読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【デュエルメモリー】

f:id:girudoya:20160629110046j:plain


デュエルメモリー


こんなデュエル、あんなデュエルを記していきます。



(《記憶破壊者》って《彼岸の悪鬼スカラマリオン》でサーチできるのか‥)












青眼メモリー


いきなり憤慨事案なんですが、4月頃から積まれ始めた【青眼】の《鳳翼の爆風》



f:id:girudoya:20160629103030j:plain



《鳳翼の爆風》は環境の癌である《虚無空間》《異星の最終戦士》への解答でありながら、手札のドラゴンや白石を切ってデッキを回せるカードです。白石を裏で置くと《電子光虫-コアベージ》で帰宅したり、《メタルフォーゼ・オリハルク》の倍貫通でチョメチョメされたりするのを回避できます。



破壊の《サンダー・ブレイク》では【メタルフォーゼ】【DD】のスケールや、《永遠の淑女ベアトリーチェ》《閃光竜スターダスト》相手においしくないのでデッキバウンスが重宝する形です。【ABC】のパーツを破壊すると困る事態が訪れる事や、【メタルフォーゼ】の各種スペルが墓地で使える効果を持ってる事も起因しています。



地味な所では、《DDD烈火王テムジン》の『このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、自分の墓地の「契約書」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える』効果もありますからね。《鳳翼の爆風》デッキバウンス様々です。



更においしく使うパターンとしてはデッキバウンスの雄、「《森羅の守神 アルセイ》《鳳翼の爆風》」を組み合わせた憤慨ハメパターン。相手の時間を止めながらビートダウン。夏が始まらない。









【ABC】メモリー


夏とかちょっとよく分からないですが、【ABC】について。入賞デッキを見渡してもサブギミックが定まってないですね。展開の到達点が高いのは《銀河戦士》《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》系統ですが、そこで気になるのはレベル5以上のモンスターに反応するバウンス屋《月華竜ブラック・ローズ》の存在。めちゃ厄介。




f:id:girudoya:20160629103045j:plain



《月華竜ブラック・ローズ》は《青眼の精霊龍》の変化、【メタルフォーゼ】は《アルティマヤ・ツィオルキン》から投下、【DD】の7シンクロ枠にも標準搭載されています。レベル5以上のモンスターの特殊召喚に自動反応する《月華竜ブラック・ローズ》により、ご帰宅の《銀河戦士》《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》‥



そもそも《月華竜ブラック・ローズ》が立ってると《ABC-ドラゴン・バスター》を出した所で帰っちゃいますからね。自分ターンでは分離もできず困ったもんです。逆に《銀河戦士》が《月華竜ブラック・ローズ》を踏む役目を果たしてると捉えれば足りてる?それとも【ABC】のサブギミックをランク4系統に絞り、構築段階からナチュラルに越えられるように配慮する。そんな事を感じる日々。




話は変わり、ちょっと気を付けたいのは《トランスターン》の使い方。A/B/Cいずれかを墓地へ送りながら《銀河戦士》を呼び出すと任意の順番でチェーンを組めます。


対《神の通告》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を筆頭に、ABCの墓地効果をカウンターしてくる《青眼の精霊龍》、場に出た《銀河戦士》を《幽鬼うさぎ》から守りたい場合、それぞれ状況によりチェーンの組み方ひとつで回避できます。《銀河戦士》が欠けるとランク5、《B-バスター・ドレイク》のサーチ可否により《ABC-ドラゴン・バスター》に関わってくるので、重要な部分。




もう1つ気になったのは《チキンレース》。《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》による張り替えが上手いことハマれば機能しますが、《チキンレース》単品の場合。



f:id:girudoya:20160629103052j:plain



張り出して1ドローに賭けるのか、賭けに失敗した場合の相手に《チキンレース》を利用される危険性。相手に1ドローされるのは《強欲で貪欲な壺》を撃たれるのと同義で、後手の【DD】が本家強貪とこちらの《チキンレース》を合わせて8枚の手札からスワラルスタートして来た時は来世を悟りました。ちなみに【DD】相手に《No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク》で墓地掃除しておくと、融合なり蘇生先が削れるので楽になります。



【ABC】のミラーマッチにおける《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》は、相手のフィールド魔法を破壊して《ユニオン格納庫》をサーチできるので、これまた難しい。《チキンレース》は《成金ゴブリン》のようにいかないなぁと。



そうなると構築段階から最大限《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》を出せるよう、《こけコッコ》の枚数なり《銀河戦士》から2チューナーの《ギャラクシー・サーペント》といった構築はいいなと。フィールド張り替え時にライフ1000回復できるので、《チキンレース》の経費を回収、《神の通告》《神の警告》を使う分のライフを捻出、エクストラターンにおける回復も視野に入ってきます。




f:id:girudoya:20160629103059j:plain



【ABC】の対《虚無空間》はメインギミックで対応できず解答を引けるか否かですが、【ABC】は「ユニオンループ」(サルベージの《A-アサルト・コア》、サーチの《B-バスター・ドレイク》)があるので裏で置き続けて時間を稼げます。逆に【ABC】相手に《虚無空間》を貼る時は、モンスター2体以上並べないとユニオンループでライフを削れない事態に陥ります。




昨日、トルコで起きたテロの報に胸が痛みますが、軽いテロである【青眼】の《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》。奴を出されたら「ABC3体」を除外して、《スクランブル・ユニオン》で帰還しとけば平和です。複数特殊不可の《青眼の精霊龍》を置かれたら、平井堅のようにそっと瞳を閉じます。








とまぁ、こんな感じで、デュエルメモリーをお送りしました。平井堅とか出てきたので、それっぽい感じでしたね。




f:id:girudoya:20160629103113j:plain



「効果モンスター」という一部分を切り取るだけでも、《青き眼の賢士》の手札効果で墓地へ送る場のモンスターが効果モンスター指定なので「《青眼の白龍》⇒《白き霊龍》」が不可だったり、《幻影霧剣》で止められるのも効果モンスター指定なので【メタルフォーゼ】のバニラ軍団に押し潰されたりね。失念案件からロスゲームが生まれてます。



それを越えるポカゲームとしては、【ABC】を回していてランク4を組んでからの《ABC-ドラゴン・バスター》で勝ちという場面。攻撃力0の《DD魔導賢者ケプラー》を前に《輝光子パラディオス》を手なりで出して、効果を使えず《ABC-ドラゴン・バスター》になるはずの素材を外せず捲られるというポカ案件。



《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》も同じですが、攻撃力0のモンスターを相手に効果を使えない感じの平井堅です。




それではまた〜 (*˘︶˘*).。.:*