ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【サイレント】

f:id:girudoya:20160520073959j:plain


しっぽりお姉さんについて。



美麗


まず、原作視点からの『サイレント・マジシャン』とは、遊戯がアテムの力を借りず、自らの力で組み上げたデッキの切り札モンスター。主力モンスターである『サイレント・ソードマン』と共にアンチ魔法効果を備えています。詠唱に対する「沈黙 ― サイレント ―」というファンタジーですね。





f:id:girudoya:20160520074035j:plain
f:id:girudoya:20160520074042j:plain





アテムとの決別。劇場版をご覧になった方は、藍神からの攻勢を耐える際、遊戯が「頼んだぞ!『サイレント・ソードマン』」と罠カードで墓地に送ったシーンが記憶に新しいのではないでしょうか。斬りかかってカキーンみたいな音してました。


サイレントシリーズは昨年末発売の「MILLENNIUM BOX GOLD EDITION」にまとめて収録されていたので、探せばある勢の方も多そうです。《同胞の絆》の箱。





f:id:girudoya:20160520074056j:plain
f:id:girudoya:20160520074103j:plain
f:id:girudoya:20160520074109j:plain




■ » 遊戯王wiki サイレント・マジシャン"








いいんですか


そんな遊戯くんの自立の象徴であり、切り札でもある【サイレント】に新カードが登場します。俗に言う自立とは「おちんちんの目覚め」であり、そういった事情を含めたイラストが起用されるのは自然の理です。





f:id:girudoya:20160520073959j:plain




遊戯くんの将来への不安が拭えない感じですが、その効果は‥



■ 6月4日 発売「DUELIST PACK -王の記憶編-」



f:id:girudoya:20160520073959j:plain


「沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン」
星4 光 魔法使い族/特殊召喚 1000/1000 ウルトラレア
このカードは通常召喚できない。自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
①:このカードの攻撃力は、自分の手札の数×500アップする
②:1ターンに1度、魔法カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にする。
③:フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。手札・デッキから「沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン」以外の「サイレント・マジシャン」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。







f:id:girudoya:20160520073951j:plain


「サイレント・バーニング」
速攻魔法 スーパーレア
①:自分フィールドに「サイレント・マジシャン」モンスターが存在し、自分の手札が相手より多い場合、自分・相手のバトルフェイズに発動できる。お互いは手札が6枚になるようにデッキからドローする。このカードの発動と効果は無効化されない。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「サイレント・マジシャン」モンスター1体を手札に加える。










f:id:girudoya:20160520073944j:plain


「沈黙の剣士-サイレント・ソードマン」
星4 光 戦士族/特殊召喚 1000/1000 ウルトラレア
このカードは通常召喚できない。自分フィールドの戦士族モンスター1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
①:自分・相手のスタンバイフェイズに発動する。このカードの攻撃力は500アップする。
②:1ターンに1度、魔法カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にする。
③:フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。手札・デッキから「沈黙の剣士-サイレント・ソードマン」以外の「サイレント・ソードマン」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。









f:id:girudoya:20160520073939j:plain


「沈黙の剣」
速攻魔法 スーパーレア
①:自分フィールドの「サイレント・ソードマン」モンスター1体を対象として発動できる。その自分のモンスターの攻撃力・守備力は1500アップし、ターン終了時まで相手の効果を受けない。このカードの発動と効果は無効化されない。②:墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「サイレント・ソードマン」モンスター1体を手札に加える。




魔法を打ち消す『沈黙の剣士・魔術師』と、それらをサポートする速攻魔法がそれぞれ公開されています。



『沈黙の剣士・魔術師』は、それぞれ対応する種族の戦士族・魔法使い族をリリースして特殊召喚でき、手札枚数やターン経過により攻撃力が500ずつアップしていきます。ここも遊戯くんの成長(多様な意味で)を表現しているようで、素晴らしいですね。攻撃力には上限数値がなく、どこまでも伸びていきます。


『沈黙の剣士・魔術師』の第二、第三効果は同じで、魔法の発動無効、フィールドでの破壊を受けたら、それぞれ対応する沈黙モンスターを後続として特殊召喚という効果です。タイミングを逃さない現代設計。



そして肝心の速攻魔法《沈黙の剣》《サイレント・バーニング》は、超絶《禁じられた聖槍》に超絶《メタモルポット》みたいな効果に加え、サラッと墓地から除外するとそれぞれ対応している「サイレントソードマン」、「サイレントマジシャン」をサーチできます。



1枚で2度おいしい効果は、《スピードリバース》が登場してからタガが外れたように思います。『沈黙の剣士・魔術師』はターン経過と共に攻撃力を上げていくので、モンスターを速攻魔法でサポートするというアーキタイプの枠組みが見えてきました。



速攻魔法を墓地に落とす事がアドバンテージを発生させるので、《武神帝-ツクヨミ》《マジカルシルクハット》《召魔装着》のようなカードから組み立てていくのも手です。



更に《沈黙の剣》《サイレント・バーニング》は、「このカードの発動と効果は無効化されない」というアンタッチャブル仕様。相手が「沈黙 ― サイレント ―」という、どうしたんやコナミはん。なんやデザイン、ちゃんとしてるやないかい。




丁寧な仕事を歓迎しつつ6月21日発売のVジャンプ 8月号には、「沈黙の魔導剣士-サイレント・パラディン」の御姿が。




f:id:girudoya:20160520073900j:plain




遊戯くんの将来を絶望視する声の高まりを感じます。


シンプルにカード的にはめっちゃ気になる。デッキとして【サイレント】と言っても、特殊召喚するのに戦士族と魔法使い族を要求するので、ちぐはぐになりそうなものですが、『沈黙の魔導剣士-サイレント・パラディン』の名称からは2つの可能性を感じるのです。つまり「男の娘」です。




あぁ遊戯くん

さぁ遊戯くん

ねぇ遊戯くん?











スケジュール


■ 6月4日「DUELIST PACK -王の記憶編-」

  • 沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン
  • サイレント・バーニング
  • 沈黙の剣士-サイレント・ソードマン
  • 沈黙の剣


■ 6月21日 Vジャンプ 8月号

  • 「沈黙の魔導剣士-サイレント・パラディン」


なんかギリギリな記事の気がする。


闇遊戯というか、遊戯くんの闇が増大してるような。