読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【堕天使】

f:id:girudoya:20160731103306j:plain


デステニーソルジャーズ12箱も予約しちゃったけど大丈夫なのか。【堕天使】を試してみたの巻




■ » 遊戯王wiki【堕天使】


はい。という訳で、【堕天使】の構築から。



・構築
・堕天使のスペル
・堕天使イシュタムちゃんぺろぺろ
・サポートカード



【堕天使】

f:id:girudoya:20160731103356j:plain


堕天使イシュタム×3
堕天使アスモディウス×3
堕天使スペルビア×3
大天使クリスティア×3
ヘカテリス×3
クリバンデット×3

神の居城-ヴァルハラ×3
アドバンスドロー×3
トレード・イン×3
強欲で貪欲な壺×2
死者蘇生
ソウル・チャージ
堕天使の戒壇×3
堕天使の追放×3

背徳の堕天使×3

【 エクストラデッキ 】
No.35 ラベノス・タランチュラ
No.84 ペイン・ゲイナー
No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス
フェアリー・チア・ガール
武神帝-ツクヨミ
輝光子パラディオス
暗遷士 カンゴルゴーム
深淵に潜む者
森羅の守神 アルセイ
聖刻神龍-エネアード
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー
ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン
銀河眼の光波竜
銀河眼の光波刃竜



スペル再利用


【堕天使】の共通効果であり、最大の特徴。墓地にある堕天使スペルをライフ1000の支出と引き換えに「その効果を適用する」、「誘発即時効果」という仕上がり。


■「堕天使共通効果」
1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その魔法・罠カードの効果を適用する。その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。




f:id:girudoya:20160731103434j:plain



堕天使スペルの「効果を適用する」なので、必要となるコストは《D-HERO ダイヤモンドガイ》のように踏み倒す事ができちゃいます。


誘発即時効果なので、相手ターンも、チェーン2以降も関係なく堕天使による魔法罠のコピー能力ですね。自分のターンでも自由自在なので、エンドフェイズだろうと《エフェクト・ヴェーラー》ケアのタイミングにしても本当に自由度が高い。


これがまぁ便利そのもの。そうなると気になるのは、堕天使スペルの"質"ですが、どれも汎用的で使いやすいものばかりです。現状4種類。




f:id:girudoya:20160731103356j:plain

■《堕天使の追放》
(堕天使モン・スペルを問わない万能サーチ魔法。ついに時代もここまで来たか。以下のスペル3種も含む全能サーチ。《剣闘訓練所》に謝って欲しい。)



f:id:girudoya:20160731103448j:plain

■《堕天使の戒壇》
(堕天使を横向きで蘇生できる魔法カード。《堕天使スペルビア》を経由する事で「天使族蘇生」という効果になるので、《大天使クリスティア》万歳。相手苦悩。)



f:id:girudoya:20160731103454j:plain

■《背徳の堕天使》
(堕天使1体をコストに《サンダー・ブレイク》。これをコピー能力で連打すると隙ができません。《復活の福音》のような破壊耐性も連打で突破。)



f:id:girudoya:20160731103459j:plain

■《魅惑の堕天使》
(堕天使1体をコストに《洗脳-ブレインコントロール》のトラップカード。相手の高レベルモンスターを奪って《アドバンスドロー》とか気持ちいいですね。ちょっと癖があるので、モンスターを奪った後に何をするかプランが必要かなと。アドバンス召喚?)


蘇生・サーチの魔法2種は間違いない性能。罠の2種は手札に加えて場の堕天使もコストに充てられるものの、アドバンテージ的には損なので必要枚数は絞りたいなと。ただ、それすらも《堕天使スペルビア》を頻繁に経由する事で、ローコスト運用可能です。



f:id:girudoya:20160731103508j:plain



そんでもって、堕天使スペルの最大の特徴としては「対象を取らない」点。どれも「選んで〜」というテキストになってます。


・《堕天使の戒壇》
対象を取らない堕天使蘇生

・《背徳の堕天使》
対象を取らない《サンダー・ブレイク》

・《魅惑の堕天使》
対象を取らない《洗脳-ブレインコントロール》


堕天使のコピー能力は誘発即時効果という事で、チェーン2以降で発動する際に分かりやすくする為の「対象を取らない」措置ですが、モロにメリットとして機能します。



例えば、対象を取らない蘇生カード《堕天使の戒壇》は、《D.D.クロウ》に抜かれない事は勿論、《堕天使スペルビア》を経由する天使蘇生パターンを狙おうとして《増殖するG》を投げられた場合。直接本命カード蘇生に留める事で、ドローリスクを回避できます。



対象を取らない《サンダー・ブレイク》の《背徳の堕天使》は、もうそれだけで強い。例えば、《青眼の精霊龍》のようなエスケープ系のモンスターも仕留められます。







堕天使モンスターの話


そもそも「堕天使の効果でスペルをコピー」云々は、堕天使を場に出さないと始まらない訳ですが、どうやって出そうか問題があります。レベル6から始まりレベル11まで用意されている上級テーマでありながら、展開カードは無し。



f:id:girudoya:20160731103526j:plain



となると、天使族の聖地《神の居城-ヴァルハラ》なり蘇生カードが頼りです。《堕天使スペルビア》活用の為にも今回は「蘇生」を軸にする事に。



スーパーレアで確定している1枚なんですが、明らかにネジが飛んでるカードがあります。



f:id:girudoya:20160731103533j:plain

《堕天使イシュタム》
星10 闇 天使族 2500/2900
自分は「堕天使イシュタム」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札からこのカードと「堕天使」カード1枚を捨てて発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。
②:1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その魔法・罠カードの効果を適用する。その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。



堕天使モンスター・スペルを問わない《トレード・イン》能力を備えてます。ここから何ができるのかというと、《堕天使イシュタム》と《堕天使スペルビア》を墓地に送りながら2ドロー。そして《堕天使の戒壇》のような蘇生カードで2体を盤面に展開。



f:id:girudoya:20160731103448j:plain



これで堕天使をコストに要求するトラップカード「《背徳の堕天使》《魅惑の堕天使》」を構えながら、《堕天使イシュタム》のコピー能力による制圧タイムが訪れる訳です。



「《背徳の堕天使》《魅惑の堕天使》」をコピー能力で使う際は、堕天使コストが不要になるので、《堕天使イシュタム》の2ドロー効果で墓地に置いておくのもお得なプレイです。


ただ堕天使のコピー能力で《堕天使の戒壇》→《堕天使スペルビア》を蘇生すると、《堕天使の戒壇》をデッキに戻す処理が入ってタイミングを逃すので注意ですね。



《堕天使スペルビア》をモンスター2体を用意する手段として捉えると、《堕天使ルシフェル》のアドバンス召喚を支えるカードとしても運用できます。《天帝従騎イデア》のようなアドバンス召喚サボートもありますが、テーマ内なら《堕天使イシュタム》の2ドローによる手札交換ができるので優先したいなと。



f:id:girudoya:20160731105714j:plain



ただ《堕天使ルシフェル》の効果が相手のモンスターの数を参照と安定しないので、今回はパス。というか、蘇生という軸を踏まえると2ドロー効果で自ら墓地に置ける《堕天使イシュタム》が偉大。堕天使のコピー能力は共通なので、他のモンスターは‥



ちなみに堕天使スペルにはターン制限がありますが、「効果の適用」とするコピー能力ならば複数回効果を使っていけます。



例えば、全能サーチ《堕天使の追放》を絡めて、「《堕天使イシュタム》・《堕天使スペルビア》・《堕天使の戒壇》」を揃えて2ドロー&2体蘇生のパターン。場に出した《堕天使イシュタム》により墓地の《堕天使の追放》をコピー、《背徳の堕天使》をサーチして構えるといった動きです。







サポートカード


《堕天使スペルビア》を盛り上げる為、デッキから天使族を墓地に送る《堕天使アスモディウス》と《神の居城-ヴァルハラ》のパッケージを入れてみました。



f:id:girudoya:20160731105732j:plain
f:id:girudoya:20160731110319j:plain



《堕天使アスモディウス》から天使族を選べるので《堕天使イシュタム》によるコピー能力、《大天使クリスティア》による制圧と使い分けが効くので便利。レベル8なので《トレード・イン》にも対応してます。2ドローは《堕天使イシュタム》も同様なので、めっちゃデッキを掘り進められるのも【堕天使】の特徴。


「《堕天使アスモディウス》・《ヘカテリス》・《堕天使イシュタム》・《堕天使スペルビア》」と墓地天使の調整が容易なので、《大天使クリスティア》の天使族サルベージも頻繁に狙えます。



f:id:girudoya:20160731105750j:plain
f:id:girudoya:20160731105744j:plain



《堕天使スペルビア》は天使族なら何でも蘇生できるので、余った《ヘカテリス》を重ねてランク4を呼べたりもします。《武神帝-ツクヨミ》《フェアリー・チア・ガール》のようなドローに役得のあるカードが居ますね。



他に入れてみたのは、蘇生魔法の大家である《死者蘇生》《ソウル・チャージ》、揃って2ドローの《堕天使イシュタム》の為に《強欲で貪欲な壺》といった面々。



f:id:girudoya:20160731105812j:plain



《トレード・イン》も含めてデッキが減るペースが早いので《強欲で貪欲な壺》フル投入は、2枚目が撃てなくてちょっと問題でした。堕天使のコピー効果で墓地のスペルをデッキに戻せるので、デッキ切れは皆無ですけどね。



堕天使のコピー効果にはライフ1000が必要なので、罠を入れるとしたら神系よりは《次元障壁》かなと思ったりも。自分は《堕天使イシュタム》なり《大天使クリスティア》で構えるので、《次元障壁》の被害もありません。


《大天使クリスティア》を立てる際は《背徳の堕天使》(サンダーブレイク)を合わせて用意すると、《エキセントリック・デーモン》《戦乙女の契約書》《闇の護封剣》等をケアできるのでオススメです。



f:id:girudoya:20160731110033j:plain
f:id:girudoya:20160731110048j:plain



珍しいなーと思ったシーンは、《堕天使アスモディウス》が《フルメタルフォーゼ・アルカエスト》に装備後に破壊されたら、トークン2体出てきた感じですかね。《堕天使アスモディウス》のシークレットも値上がりしてるので、ついでにトークンも頑張ってくれないかな。




場のレベル8以上のモンスターを2ドローに置換する《アドバンスドロー》も試してみました。



f:id:girudoya:20160731105834j:plain



《堕天使スペルビア》を墓地に送れる事や、《大天使クリスティア》の解除といったアドバンテージ以外にも仕事があります。ちなみに《大天使クリスティア》をコストにした場合は、即デッキトップに乗るので《大天使クリスティア》を含めた2ドローとなります。


また、《アドバンスドロー》は場を空けられるので、《神の居城-ヴァルハラ》の発動条件を満たす事にも使えます。



《クリバンデット》も場を空けながら堕天使を墓地に落とせるカード。自分のエンドフェイズにも堕天使のコピー能力は使えるので、《クリバンデット》の落ちを見届けた後にアドバンテージを稼げて好感触です。


例えば、ヴァルハラから堕天使イシュタム特殊からのクリバン効果。5枚の中に堕天使スペルがあると、自分のエンドフェイズにコピー能力を使っていけます。複数枚の堕天使スペルが落ちると宇宙です。



f:id:girudoya:20160731105842j:plain



【堕天使】には下級モンスターがいないので、召喚権の使い道にしても探求が必要です。それこそ《クリバンデット》のついでに、《魔界発現世行きデスガイド》を仕込むと「《機装天使エンジネル》+《大天使クリスティア》」みたいな盤面も見えてきますね。



他には《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》と《トレード・イン》、レベルが階段になってる堕天使を《トランスターン》といった色んな可能性を見つつ、【堕天使】を触ってました。《次元障壁》を意に介さない《大天使クリスティア》の勇姿、《ソウル・チャージ》から「堕天使イシュタム+クリスティア」になるのは豪快。



f:id:girudoya:20160731105901j:plain



必須カードとして確認できた「《堕天使イシュタム》《堕天使の追放》」がスーパーレアなので、12箱も致し方無しかなと。半カートンで揃わないなんて、そんなまさか。それではまた〜