読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【クリストロン】

f:id:girudoya:20160702193936j:plain



一週間後


「インベイジョン・オブ・ヴェノム」より襲来する【水晶機巧(クリストロン)】



f:id:girudoya:20160702194327j:plain



■ » 遊戯王wiki「クリストロン」より引用。

属するモンスターは全て水属性・機械族で統一されている。チューナーは、特定の場所から特殊召喚した非チューナーと自身で機械族シンクロモンスターをシンクロ召喚する効果を持つ。


非チューナーには龍、虎、亀と蛇、鳥のモンスターがいるため、モチーフは四聖獣か。また、漢字に水晶が当てられている点とイラストを見るに「クリストロン」は「クリスタル」から来た言葉だろう。水晶には無色透明なものと色が付いた色付き水晶と呼ばれるものが存在する。


《クリスタルP》のイラストから、クリストロンもまた竜剣士と背景ストーリー上の関係があると思われる。


f:id:girudoya:20160702194523j:plain




こんな感じの【クリストロン】、各地で先行体験会が開催されてますが、アクセルシンクロ(相手ターンシンクロ)を軸とするので「ストラクチャーデッキ-シンクロン・エクストリーム-」に収録されているカードに注目。




その中でもシンクロ召喚をトリガーにして汎用バウンスが発動する《スターライト・ジャンクション》は扱い易そうな1枚。【クリストロン】にはフィールド魔法《クリスタルP》があるので、《テラ・フォーミング》から使い分けもできますね。



f:id:girudoya:20160702193936j:plain

《スターライト・ジャンクション》
フィールド魔法
「スターライト・ジャンクション」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのチューナー1体をリリースしてこの効果を発動できる。リリースしたモンスターとレベルが異なる「シンクロン」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
(2):相手ターンに自分がエクストラデッキからSモンスターを特殊召喚した場合、フィールドのカード1枚を対象として発動する。そのカードを持ち主のデッキに戻す。

■ » 遊戯王wiki《スターライト・ジャンクション》





これまた同じストラクに収録されている《リミットオーバー・ドライブ》は、「召喚条件を無視」という豪快なテキストから《シューティング・クェーサー・ドラゴン》のような手間暇かかるシンクロモンスターを呼び出せるので、こちらも面白そうな1枚です。



f:id:girudoya:20160702193946j:plain

《リミットオーバー・ドライブ》
速攻魔法
「リミットオーバー・ドライブ」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのSモンスターのチューナー1体とチューナー以外のSモンスター1体をエクストラデッキに戻して発動できる。そのモンスター2体のレベルの合計と同じレベルのSモンスター1体を、召喚条件を無視してエクストラデッキから特殊召喚する。

■ » 遊戯王wiki《リミットオーバー・ドライブ》


前期の終わり頃、【シンクロダーク】が躍動し始めても《TG ハイパー・ライブラリアン》を規制しなかったのは、【クリストロン】シンクロテーマが控えていたからかなと。新弾は6箱予約してあるので、来たるべき一週間後には爆勝〜いやほんと申し訳ない〜レポをアップできる予定です。それではまた。




■ » 遊戯王公式HP「インベイジョン・オブ・ヴェノム」