ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【闇属性融合】

f:id:girudoya:20160730042747j:plain




オベリスクフォースと闇融合の話


「オベリスクフォース」


KONAMIの検定講義を経て、ジャンフェス等の対戦イベントで活躍しているインストラクターさん達です。オベリスクブルーのマスクと衣装が特徴的です。



f:id:girudoya:20160730042811j:plain



幾度か対戦させて頂いた事がありますが、みなさん本当に紳士的で遊戯王愛好家!


扱うデッキも個性的でありながら、各店舗に1人居る「いいお兄さん」といった印象です。


ボランティアでの活躍という事で頭が下がりますが、彼等にのみ配布される「専用ゴールドスリーブ」。実物を目にした事がありますが、際立つ光沢。


それを平然と一重で扱い、対戦してる姿が格好いい。恐れ多くて僕なら5重スリは固い。



ゴールドスリーブは「譲渡禁止」という徹底ぶりですが、海外ではジャッジ限定の褒賞品は「譲渡推奨」。それを売って交通費にしてねという公式からの計らいがあります。国内もその流れにならないかなと思ってましたが、駄目でしたねぇ。サークルサポートにしても営利目的はアウトのようです。



オベリスクフォースの「遊戯王好き・紳士的・いいお兄さん」みたいな模範とすべき姿が、色んなイベントを通して遊戯王界隈に広まったらいいなと思います。










闇属性融合

f:id:girudoya:20160730042747j:plain



そんな「オベリスクフォースのデッキ」として公式から紹介されてた中で、面白そうな融合デッキがあったので、ご紹介。


オベリスクフォースの回し者みたいですが、回してみたいデッキを紹介するのもブログ的でいいなと今回。




■ YuGiOh_OCG_INFOのツイート「https://twitter.com/YuGiOh_OCG_INFO/status/758247537119666176?s=09




【闇属性融合】

f:id:girudoya:20160730042927j:plain


ローンファイア・ブロッサム×3
捕食植物スキッド・ドロセーラ×3
捕食植物フライ・ヘル ×3
捕食植物モーレイ・ネペンテス
スケープ・ゴースト×2
BF-朧影のゴウフウ
クリッター
魔界発現世行きデスガイド
月光白兎×3
月光黒羊×3

炎舞-「天璣」×3
超栄養太陽×2
置換融合×3
フュージョン・ゲート×2
ダーク・バースト×2
ハーピィの羽根帚

次元障壁×3
神の通告×3

【 エクストラデッキ 】
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×3
始祖竜ワイアーム×2
冥界龍 ドラゴネクロ×2
月光舞豹姫
月光舞猫姫
神騎セイントレア
No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター
超量機獣グランパルス
フォーミュラ・シンクロン
魔王龍 ベエルゼ
冥界濁龍 ドラゴキュートス



構築力


f:id:girudoya:20160730042940j:plain



《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》を契機とする闇属性主体の融合デッキです。こんなにまとまってるデッキを公式が紹介するようになったのかと、感慨深い。



まずは、《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》の素材確保の為、フィールドに闇属性モンスターを並べる手段として、「捕食植物+超栄養太陽」「月光ギミック」「ガイド→クリッター」といったアドバンテージに優れた選択が取られてます。



f:id:girudoya:20160730043002j:plain

f:id:girudoya:20160730042955j:plain



《クリッター》を《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》の融合素材とする事で、次なる融合召喚に繋がるシンプルな正しさ。


《炎舞-「天キ」》からサーチが効く「月光ギミック」は、《月光黒羊》による融合サーチ、《月光白兎》の蘇生効果で闇属性を並べるという《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》のお膳立てとしては、これ以上ないシナジーです。



f:id:girudoya:20160730043012j:plain



「融合カード」の採択にしても、より消費の少ない《フュージョン・ゲート》《置換融合》が抜け目なく選ばれてます。こういう所が融合軸のデッキは大切かなと。



アクセントとして、闇属性でありながらトークンをばら撒く《スケープ・ゴースト》《BF-朧影のゴウフウ》の存在。《始祖竜ワイアーム》を融合召喚の選択肢に加えてます。



f:id:girudoya:20160730043130j:plain



《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》《始祖竜ワイアーム》という派手なフィニッシャーを掲げる【闇属性融合】。それらを狙うカード採択がスマートで、トークンを生み出す闇属性なら《幻銃士》はどうだろう?《ダーク・アームド・ドラゴン》の余地は?みたいな「次の構築」が面白くなってしまうという。これは公式からの紹介デッキとしては充分な働きです。



《神の通告》《次元障壁》が各3枚フル採用されてる辺り、公式が載せるデッキじゃないなと笑えてきます。アニメで「シンクロ次元、エクシーズ次元」みたいな展開をあれだけ進めて来たのに「《次元障壁》。ちょっと黙って」みたいな。恐ろしいやら。おかしいやら。



f:id:girudoya:20160730043027j:plain



以上、オベリスクフォースのデッキ紹介でした。融合サーチ・素材確保になる「月光ギミック」と《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》は鉄板の組み合わせです。《炎舞-「天キ」》が2つの役割を持てて偉いなと常々。


今度《幻銃士》を絡めて組んでみようと思います。それではまた次回。



f:id:girudoya:20160730043032j:plain