂理×3
スターライト・ロード×3
バスター・モード×2

【 エクストラデッキ 】
キングレムリン
ダイガスタ・エメラル
十二獣タイグリス
十二獣ドランシア
十二獣ブルホーン
十二獣ワイルドボウ
武神姫-アマテラス
武神帝-カグツチ
武神帝-ツクヨミ
竜魔人 クィーンドラグーン
レッド・ワイバーン
月華竜 ブラック・ローズ
PSYフレームロード・Ω
スターダスト・ドラゴン×2




▼「構築談義」



f:id:girudoya:20161019221630j:plain


十二獣ブルホーンからバスタービーストをサーチして添えるデッキです。1枚でスタダに向かえる不知火の隠者が偉大なので、チューナー枠にはアンデを持ってきてます。


モルモラット展開の派生で武神カグツチ→ヒルコから武神姫アマテラスを呼べるので、馬頭鬼をリサイクル可能というシナジーを見せてくれたりもします。サイフレームΩとアマテラスで除外ぐるぐる。



獣戦士族のバスタービーストは、ブルホーンに加えて炎舞からもサーチが効くのでアクセス良好。


f:id:girudoya:20161019210934j:plain


その身をバスターモードに置換する彼ですが、「神の摂理」が出た事で役回りが増えました。罠カウンターと効果カウンターの使い分けです。狩場になれる『ハーピィクィーン×摂理』だったら魔法と効果といった具合。『炎舞×摂理』なら魔法罠効果オールスター。


元来バスターモードのデッキは問題パーツだらけなので、その辺りをコストとして活用してくれる神の摂理は面白いカードが出たなぁと。


ほんとはスターダスト専用罠、ここしかないだろの『シューティングスター』を使いたかったんですが、ドランシアの後ろに構える罠として相応しくなかったので、お流れに。こればっかりは。


f:id:girudoya:20161019211146j:plain



最初「幻想の見習い魔導師+ディアボ」からベアトリーチェ→ゾンビキャリアを経由したスターダストの予定だったので、神の摂理はディアボを筆頭に手札を捨てたくて仕方なかった副産物だったりします。手札使い過ぎ問題により見習い魔導師ギミックではなく不知火の隠者に軍配。


f:id:girudoya:20161019211002j:plain



展開パターンは様々ですが、例えば「不知火の隠者、ソウルチャージ」を含む手札。不知火の隠者→ユニゾンビから馬頭鬼でスターダスト。ソルチャで不知火の隠者とユニゾンビを蘇生、ユニゾンビで手札を捨てレベルを上げ、十二獣ブルホーン。バスタービースト&ドランシア的な事になります。



なんにせよ「十二獣モルモラット&会局」の安定感に比肩するものがないです。キングレムリンに向かえば次ターンにはカメンレオンでモルモラットを蘇生してスターダスト。既に展開済みなら、カゲトカゲを絡めて竜魔人クィーンドラグーン→スターダスト蘇生と枝分かれします。



最後にスターダストを1枚で呼べる「スターライトロード」


f:id:girudoya:20161019211039j:plain


今は全員ツインツイスターしてくるので、ツイツイ→スタロ→バスターモード→にっこり。困ったら自分のビュートなりツイツイをセルフスタロする雰囲気な感じです。


【BF】が猛り狂っていたあの時代。バトルフェイズを終えると見せかけて自分の場に向けてゴッドバードアタックを放ち、それをスタロ。追撃の2500ダメージを刻んで引導を渡すというシャレオツなプレイ。それが今ではツイツイで可能という事に経年を感じます。



そんな今も、いつしか過去に。未来の制限カード。十二獣。今の内に遊び尽くす事にします。