読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【十二獣個別面談】

f:id:girudoya:20161010163145j:plain


手応え


今回は【十二獣】の個別カードの感想!



■「十二獣サラブレード」

f:id:girudoya:20161010163207j:plain


思ってたより8兆倍強かった。

最高展開となるモルモラットに繋がならなくとも、十二獣モンスターに十二獣エクシーズを乗せまくるだけでも強い。

  1. 十二獣モンスター
  2. ワイルドボウ(下敷き)
  3. タイグリス(素材入れ替え)
  4. ブルホーン(サーチ)
  5. ドランシア(破壊)


f:id:girudoya:20161010163145j:plain


固有効果でアドバンテージ稼ぎまくりで、最初に出す十二獣は誰でも偉いんじゃないかレベルです。ただサラブレードの毛並みが違うのは、召喚時の「十二獣カードを捨てて1ドロー」という手札置換。


やってる事は地味ですが、墓地のモンスターを素材に組み込めるタイグリスのお陰でアドバンテージに変換できます。


例えば、「サラブレード+ヴァイパー」でサラブレード召喚から手札置換。ワイルドボウ→タイグリスと乗せて、墓地のヴァイパーを素材に組み込む。


ドランシア(素材:サラブレード・ヴァイパー・ヴァイパー・他2)となり、攻撃力4000の除去&除外効果持ちという屈強なモンスターと化します。低燃費を超えた存在。


サラブレードで十二獣カードを置換するとプラスになって帰ってくるのが果てしないです。サラブレードでサラブレードを捨てると、攻撃力4400のドランシア爆誕です。


そうなるとサラブレードをエクシーズ素材とした際の貫通効果付与も話が変わってくる訳で。大型コズモを上から倒せます。




■「十二獣モルモラット」

f:id:girudoya:20161010163308j:plain


これ1枚でドランシア+ランク4。召喚時には方合を落とせるので、エクストラデッキのリカバリーという自己完結っぷり。


方合でエクストラの十二獣が潤う事で、ダイガスタエメラルのモルモラット3枚戻しでフルパワーでリスタートを切れます。意味不明です。




■「十二獣ヴァイパー」

f:id:girudoya:20161010164151j:plain


手札や場からいつでもエクシーズ素材に組み込めるのが強くて、迎撃役はもちろん、場のヴァイパーで攻撃して隣のエクシーズの素材として組み込むとライフを2400取れます。天枢とヴァイパーを合わせてラッシュ。


ヴァイパーを素材とするエクシーズの戦闘時の除外効果は、ABCドラゴンバスターが撒き散らしたユニオンを次元の彼方に飛ばせたりもするので、ヴァイパーは重要です。




■「十二獣ラム」
■「十二獣ラビーナ」

f:id:girudoya:20161010163347j:plain


被破壊時に十二獣をサルベージ。

会局で壊してねというシナジーですが、会局引いてる時点でベアーマン含めた超展開が可能。

ラムとラビーナで魔法罠耐性を付けるよりモルモラットで横に横に展開した方が強いですね。一応ダイヤウルフやブレイクソードで、ラム&ラビーナを割るのもシナジー。




■「熱血獣王ベアーマン」

f:id:girudoya:20161010163422j:plain


・会局
・ベイゴマックス
・モルモラット+天枢


超展開ランク8&ドランシア。

タイタニックは皆既日蝕からドランシアを守れて、ツインツイスターや強欲貪欲を消せる。戦闘時は隣のモンスターへの攻撃を防ぎ、ドランシアで自分のエクシーズを壊してタイタニックの打点アップキルみたいな強味があります。


ジャイアントレーナー3ドロー。タイタニックとの違いは壊獣が怖くなくて、即座に素材を外せるので貪欲な壺やソウルチャージから更なる爆発力を生む点。


タイタニックにするとベアーマンが残るので、次のターンにジャイアントレーナー追加みたいな展開もできます。



■「SRベイゴマックス」
■「SRタケトンボーグ」

魔封じされると炎舞も会局もダメになりますが、インヴォーカーは別。ブレイクソードとツインツイスターで3伏せ割ってモルモラットに入ったりもします。


トーテムバードがあると羽根箒と皆既日蝕ケアになりますが、ベイゴマックスからタイタニック立てば一緒かな?と思って今は抜いちゃってます。




▼「魔法カード」



■「ソウル・チャージ」
■「死者蘇生」

一度モルモラットを吐ききるとダイガスタエメラルでリカバリーしたくなるので、手数を増やす蘇生カード。サラブレードやヴァイパーを場に出してエクシーズの打点補強にも使えます。


死者蘇生は【十二獣】のミラーマッチで強かったので、墓地のモンスターを戻す事でケアできる方合のタイミングが難しい。



■「十二獣の会局」

f:id:girudoya:20161010163801j:plain


あのヒーローアライブでさえ崖から飛び降りるレベルの性能。ちんこもげる。何の制約もなく毎ターン使えるとか増草剤に謝って欲しい。


相手にしてみると会局を残したままターンを渡せないのでツインツイスターで破壊して貰えたりと、ひたすらおいしい。隣にセットしてある神から感謝状が送られます。



■「炎舞-天璣」
■「炎舞-天枢」

f:id:girudoya:20161010163443j:plain


ソウコから持ってこれるのが大きくて、天枢+ヴァイパーを揃えてライフを取る。ドランシアに埋め込む為のヴァイパーを天璣からサーチと、初動のモルモラットの他にも仕事をする炎舞です。

二重召喚は会局で割れないのが天枢より劣るので、抜けていきました。



■「貪欲な壺」

ドロー中毒の海外では禁止カード

モルモラットおかわりは絶望先生。

シンプルに十二獣にエクシーズ4種乗せるだけでも発動できるので、こりゃこりゃ。



■「強欲で貪欲な壺」

失いたくないのはモルモラット、タケトンボ、ベアーマン。つまりベイゴマックスで展開しちゃえば、何が10枚飛ぼうが全く問題ない。初動では使いたくないので2枚にしてます。





▼「罠カード」



■「十二獣の方合」

f:id:girudoya:20161010163501j:plain


・モルモラットでデッキから落とす
・サラブレードで手札から落とす

方合でエクストラデッキを回復すると、十二獣エクシーズを重ねられる=効果を使える回数が増えるので、方合による1ドローとは別のアドバンテージが発生してます。


勢い余って方合3枚にしてみましたが、素引きするとエクシーズにヴァイパーを埋め込んで戦闘補強、ドランシアの素材補充と地味なので2枚かなー。初手で重なると困るのもある。


初動のモルモラットから方合を落とすと狡猾が使えないので、フレシアを入れる場合は他の落とし穴を検討した方がいいです。




▼「エクストラデッキ」



■「FNo.0 未来皇ホープ」

f:id:girudoya:20161010163512j:plain


十二獣のエクシーズを重ねて‥と思いましたが、十二獣には別の十二獣エクシーズを重ねた方がアドバンテージになるので、あんまり使わくなってきました。


レアシーンですが未来皇でカオスMAXを奪って勝ったのは、ただただ最高でした。カオスMAXは守備力0の十二獣エクシーズを叩いてワンキルしてくるので、やってらんないです。ドランシアでも破壊できず。



■「幻影騎士団ブレイクソード」

魔封じ+1伏せみたいな相手に対して、ベイゴマックスから伏せを割ってからモルモラットを召喚。ドランシアまで行けば魔封じも割れるので、綺麗に動けます。

ブレイクソードで会局を割ると十二獣エクシーズの素材補給になったりも。



■「M.X-セイバー インヴォーカー」

これが公認大会景品。つまり、公式がベイゴマックスルートを認めているという証です。


インヴォーカーからは「サラブレード、モルモラット、ヴァイパー」を選べる訳で、モルモラットで横に展開するか、巨躯のドランシアを立てて制圧するか選べる幸せ。



■「ダイガスタ・エメラル」

モルモラットやタケトンボを戻して意味不明が再来。方合で戻せるのが十二獣カード5種類なので、そこは調整を。



■「十二獣タイグリス」
■「十二獣ドランシア」
■「十二獣ブルホーン」
■「十二獣ワイルドボウ」

f:id:girudoya:20161010163145j:plain


ここを乗せ合うコトで生まれるアドバンテージが【十二獣】の輝きです。各1枚ではモルモラット展開だけで果てるので、複数枚必要となります。


各モンスター特殊召喚はターン制限があり、今は各2枚にして素材補給の役割を持たせてます。直接アドバンテージになるブルホーンとドランシアは3枚あってもいいくらいです。




■「魁炎星王-ソウコ」

f:id:girudoya:20161010163559j:plain


獣戦士族エクシーズなので、モルモラット、ヴァイパー、サラブレードをエクシーズ素材とした際の各効果を受けられます。


天枢を持ってきてライフを取る、ベアーマンを展開。天璣からのヴァイパーで十二獣エクシーズの素材補給みたいな役割かあり、できるヤツです。ソウコは炎舞があると攻撃力2300で餅カエルに倒されなくなるので、会局で割らずに残したりしました。


ソウコの隠れ効果であるモンスター効果無効は、コズモやユニコーンの耐性を消したりと、こちらもちょくちょく役立ちます。規格外のギアギガントXみたいなソウコです。




▼「補足」



f:id:girudoya:20161010163625j:plain


他に試したカードは、炎星タイヒョウ、サモプリ、二重召喚、貪欲な瓶、究極封印神エクゾディオスみたいなモルモラットに固執したもの。


【十二獣】の強味はエクシーズ同士の重ね合いによるリソース増幅という事も分かってきたので、あんまりモルモラットに特化するのは後手が危険という感触です。3枚入れとけば展開できるモルモラットは出張パーツとして一級品ですけどね。


あとは、虚無魔人やクリスティアを倒せる炎星ユウシをサイドに用意するのと助かる場面がありました。お願い天璣。戦闘で天枢を持ってきて十二獣を出せば逆転です。


以上、 ざっくり【十二獣】の話でした。モルモラットの爆発力、はたまた素材厚めのドランシアでの一点突破。エクストラデッキから次々重ねる新感覚デッキです。それではまた!