ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【シンクロダーク】

f:id:girudoya:20160614100420j:plain


シンクロダーク


《BF-朧影のゴウフウ》《A BF-五月雨のソハヤ》により新たな展開パターンを獲得した【シンクロダーク】



f:id:girudoya:20160614100426j:plain



【シンクロダーク】、昔は《ダーク・グレファー》を起点に《ゾンビキャリア》と《D-HERO ディアボリックガイ》が仲良くするデッキだったんですけどねぇ。今は様変わりして、実質2枚キルも同然の展開力を宿しています。いつの世もブンブン考える人はいるんだなぁ。



そりゃ《TG ハイパー・ライブラリアン》《レベル・スティーラー》も禁止の声が上がるわいなというパターンがこちらです。







ランデブー


必要となる手札は「《BF-朧影のゴウフウ》+《終末の騎士》」のような《レベル・スティーラー》を墓地に送れるカードたったの2枚だけ!



f:id:girudoya:20160614100435j:plain



《終末の騎士》の位置は《レベル・スティーラー》を墓地に送れるレベル4なら《ダーク・グレファー》のような代替が効きます。






まずは、《BF-朧影のゴウフウ》特殊。トークンを出してもシンクロに使えず邪魔なだけなので勿論スルー。続けて《終末の騎士》から《レベル・スティーラー》を墓地へ。



そこから《BF-朧影のゴウフウ》を糧に《レベル・スティーラー》を起動して5シンクロになるという夢みたいな動きで、次のセクションである「レベル5シンクロ連打パターン」へと派生します。



f:id:girudoya:20160614100455j:plain



レベル4に下げた「《BF-朧影のゴウフウ》+《レベル・スティーラー》」から呼び出すのは、《A BF-五月雨のソハヤ》。彼は判明時から何かやらかしそうな気配を纏ってましたが、悪い予感はそのまんま東。




f:id:girudoya:20160614100420j:plain

《A BF-五月雨のソハヤ》
星5/闇属性/鳥獣族/攻1500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「ABF-五月雨のソハヤ」の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「BF」モンスターを素材としてS召喚したこのカードはチューナーとして扱う。
(2):このカードがS召喚に成功した時、自分の墓地の「ABF」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
(3):このカードが墓地へ送られたターンの自分メインフェイズにこのカード以外の自分の墓地の「ABF-五月雨のソハヤ」1体を除外して発動できる。このカードを特殊召喚する。




そんな《A BF-五月雨のソハヤ》の3つの効果は「チューナー化」、「ABF蘇生」、「自己蘇生」とシンクロ召喚を繋げていく上で重宝するものばかり。



「《BF-朧影のゴウフウ》+《レベル・スティーラー》」から《A BF-五月雨のソハヤ》をシンクロ召喚しているので、BFチューナーを使っている都合チューナー化効果が適用されます。



そして《A BF-五月雨のソハヤ》のレベルを下げ《レベル・スティーラー》を起動。再び5シンクロを呼べるので、エグザイルばりに2代目《A BF-五月雨のソハヤ》をシンクロ召喚。これもまたBFチューナーを使用しているのでチューナー化されてます。



墓地には初代がいるので、2代目《A BF-五月雨のソハヤ》の蘇生効果により呼び戻せるんです。さすが体育会系です。呼んだら来る。



これで場には「初代《A BF-五月雨のソハヤ》・2代目《A BF-五月雨のソハヤ》・《終末の騎士》」が並んでます。



f:id:girudoya:20160614100528j:plain



更にシンクロは続き、チューナー化してる《A BF-五月雨のソハヤ》のレベルを下げながら《レベル・スティーラー》を場に。その2体で《アクセル・シンクロン》を繰り出し、デッキから《ジェット・シンクロン》を墓地に送りレベル6に上昇。こっそり《レベル・スティーラー》の蘇生回数を稼げる、おいしい効果です。



そして、シンクロモンスターの影のボスである《TG ハイパー・ライブラリアン》を呼ぶべく、墓地の《ジェット・シンクロン》を起動して《終末の騎士》とチューニング。



これで場には「《TG ハイパー・ライブラリアン》・《アクセル・シンクロン》」が並び、もう幾度目か分からない墓地の《レベル・スティーラー》を《アクセル・シンクロン》のレベルを下げながら起動。これで6シンクロを呼べるので、《瑚之龍》を選択。ライブラ1ドロー。



f:id:girudoya:20160614100455j:plain



再度《レベル・スティーラー》を起動して《瑚之龍》とシンクロ召喚、《スターダスト・チャージ・ウォリアー》。ここでチェーンが3つ組まれ、「ライブラ1ドロー・スタダチャージ1ドロー・瑚之龍1ドロー」と手札が潤いまくり。



f:id:girudoya:20160614100610j:plain


もう止まりません。《A BF-五月雨のソハヤ》の自己蘇生効果も含めて、《PSYフレームロード・Ω》複数体からの《氷結界の龍 トリシューラ》《シューティング・クェーサー・ドラゴン》を置いてゲームセットを押し付けます。




手札を狩るシンクロテーマは《X-セイバー エアベルン》有する【墓守猫】が許されてない過去と現状があるので、うん。だめやな。これぞって感じがして、どことなく好感を持てますけどね。【シンクロダーク】。だめだけども。



ただ、初手《BF-朧影のゴウフウ》の有無が展開に直結してしまうのが気になるのは本音。展開中の後引きは《闇の誘惑》《ダーク・グレファー》で切れるのでなんとでもなりましたが、初手に《BF-朧影のゴウフウ》がないと展開そのものがイマイチな感触。それではまた。




― 座して待つ ―