読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【月光ダーク】

f:id:girudoya:20160811172526j:plain


飢えた牙持つ毒龍


先日のオベリスクフォース対戦会に持ち込んだ【月光ダーク】の解説記事です!



■ 目次

・デッキレシピ

・月光とスターヴ・ヴェノムの親和性

・サブギミック

・エクストラデッキの話

・まとめ






【月光ダーク】

f:id:girudoya:20160811172501j:plain
f:id:girudoya:20160811172445j:plain


ダーク・アームド・ドラゴン
トーチ・ゴーレム
溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム
BF-朧影のゴウフウ×3
月光白兎×3
月光黒羊×3
魔界発現世行きデスガイド
クリッター×2
彼岸の悪鬼 スカラマリオン
魔犬オクトロス

炎舞-「天璣」×3
置換融合×3
マスク・チェンジ・セカンド
闇の誘惑×3
ハーピィの羽根帚

月光輪廻舞踊×3
次元障壁×3
死のデッキ破壊ウイルス×3
神の通告×3

【エクストラデッキ】
No.45 滅亡の予言者 クランブル・ロゴス
No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター
神騎セイントレア
聖光の宣告者
幻影騎士団ブレイクソード
虚空海竜リヴァイエール
ダウナード・マジシャン
月華竜 ブラック・ローズ
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト
PSYフレームロード・Ω
氷結界の龍 トリシューラ
M・HERO ダーク・ロウ
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×2
始祖竜ワイアーム



多彩


f:id:girudoya:20160811172526j:plain



『戦闘強化・能力模倣・全体破壊』


これでもかという性能を誇る「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」。戦闘&コピー能力による返し札としても、全体除去を盾とする抑止力としても優秀です。


戦慄的なイラストも興を引く1枚。夜道で出くわしたらお察しです。武井壮でも「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」だけは、どうしようもないと思われる。




融合召喚への道


「スターヴ・ヴェノム」の融合素材である『フィールドの闇属性モンスター×2』を「月光白兎、ガイド」で揃え、1ドロー付きの融合魔法「置換融合」を軸として戦線を構築。リソースを保持しながら「スターヴ・ヴェノム」を展開できるのが強味です。



f:id:girudoya:20160811172630j:plain





f:id:girudoya:20160811172641j:plain

《月光黒羊(ムーンライト・ブラック・シープ)》
星2/闇属性/獣戦士族/攻 100/守 600
(1):このカードを手札から捨て、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●「月光黒羊」以外の自分の墓地の「ムーンライト」モンスター1体を選んで手札に加える。
●デッキから「融合」1枚を手札に加える。
(2):このカードが融合召喚の素材となって墓地へ送られた場合に発動できる。「月光黒羊」以外の、自分のエクストラデッキの表側表示の「ムーンライト」Pモンスターまたは自分の墓地の「ムーンライト」モンスター1体を選んで手札に加える。



f:id:girudoya:20160811172651j:plain

《月光白兎(ムーンライト・ホワイト・ラビット)》
星2/闇属性/獣戦士族/攻 800/守 800
(1):このカードが召喚に成功した時、「月光白兎」以外の自分の墓地の「ムーンライト」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの「ムーンライト」カードの数まで、相手フィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。



f:id:girudoya:20160811172700j:plain

《置換融合》 通常魔法
このカードのカード名はルール上「融合」として扱う。
(1):自分フィールドから融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の融合モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをエクストラデッキに戻す。その後、自分はデッキから1枚ドローする。





「スターヴ・ヴェノム」を融合召喚する為に完璧なシナジーを発揮するのが、『月光黒羊、月光白兎』のギミック。



f:id:girudoya:20160811172711j:plain


・「月光黒羊」を手札から捨て「置換融合」をサーチ。

・「月光白兎」を召喚して、先の「月光黒羊」を釣り上げる。そのついでに「月光白兎」で伏せを掃除。

・闇属性の『月光白兎+月光黒羊』を素材として、「スターヴ・ヴェノム」を融合召喚。


この時、「月光黒羊」の効果で「月光白兎」をサルベージでき、「スターヴ・ヴェノム」が倒されると「置換融合」の1ドローが使える事から、実質消費ゼロで繰り出せています。



【月光】からの「スターヴ・ヴェノム」

このギミックは「月光黒羊」と「月光白兎」の2枚を必要としますが、それぞれ獣戦士族なので「炎舞-天璣」から揃えられます。



f:id:girudoya:20160811172720j:plain


《月光輪廻舞踊(ムーンライト・リンカネーション・ダンス)》
通常罠
「月光輪廻舞踊」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「ムーンライト」モンスターを2体まで手札に加える。



極めつけは「月光輪廻舞踊」

月光モンスター2枚を一気にサーチできるので、これ1枚から「スターヴ・ヴェノム」を始められるプランになってます。




f:id:girudoya:20160811172726j:plain


アクセントとしてトークンを生み出す「BF朧影のゴウフウ」からの「始祖竜ワイアーム」や、シンクロモンスターを搭載。多角的な攻めを見せるデッキとなっています。展開は後述!



これらモンスターが総じて闇属性なので、ジョーカーは「ダムド」。主幹パーツである「月光白兎、月光黒羊、置換融合」が墓地闇を調整できる事を活かし、投下に至ります。



f:id:girudoya:20160811172731j:plain




拡大


「スターヴ・ヴェノム」の融合素材である闇属性モンスター×2を確保する為、月光に加えて採用してるのは「魔界発現世行きデスガイド」



f:id:girudoya:20160811172740j:plain



彼女から呼び出すのは月光を揃える「クリッター」、そして大型ゴーレムをサーチできる「魔犬オクトロス」です。


「魔犬オクトロス」からサーチするのは、「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム、トーチ・ゴーレム」の2種。



f:id:girudoya:20160811172747j:plain



「ラヴァゴ」は単純にサーチできる除去カードとして、「トーチ・ゴーレム」はトークン2体を生み出せるので「始祖竜ワイアーム」を呼び出すのに使えます。


どちらのゴーレムも相手の場に特殊召喚されますが、そこは闇属性「死デッキ」拡散を狙います。『月光、ガイド系列、ゴウフウ』とウィルス媒体は豊富に揃ってます。



f:id:girudoya:20160811172754j:plain



「BF朧影のゴウフウ」は「魔犬オクトロス」や「クリッター」と合わせると『8シンクロ&サーチ』と動き、「月光白兎+月光黒羊」と合わせると『トリシューラ、始祖竜ワイアーム(1ドロー)』という展開が見込めます。


融合にシンクロと攻め手が多角的なのは、「次元障壁」によるターンスキップを喰らわない為に加点されるようになった要素です。「BF朧影のゴウフウ」は「クリッター」から拾えるのも◎



「BF朧影のゴウフウ」でバラ撒かれたトークンが破壊されても「月光輪廻舞踊」のトリガーとなるので、どう転んでもお得な「BF朧影のゴウフウ」。トークンは「レッドデーモンズ・スカーライト」の全体破壊に巻き込まれない事も再確認。



普段、箱買いした過剰なノーマルは売っちゃうんですが、できる仕事の多い「BF朧影のゴウフウ」はキープしてあるカードの1枚です。闇属性の攻撃力0なので、「悪夢再び」にも対応してるステータスですね。



f:id:girudoya:20160811172805j:plain



ちゃっかり「マスクセカンド→ダークロウ」も完備してるデッキです。「死デッキ」もそうですが、能動的に「クリッター」を墓地へ送りサーチを行えるのは便利です。


「月光輪廻舞踊」が自分のモンスターの破壊をトリガーとするので、「彼岸の悪鬼 スカラマリオン」を意図的に自壊させるプレイに走ったりします。回してる内に出てくる小技のひとつ。




最後の数枚は葛藤枠


f:id:girudoya:20160811172819j:plain



「スターヴ・ヴェノム」の融合素材となる闇属性モンスターの中から「魔導戦士ブレイカー、幻銃士、バトルフェーダー」辺りを悩みましたが廃案。



「BF朧影のゴウフウ、ガイド、月光白兎」に対する「増殖するG」が鬼門だったので「神の通告」。テーマデッキの多そうなオベリスクフォース相手に「次元障壁」を敷いて締める事に。



f:id:girudoya:20160811172825j:plain



ワンキルに向かってきた「真青眼の究極竜」を「次元障壁」で止めて生き長らえたりと、MVPシーンの数々。「次元障壁」は対象を取らないので「真青眼の究極竜」が誇る耐性さえも、どこ吹く風。




エクストラデッキの話


f:id:girudoya:20160811172832j:plain



【エクストラデッキ】
No.45 滅亡の予言者 クランブル・ロゴス
No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター
神騎セイントレア
聖光の宣告者
幻影騎士団ブレイクソード
虚空海竜リヴァイエール
ダウナード・マジシャン
月華竜 ブラック・ローズ
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト
PSYフレームロード・Ω
氷結界の龍 トリシューラ
M・HERO ダーク・ロウ
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×2
始祖竜ワイアーム



「スターヴ・ヴェノム」を筆頭に融合モンスター、「BF朧影のゴウフウ」を起点とするシンクロモンスター、「月光白兎」から呼べるランク2、「魔界発現世行きデスガイド」用のランク3を採用してます。



このデッキ特有の使い方をするのは「ダウナード・マジシャン」


f:id:girudoya:20160811172838j:plain


エクシーズモンスターを闇属性の「ダウナード」に変換する事で、「スターヴ・ヴェノム」の融合素材として扱えるようになります。



例えば、ガイドからスカラマリオンを出して虚空海竜リヴァイエール。

闇の誘惑で飛ばしておいたクリッターを帰還させて、リヴァイエールにダウナードを乗せる。これで場に闇属性が並ぶので、融合の布石になるといった動きです。スカラマリオンとクリッターの効果で、リソースほくほく。サーチ忘れないよう気をつけましょ。



「炎舞-天璣」を貼っておくと「神騎セイントレア」が少し強くなるオマケがあったりと‥。そんな小ネタまで書いてるとキリがないので、この辺りで締め!



「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を駆る【月光ダーク】の解説記事をお送りしました。融合シンクロエクシーズ、選択肢が豊富で面白いデッキです!



f:id:girudoya:20160811172859j:plain



融合次元のデュエリストは、是非とも是非とも。それではまた ^^