読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【D-HERO解説編】

f:id:girudoya:20160903225212j:plain


黎明期融合シリーズ


f:id:girudoya:20160903225219j:plain


■「黒き森のウィッチ」+「血の代償」=「髑髏の司祭ヤスシ」


『第2回全国大会準優勝賞品』として送られたカード。遊戯王カードデータベースに掲載されていないカードの1枚だそうです。こういう歴史あるカードこそ載せればいいのに。


『あの人は今』で、モデルになった「やすしさん」探してくれないかな。当時の話とか、めちゃ聞きてぇ。



■ » 遊戯王wiki《髑髏の司祭ヤスシ》






一口解説


前回載せた【D-HERO】の採用理由をつらつらと。


f:id:girudoya:20160903225254j:plain


■ 1.構築コンセプト

「絶対王 バック・ジャック」で操作したデッキから罠カードを、「D-HERO ダイヤモンドガイ」から魔法カードを"捲る"という頂上決戦です。


獲得したアドバンテージは「D-HERO ディストピアガイ」の融合召喚に消…活用されます。



f:id:girudoya:20160903225944j:plain


【D-HERO】

ダーク・グレファー×3
終末の騎士
絶対王 バック・ジャック×3
D-HERO ディバインガイ×3
D-HERO ダイヤモンドガイ×3
D-HERO Bloo-D
E・HERO シャドー・ミスト

おろかな埋葬
増援
オーバー・デステニー×3
同胞の絆×3
デステニー・ドロー×3
闇の誘惑×3
異次元からの埋葬

破壊輪
バーバリアン・ハウリング×3
ロケットハンド×3
D-フュージョン×3

【 エクストラデッキ 】
H-C ガーンデーヴァ
励輝士 ヴェルズビュート
深淵に潜む者
鳥銃士カステル
外神ナイアルラ
外神アザトート
No.39 希望皇ホープ
SNo.39 希望皇ホープONE
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン
D-HERO デッドリーガイ
D-HERO ディストピアガイ×2
V・HERO アドレイション
V・HERO トリニティー



1.モンスター編


「D-HERO ディストピアガイ」の融合素材となるD-HEROと脇を固める皆様。


f:id:girudoya:20160903230111j:plain



■《絶対王 バック・ジャック》×3

主役。デッキトップ3枚を入れ替えて、そこから罠カードを発動。「D-HERO ダイヤモンドガイ」が絡むと宇宙です。上手いこと「D-フュージョン」&「デステニードロー」が決まると幸福指数高め。



■《ダーク・グレファー》×3
■《終末の騎士》

墓地仲良し。選択肢は4つ

* 捲り屋「絶対王 バックジャック」

* 2ドロー万歳「D-HERO ディバインガイ」

* やっぱこれだね「E・HERO シャドー・ミスト」

* 運命を越えてゆけ「D-HERO Bloo-D」

となっております。



■《D-HERO ダイヤモンドガイ》×3

「絶対王 バックジャック」のデッキトップ操作と絡める事で、魔法カードほいほい。「D-HERO ディストピアガイ」の融合条件が『D-HERO×2』なので、ディスアドにならない素材をピックアップするのが大切です。山勘運用の際はデッキの"声"に耳を傾けましょう。



■《D-HERO ディバインガイ》×3

墓地から除外して『2ドロー』という信じられないアドバンテージ性能。融合素材としても、「デステニードロー」にしても、なにしても強いわいな。ハンドレスが発動条件なので、手札誘発はナシの方向で。



■《E・HERO シャドー・ミスト》

制限カードと言えども、挿しておけば「終末・グレファー」が「エアーマン」になります。「デステニードロー」を浮かせない為にも◎



■《D-HERO Bloo-D》
■《オーバー・デステニー》×3

運命を越えるカード。「D-HERO ディストピアガイ」の融合条件『D-HERO×2』を揃えられる為の「オーバー・デステニー」。合わせて、発動条件となるレベル8を満たせるカードを「終末・グレファー」から調達したい枠です。



2.魔法カード編


初動となるサーチ&ドロー。基本的な魔法カードの役割に忠実に。


f:id:girudoya:20160903230615j:plain



■《おろかな埋葬》
■《増援》
■《同胞の絆》×3 

上記モンスター陣を選びまくり、迷っちゃう。「同胞の絆」は「D-HERO ディストピアガイ」の融合素材を瞬時に確保できるジェットストリームアタック。



■《デステニー・ドロー》×3

「D-HERO ディバインガイ」を墓地に落として2ドロー&2ドロー。アフリカの貧しい子供達に悪いと思わないのか?いやでもこっちだって「D-HERO Bloo-D」の素引きヤバイし。「ダークグレファー」が居るだろう。ヤダくさいもん。



■《闇の誘惑》×3
■《異次元からの埋葬》

墓地起動の「絶対王 バックジャック」「D-HERO ディバインガイ」を「闇の誘惑」で除外しておくと、「異次元からの埋葬」からアドバンテージ発生。【墓地BF】懐かしいな。「異次元からの埋葬」で相手のカードを戻して墓地闇を狂わせたり、懐かしいな。


「闇の誘惑」使うと手札のモンスターが減るので、ハンドレスになりたい「D-HERO ディバインガイ」の助けになったりします。



3.罠カード編

 
「絶対王 バックジャック」から調達できるよう通常罠をピックアップしてます。合わせて、「D-HERO ディストピアガイ」のサポートを。


f:id:girudoya:20160903230155j:plain



■《D-フュージョン》×3

場のD-HERO2体を素材に融合召喚できる罠カード。これのための「絶対王 バックジャック」とさえ言える。一応「スターヴ・ヴェノム」も呼べるので、相手の場を全壊させたい時なんかに。罠故にバトルフェイズでの追撃発動や、ヴェーラーケアのようなタイミングが楽しい1枚です。



■《破壊輪》

「D-HERO ディストピアガイ」には火力効果があるので、さらにライフにプレッシャーを与えるカードとして。通常罠で「絶対王 バックジャック」対応となると、「破壊輪」の汎用性はピカイチ。



■《バーバリアン・ハウリング》×3

戦士族を攻撃とモンスター効果から守りつつ、相手モンスターをバウンス。追加火力まであるんだからテンション上がる。



■《ロケットハンド》×3

攻撃力を上げる効果、下げる効果と2度使えるので、「D-HERO ディストピアガイ」の除去効果を2回使える代物。装備罠という概念が無いので、「絶対王 バックジャック」に対応してます。「D-HERO ディストピアガイ」の除去効果を積極的に使う為にも攻撃力増減カードは、もっとあった方が◎


「絶対王 バックジャック」大先生を信じきる人は、その限りではない。




4.エクストラデッキ編


下級達からのランク4と融合モンスターを採用してます。


f:id:girudoya:20160903230217j:plain


《H-C ガーンデーヴァ》
《励輝士 ヴェルズビュート》
《深淵に潜む者》
《鳥銃士カステル》
《外神ナイアルラ》
《外神アザトート》
《No.39 希望皇ホープ》
《SNo.39 希望皇ホープONE》
《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》


ランク4メンバーズ。戦士族×2から呼べる「H-C ガーンデーヴァ」、特殊召喚されたモンスターを軒並み倒せるので、ペンデュラム召喚に耐性ができます。


f:id:girudoya:20160903230639j:plain


「SNo.39 希望皇ホープONE」も特殊召喚されたモンスターを軒並み倒せる効果持ち。こちらは攻撃力が『2510』と微妙にあるので、「闇の護封剣」で裏向けた「青眼の白龍」を倒せたりします。偉大なる攻撃力10の差。「ホープライトニング」に素材を温存できるのは良いことずくめ。



《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》
《D-HERO デッドリーガイ》
《D-HERO ディストピアガイ》×2
《V・HERO アドレイション》
《V・HERO トリニティー》


融合モンスターズ。「D-フュージョン」の選択肢を散りばめてます。「D-HERO デッドリーガイ」と「D-HERO ディストピアガイ」を並べると、攻撃力変動により毎ターン除去効果を使えるテーマデザインです。




5.まとまるくん


f:id:girudoya:20160903230246j:plain


「絶対王 バックジャック」を柱とする【D-HERO】について、お送りしました。「Dドロー&闇の誘惑」から捲りまくりという仕上がり。


何はともあれ捲りには信心が試されます。その覚悟と共に。



It's time to Duel!