ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【水晶機巧の話】

f:id:girudoya:20160717120152j:plain


水晶機巧


f:id:girudoya:20160717120240j:plain


「インベイジョン・オブ・ヴェノム」よりリリースされたアクセルシンクロテーマ【水晶機巧】。ちょろっと組んでみた感想を。





【TG水晶機巧】

f:id:girudoya:20160717121212j:plain

マスマティシャン
水晶機巧-シストバーン×3
水晶機巧-スモーガー×3
水晶機巧-シトリィ×3
輪廻天狗×2
TG ストライカー×3
TG ワーウルフ×3

おろかな埋葬
増援
炎舞-「天璣」×3
名推理
モンスターゲート
手札抹殺
異次元からの埋葬
異次元海溝×3
ハーピィの羽根帚

クリストロン・インパクト×3
強化蘇生×3
TG1-EM1×3

【 エクストラデッキ 】
幻影騎士団ブレイクソード
虚空海竜リヴァイエール
スターダスト・ウォリアー
TG ブレード・ガンナー
水晶機巧-アメトリクス×2
A・O・J カタストル
HSRチャンバライダー
TG ワンダー・マジシャン×2
獣神ヴァルカン
超重剣聖ムサ-C
甲化鎧骨格
月華竜 ブラック・ローズ
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン



■ » 遊戯王wiki【水晶機巧】


アクセルシンクロ


相手ターンにシンクロする事で、攻防一体となる「《水晶機巧-アメトリクス》《月華竜 ブラック・ローズ》《獣神ヴァルカン》《氷結界の龍 トリシューラ》」等のモンスターを展開する事で、テンポアドを取っていくのがアクセルシンクロの戦い方です。



それにはアクセルシンクロできる《アクセル・シンクロン》のようなチューナーを用意する必要があり、【水晶機巧】で役割を担っているのは「《水晶機巧-シトリィ》《水晶機巧-クオン》《水晶機巧-クオンダム》」の三者。やはりチューナーです。



f:id:girudoya:20160717120336j:plain



《フォーミュラ・シンクロン》等とは違い相手のバトルフェイズにもシンクロできるので、ギリギリまで待てる所に利があります。



【水晶機巧】は非チューナーモンスターに共通効果があり、『自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、デッキから「クリストロン」チューナー1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族Sモンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない』。これでチューナーを呼び出しシンクロ召喚というギミックを主体に戦います。



自分のカードを割ってチューナー確保なので、ゆくゆくはペンデュラム系統とのミクスチャーが見えますが、まずは割っても平気なカードとして組み込んだのは【TG】



f:id:girudoya:20160717120343j:plain


  • TG ストライカー×3
  • TG ワーウルフ×3
  • 増援
  • 炎舞-「天璣」×3



ここですね。特殊召喚を活かしながら水晶機巧の隣に並べて破壊しチューナー確保、アドバンテージを失わずにシンクロへ向かえます。【TG】はシンクロテーマでもあるので、《水晶機巧-アメトリクス》等の成立にも貢献します。サーチを終えた《炎舞-「天璣」》も破壊先として最適。



「アドバンテージを失わずに」というのは何をするにも優先度が高い要素ですが、シンクロ召喚はカード2枚を必要とする以上、息切れを防ぐ為により大切。【水晶機巧】の中からもアドバンテージを重視したパーツ採択が求められます。



分かりやすいのは、墓地の【水晶機巧】を除外して使える各効果。そこでアドバンテージを稼げるものをピックアップしてシンクロに向かいたいなと。今回採用したのは「《水晶機巧-シストバーン》《水晶機巧-スモーガー》《水晶機巧-シトリィ》」


f:id:girudoya:20160717120400j:plain



  • 水晶機巧-シストバーン(墓地効果:水晶機巧をサーチ)
  • 水晶機巧-スモーガー(墓地効果:水晶機巧のスペルをサーチ)
  • 水晶機巧-シトリィ(モンスターを蘇生して、シンクロまで漕ぎ着ける自己完結型チューナー)



どれも1アド稼げるので、低燃費のシンクロ召喚に繋がります。水晶機巧スペルをサーチできる《水晶機巧-スモーガー》は、除外されている水晶機巧を特殊召喚できる《クリストロン・インパクト》とループを形成。「墓地のスモーガーを除外してインパクトをサーチ→インパクトで帰還→シンクロに活用→墓地のスモーガーを除外してインパクトをサーチ‥」とリソースが繋がる組み合わせです。



f:id:girudoya:20160717120418j:plain



テーマカードをサーチするのが《水晶機巧-スモーガー》《水晶機巧-シストバーン》の墓地効果なので、《おろかな埋葬》《マスマティシャン》といったカードは安定性の底上げになります。



メインギミックを「アド取れる水晶機巧+破壊しても平気なシンクロサポートのTG」にしたので、あと試してみたいパーツを詰め込み。


  • 輪廻天狗(炎舞天璣のサーチ先で、シンクロ的にやる気のありそうなカードとして。被ったら天狗修行が足りてない証拠。)
  • 名推理(水晶機巧はレベル1〜4と散ってるのでお洒落)
  • モンスターゲート(水晶機巧をリリースして墓地効果を使える。水晶機巧のスペルにも墓地効果があるのでラッキー発生)
  • 手札抹殺(水晶機巧をまとめて墓地に送れるとおいしい)
  • 異次元からの埋葬(水晶機巧の墓地効果をおかわり)
  • 異次元海溝(水晶機巧の効果で破壊する事で、チューナー+非チューナーを展開。シンクロまで行けるものの、墓地の水晶機巧を除外して特殊召喚しないとおいしくないので3枚は怪しい)
  • 強化蘇生(レベルを1上げてシンクロの高みへ)
  • TG1-EM1(ごっつぁんです)




こんな感じの【TG水晶機巧】で遊んでます。《TG ワンダー・マジシャン》もアクセルシンクロできるので、なかなかの纏まりっぷりを発揮します。レベル2チューナーとレベル3で、レベル5シンクロを出せる組み合わせになっているので、《水晶機巧-アメトリクス》を出して相手モンスターを横向けて倒し、最終的には「《スターダスト・ウォリアー》《TG ブレード・ガンナー》」へ向かいます。



f:id:girudoya:20160717120441j:plain



次に組むとしたら、チューナーの2枚「《水晶機巧-クオン》《水晶機巧-シトリィ》」が《機械複製術》に対応しているので、《スクラップ・リサイクラー》《アイアンコール》のような「機械族」に寄せた構築にしようかなと企んでます。



f:id:girudoya:20160717120453j:plain



以上、【TG水晶機巧】の話でした。それではまた〜