ギルド屋さん

遊戯王戯遊

考察【D-HERO】

f:id:girudoya:20160621191009j:plain


8月6日発売 遊戯王ブースターSP「DESTINY SOLDIERS」



■ »前回の考察:《D-HERO ディストピアガイ》



f:id:girudoya:20160621194637j:plain



先日、【D-HERO】の新たな融合モンスター《D-HERO ディストピアガイ》の考察をアップしたので、今回は下級モンスター達をピックアップしてみます。



共通項は「闇属性・戦士族」、レベルはバラバラ。実戦的な【D-HERO】はレベル4に集まってるものの右向け右でエクシーズを使えないので、いきなり本家【HERO】との格差を感じさせます。



そして圧倒的で現実的な事実。【D-HERO】は闇属性でヒーローなんです。闇属性でヒーロー‥。変だな。目眩が‥。闇属性のヒーロー‥意識が遠退…






f:id:girudoya:20160621193002j:plain




《マスク・チェンジ》から出てくる名前を言ってはいけないあの人。僕が閻魔大王だったら、あのカードを使った分だけ地獄のグレードを上げますね。



《同胞の絆》から【D-HERO】と《E・HERO シャドー・ミスト》を並べた人も同様です。【D-HERO】は《マスク・チェージ》の回収にも対応しているので、融合召喚+マスクの形も組めそうです。



なんにせよ潤滑油となる《デステニー・ドロー》《闇の誘惑》があるのはメリット。サーチ過多時代を迎え、「圧縮」というワードも聞かなくなって久しい気がする。


公式サイドからの案内としては「D-HEROは手札・墓地で効果を使うヒーロー」という立ち位置のようです。



それでは、下級モンスター達を順繰りに。



■ » 遊戯王wiki【D-HERO】





アドバンテージ



つい反応してしまうこの単語。何をするにも、有るに越したことはないのがアドバンテージです。




f:id:girudoya:20160621190955j:plain


「D-HERO ディシジョンガイ」
星4 闇 戦士族 1600/1000
「D-HERO ディシジョンガイ」の①③の効果はそれぞれデュエル中に1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。このターンのエンドフェイズに、自分の墓地の「D-HERO」モンスター1体を選んで手札に加える。
②:レベル6以上の相手モンスターはこのカードを攻撃対象に選択できない。
③:このカードが墓地に存在し、自分にダメージを与える魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動する。このカードを手札に戻し、その効果で自分が受けるダメージを0にする。



自身や同名カードを含めてサルベージできる《D-HERO ディシジョンガイ》。彼を起点にアドバンテージを拡大し、融合召喚を狙っていくのが新生【D-HERO】の基盤となりそうです。



レベル4の《D-HERO ディシジョンガイ》を《召喚僧サモンプリースト》《オーバー・デステニー》《魂の綱》辺りからリクルートして、《D-HERO ディストピアガイ》の融合素材に活用。



そしてエンドフェイズに《D-HERO ディシジョンガイ》をサルベージみたいな流れですね。分かりやすいアドバンテージ源。タイミングを逃さない現代仕様なので、《ゴブリンドバーグ》でも安心して《D-HERO ディシジョンガイ》を送り出せます。



と、ここまで書いといて《D-HERO ディシジョンガイ》の効果はデュエル中に一度という制約に気付いたので、《オーバー・デステニー》《増援》《E・HERO エアーマン》の選択肢に1枚程度挿す感じでしょうか。デュエル中に一度《BF-精鋭のゼピュロス》複数枚欲しい?って感じで。



また、《D-HERO ディシジョンガイ》には被ダメージタイミングで自身をサルベージできる効果もあるので、こちらは《BF-精鋭のゼピュロス》《Emトリック・クラウン》《業炎のバリア -ファイヤー・フォース-》《破壊輪》《妖精の風》等の痛いカードは点数アップです。



《D-HERO ディシジョンガイ》は、ヒーローのアドバンテージ源である《E・HERO エアーマン》《E・HERO シャドー・ミスト》に加わる選択肢なので、充分戦力。というか消費が荒い融合召喚をしていくには必要な部分。



先日、コナミの再販リストに『ストラクチャーデッキ-HERO's STRIKE-』が上がったという事は、合わせて使ってねというメッセージでしょう。



そして、《融合》をサーチできる《E・HERO ブレイズマン》に需要が生まれそうと思って調べたら、早速動いて1000円越えてました。



f:id:girudoya:20160621193017j:plain



【D-HERO】は《オーバー・デステニー》《ヒーローアライブ》と6枚のデッキから特殊召喚できるカードがあるので、手数が期待できるのは大きな武器です。









展開屋



f:id:girudoya:20160621190940j:plain


「D-HERO ドリルガイ」
星4 闇 戦士族 1600/1200
「D-HERO ドリルガイ」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ「D-HERO」モンスター1体を手札から特殊召喚する。
②:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。



《D-HERO ドリルガイ》。名前ありきの貫通効果は放っておいて、《D-HERO ディアボリックガイ》のような上級モンスターを手札から特殊召喚できる事に価値がありそうです。そこは《ゴブリンドバーグ》にできない仕事。



《D-HERO ドリルガイ》で《D-HERO ダイヤモンドガイ》を特殊召喚して、ギャンブラーの心意気からランク4みたいな流れも見込めます。



ただ何にせよ《E・HERO シャドー・ミスト》を踏まえると《ゴブリンドバーグ》が偉いのがなぁ。そこはD-HERO縛りの《D-HERO ドリルガイ》の肩身が狭い。








やたら1000



f:id:girudoya:20160621190931j:plain


「D-HERO ダイナマイトガイ」
星5 闇 戦士族 1000/1000
①:モンスターが戦闘を行うダメージ計算時にこのカードを手札から捨てて発動できる。その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になり、お互いのプレイヤーは1000ダメージを受ける。
②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「D-HERO」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力は次の相手ターン終了時まで1000アップする。




ステータスや効果にやたら1000が含まれている《D-HERO ダイナマイトガイ》


《デステニー・ドロー》や、融合素材として墓地に送り込める攻撃力1000アップカードです。手札効果は戦闘ダメージを効果ダメージに変換できるので、《D-HERO ディシジョンガイ》のサルベージ効果や、《H・C サウザンド・ブレード》のトリガーになります。



レベル5以上のD-HEROになると《オーバー・デステニー》から呼べなくなるので、そこはちょっと減点。というか、攻撃力が上がる効果って相手ターンに使えない感じ?その為に適用時間が相手ターンまでと長めになってる?迎撃に使えない戦闘サポートは困りそう。







乗せます。魔法。



f:id:girudoya:20160621190923j:plain


「D-HERO ダークエンジェル」
星1 闇 戦士族 0/0 スーパーレア
①:自分の墓地の「D-HERO」モンスターが?体以上の場合、このカードを手札から捨て、自分の墓地の「D-HERO」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを相手フィールドに守備表示で特殊召喚する
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分が発動した魔法カードの効果は無効化され破壊される。
③:自分スタンバイフェイズに自分の墓地からこのカードと「D-HERO」モンスター1体を除外して発動できる。お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから通常魔法カード1枚を選んでデッキの一番上に置く。




《D-HERO ダークエンジェル》、その異色の効果は相手の場に特殊召喚し魔法カウンターというもの。無効+破壊なのでスケールにカードを置いてもバキバキ割れていきます。残したくない魔法も割れるので、フィールド魔法や《地獄門の契約書》もバッキバキ。



そして《D-HERO ダークエンジェル》の真価は、《D-HERO ダイヤモンドガイ》とのシナジーを見越した「通常魔法カード1枚を選んでデッキの一番上に置く」これです。



《ゾンビキャリア》トップ固定からの《D-HERO ダイヤモンドガイ》を狙ってた世代としては、デッキから魔法を探して乗せるなんて《最終戦争》。実用性はアレとして、面白いコンボが続々発明されると思います。










トラップ融合



f:id:girudoya:20160621190909j:plain


「D-フュージョン」
通常罠 スーパーレア
このカードの効果で融合召喚する場合、「D-HERO」モンスターしか融合素材にできない。
①:自分フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、戦闘・効果では破壊されない。



トラップ融合カード。自分の場、D-HERO固定。おまけに《復活の福音》時代にも関わらず破壊耐性は融合召喚したターン限定。もうちょっと色を付けてくれても、よぉござんしょ?と言いたくなる1枚。










総評



f:id:girudoya:20160621195047j:plain



新たなアドバンテージ源として歓迎すべき《D-HERO ディシジョンガイ》。デッキトップ固定により《D-HERO ダイヤモンドガイ》を戦略に組み込める《D-HERO ダークエンジェル》も面白い1枚。



肝心の《D-フュージョン》が本気で困るレベルなのが、どうしたもんか。やってる事は《緊急同調》《ワンダーエクシーズ》のD-HERO融合ですからね。そりゃ心許ない。



f:id:girudoya:20160621194219j:plain



このままだとヤバい【D-HERO】の新カードについてお送りしました。



それではまた (*˘︶˘*).。.:*