ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【輝神鳥ヴェーヌ】

f:id:girudoya:20160614215859j:plain


この時期だからこそ


貯まりに貯まってる使ってみたいカードをピックアップ。今回の主賓はデュエリストフェスティバルのプロモで登場した「《輝神鳥ヴェーヌ》・《原初の叫喚》」です。




f:id:girudoya:20160614215958j:plain




《輝神鳥ヴェーヌ》
星8/光属性/天使族/攻2800/守2000
「原初の叫喚」により降臨。
(1):1ターンに1度、手札のモンスター1体を相手に見せ、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このターン、対象のモンスターのレベルは、見せたモンスターと同じになる。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分の手札・フィールドのモンスターがリリースされた場合、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。




《原初の叫喚》
儀式魔法
「輝神鳥ヴェーヌ」の降臨に必要。
(1):自分の手札・フィールドから、レベルの合計が8以上になるようにモンスターをリリースし、手札から「輝神鳥ヴェーヌ」を儀式召喚する。
(2):自分エンドフェイズに墓地のこのカードを除外し、このターンにフィールドから墓地へ送られた、自分の墓地の儀式モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。




東京会場で獲得したパックから3枚ずつ揃ったものの、これまで「どうしたもんか」と放置プレイをキメてたので、改めてデッキを組んでみました。



《輝神鳥ヴェーヌ》の効果のポイントは

  • レベル変更
  • リリースに反応するサルベージ

という事で、こちらです。




f:id:girudoya:20160614220036j:plain



【青眼の輝神鳥】

f:id:girudoya:20160614220213j:plain


輝神鳥ヴェーヌ×3
ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン
青き眼の巫女×3
青き眼の乙女×3
青眼の亜白龍×3
青眼の白龍×3
伝説の白石
太古の白石

光の霊堂
祝福の教会-・リチューアル・チャーチ
竜の渓谷
原初の叫喚×3
儀式の下準備×3
高等儀式術×3
復活の福音×3
ドラゴン・目覚めの旋律×3
ソウル・チャージ
トレード・イン×3

【エクストラデッキ】
エンシェント・フェアリー・ドラゴン
月華竜 ブラック・ローズ
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン
閃珖竜 スターダスト
幻竜星-チョウホウ
蒼眼の銀龍
青眼の精霊龍×2
森羅の姫芽宮
森羅の守神 アルセイ
聖刻神龍-エネアード
銀河眼の光波竜
ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン







活用

f:id:girudoya:20160614220231j:plain



まず、儀式モンスターである《輝神鳥ヴェーヌ》をローコストで展開するには《高等儀式術》という入口から始まり、今を生きる《青眼の白龍》が思い浮かぶのは自然の摂理です。



そして《輝神鳥ヴェーヌ》が持つ2つの効果「レベル変更・リリースに反応するサルベージ」を活かすべく取り入れたプランは、「《青き眼の乙女》《青き眼の巫女》《青眼の精霊龍》」。きゃわわ2人と《輝神鳥ヴェーヌ》を組み合わせて何が出来るのか。



f:id:girudoya:20160614220036j:plain



まず、《輝神鳥ヴェーヌ》のレベル変更効果で《青き眼の乙女》《青き眼の巫女》を対象に取る事で、それぞれの効果を起動できます。乙女は《青眼の白龍》をリクルートしてシンクロ/エクシーズ、巫女は《青眼の亜白龍》《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》をサーチと動ける訳です。



そしてもうひとつ、《輝神鳥ヴェーヌ》の「リリースに反応するサルベージ」効果の相方には《青眼の精霊龍》を持ってくる事で、リリース起動のドラゴン変化をトリガーとして墓地のモンスターを拾い上げる事ができます。《聖刻神龍-エネアード》も相方として適任です。








そんなこんな《輝神鳥ヴェーヌ》を固めていった感じで、相手に干渉できる効果でない以上、《青き眼の巫女》のような自分から動けるギミックを仕込む必要があります。



f:id:girudoya:20160614220403j:plain



ついでに入れたギミックとしては、フィールド魔法と《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》。光属性なので《青眼の精霊龍》から変化でき、3種類のフィールド魔法「《祝福の教会-・リチューアル・チャーチ》《竜の渓谷》《光の霊堂》」を用意するプランです。



それぞれ、「教会は《輝神鳥ヴェーヌ》《高等儀式術》のサーチ、渓谷はブルーアイズ確保、霊堂は《青き眼の乙女》《青き眼の巫女》を対象に取る」と役割が分かれてます。



張り替えを終えた《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》は、手札から1チューナーを特殊する事で《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》へと昇華できるのも強力。



小技としては、《森羅の守神 アルセイ》が居る時に《高等儀式術》を使ってデッキからカードを送るとバウンス効果を使えてお得だったりします。これは《森羅の姫芽宮》《竜の渓谷》も同様ですね。



f:id:girudoya:20160614222633j:plain



《原初の叫喚》には儀式モンスター蘇生効果があるので、《青き眼の巫女》のサーチ効果の際に墓地送りにした《輝神鳥ヴェーヌ》を呼び戻すという働きを見せてくれるのも面白い部分。《輝神鳥ヴェーヌ》をレベル9シンクロの素材として活用して《原初の叫喚》で蘇生も可能です。《幻竜星-チョウホウ》からチューナーサーチみたいな事もできますね。







f:id:girudoya:20160614220912j:plain



こんな感じで《輝神鳥ヴェーヌ》を軸としたデッキを組んでみた訳ですが、初めは普通にドラゴン族だと思ってましたよね。《輝神鳥ヴェーヌ》。雰囲気あるのになー。《復活の福音》で守れそうなのになー。しっかり天使族。デッキの中での役割は種族とは別のところにあるので、いいんですけどね。改定前の勘違い大賞。





さぁ来い。改定。