ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【大谷翔平】

f:id:girudoya:20161019143837j:plain



【超戦士 ― 大谷翔平 ―】

f:id:girudoya:20161019143848j:plain
f:id:girudoya:20161019143853j:plain


超戦士カオス・ソルジャー×3
マンジュ・ゴッド×3
武神-ヒルコ
十二獣モルモラット×3
宵闇の騎士
開闢の騎士
魔装戦士 ドラゴディウス×3
フォトン・スラッシャー
Emトリック・クラウン
超電磁タートル
妖精伝姫-シラユキ
シャドール・ドラゴン
BF-精鋭のゼピュロス

増援
おろかな埋葬
召魔装着×3
混沌の場×3
テラ・フォーミング×3
十二獣の会局×3
超戦士の萌芽×3

奈落の落とし穴
狡猾な落とし穴

【 エクストラデッキ 】
インヴェルズ・ローチ
ガガガザムライ
ダイガスタ・エメラル
フレシアの蟲惑魔
励輝士 ヴェルズビュート
十二獣タイグリス
十二獣ドランシア
十二獣ブルホーン
十二獣ワイルドボウ
武神姫-アマテラス
武神帝-カグツチ
武神帝-スサノヲ
武神帝-ツクヨミ
No.39 希望皇ホープ
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング


新規3枚


『レイジングテンペスト』にて【カオスソルジャー】が授かったカードは3枚。


f:id:girudoya:20161019143911j:plain


●「天地開闢」
(3分の2の確率で開闢ゲット!戦士族おろ埋×3)

●「混沌の使者」
(BFのカルート的に攻撃力1500アップ!自己サルベージも可能)

●「超戦士の萌芽」
(墓地からもカオスソルジャーを出せる儀式魔法で、光闇モンスターをデッキと手札から墓地へ送れる)



この中で気になったのは「超戦士の萌芽」


f:id:girudoya:20161019143923j:plain


デッキ内の光闇モンスターにアクセスできるので「儀式魔人リリーサー」と使おうと思ってましたが、「超戦士の萌芽」のメリットである『墓地からカオスソルジャーを儀式召喚できる』という部分を活かしきれませんでした。


如何にして「カオスソルジャー」を墓地に送り、「超戦士の萌芽」で儀式召喚するかというポイントに焦点を集める事に。



まずは、順当に「トレードイン」辺りが浮かびましたが、「カオスソルジャー」をサーチできるフィールド魔法「混沌の場」


f:id:girudoya:20161019143952j:plain


「テラフォーミング」の選択肢には手札を切れる「召魔装着」があり、そこから呼び出す「魔装戦士 ドラゴディウス」と「マンジュ・ゴッド」が光属性なので「武神帝-ツクヨミ」のエクシーズ召喚を叶えてくれます。こちらも手札の「カオスソルジャー」を墓地に配してくれる選択肢。


・超戦士の萌芽
・カオスソルジャー
・召魔装着&混沌の場
・武神帝-ツクヨミ


という大枠です。「召魔装着」のステータス強化により「ガガガザムライ」攻撃力2200、「妖精伝姫-シラユキ」攻撃力2150という底上げも魅力。



そして、「超戦士の萌芽」のもう1つのメリットである「光属性と闇属性モンスターを手札とデッキから墓地に送る」というポイントに移行します。


f:id:girudoya:20161019144004j:plain


レベルが8になるよう指定があるので、7+1の『暗黒騎士ガイア+クリボー』系統、4+4の『開闢の騎士+宵闇の騎士』といった、これまでテーマ内で散っていたモンスターを上手いこと繋げようという儀式魔法でもあります。



「超戦士の萌芽」から『開闢の騎士+宵闇の騎士』を墓地に送った「カオスソルジャー」は、『モンスター除外×2、手札1枚除外、連続攻撃、戦闘時ダメージ発生、暗黒騎士リクルート』という6つの効果を合わせ持った「大谷翔平」となるわけです。



f:id:girudoya:20161019144021j:plain



今回は「武神帝-ツクヨミ」を踏まえて「超戦士の萌芽」の4+4のパターンで、光属性と闇属性モンスターを集めたい所。テーマ外の光属性・闇属性モンスターでもいいので、例えば、『Emトリック・クラウン+BF-精鋭のゼピュロス』を使えばランク4への呼び水となります。


f:id:girudoya:20161019144050j:plain


他には『シャドールドラゴン、超電磁タートル、妖精伝姫-シラユキ』といった墓地で輝くレベル4モンスター陣。粒が揃ってます。


その中でも「妖精伝姫-シラユキ」は墓地の「開闢の騎士、宵闇の騎士」を除外する事で、儀式モンスター・儀式魔法をサーチできる関係性にあり、次の「カオスソルジャー」成立に貢献してくれます。



デッキの内訳としては

・超戦士の萌芽
・カオスソルジャー
・召魔装着&混沌の場
・武神帝-ツクヨミ
・萌芽で墓地に送るモンスター

という方向に。


墓地に送りたいモンスターが一定数いるので、さらに手札を墓地に送りやすくしたいという最後の難題。


これをクリアしてくれたのは大谷翔平でした。いえ失礼、十二獣です。似通った存在なので間違えてしまうのも仕方ありませんね。




f:id:girudoya:20161019144111j:plain


「十二獣モルモラット」からの展開で出せる「武神帝-カグツチ」、その過程「十二獣ブルホーン」からサーチした「武神-ヒルコ」を用いる事で「武神帝-ツクヨミ」にアクセスできます。


「十二獣の会局」を含めると初動カードがめちゃ増えるので、組み込む運びに。途中「武神帝-カグツチ」によるデッキからの5枚落としがあるので、「カオスソルジャー」なり「妖精伝姫-シラユキ」系のラッキーが最高です。


「武神-ヒルコ」の選択肢には、除外モンスターをリソースに加える「武神姫-アマテラス」が控えているので、光闇のリユースを狙えるという仕上がりになってます。




最後に展開の形としては、『十二獣ドランシア、武神帝ツクヨミ、フレシアの蟲惑魔、大谷翔平』という盤面が日本シリーズ向けです。


f:id:girudoya:20161019144120j:plain


ドランシアの破壊、落とし穴による除去、大谷翔平の165キロのストレートを武器に戦線を組み立てられます。


以上、ここまで【超戦士カオスソルジャー】の話をお送りしました。「超戦士の萌芽」、新カードで構築の幅が広がるのは理想的だなぁと改めて。