ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【定期講読とウィジャ盤】

f:id:girudoya:20160515201642j:plain



呼吸するように


f:id:girudoya:20160515201634j:plain


・定期購読料6660円×3冊=19980円



ツアーガイドが規制されたタイミングで【彼岸】にもたらされた「ギャラクシーワーム」


同名カードの必要性から、Vジャンの定期購読料6660円が丸々還ってくる値段を叩き出しました。


ただ、昨年度の定期購読に遅れて申し込んだ人達の「ギャラクシーワーム」が続々と届くので、供給量は増えていくばかり。この値下がり具合を見ると年間購読は初めの内にしておくのが丸いかなと。カードショップでの買い取りも露骨に下がってますからね。




f:id:girudoya:20160515201629j:plain



■ » Vジャンプ定期講読係








2016年6月4日発売 デュエリストパック-王の記憶編-


駆け足ですなぁ。



f:id:girudoya:20160515201618j:plain



《ダーク・サンクチュアリ》
フィールド魔法
(1):自分の「ウィジャ盤」の効果で「死のメッセージ」カードを出す場合、そのカードを通常モンスター(悪魔族・闇・星1・攻/守0)として特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したカードは「ウィジャ盤」以外のカードの効果を受けず、攻撃対象にされない(この効果が適用されたモンスターしか自分フィールドに存在しない状態での相手の攻撃は自分への直接攻撃になる)。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時に発動する。コイントスを1回行う。表だった場合、その攻撃を無効にし、その相手モンスターの攻撃力の半分のダメージを相手に与える。



■ » 遊戯王wiki《ダーク・サンクチュアリ》



f:id:girudoya:20160515201537j:plain


《ウィジャ盤》と死のメッセージ4種がフィールドに揃うと、「DEATH(死)」の文字が浮かび上がる。


海外版では「FINAL(ファイナル)」の文字が浮かび上がる。日本版と海外版では完成時の単語が異なる上、「A」の文字が別の位置に存在している。


このためか、《ウィジャ盤》と死のメッセージ4種は言語を統一しなければならないという特殊裁定が下されている。「DIAAL」等といった、意味不明な単語にはできないのはもちろん、日本語版と英語版を1組ずつ入れることも不可能である。海外版との互換が利かない、異例のケースである。


GOLD SERIES 2012で再録された。《フォース》のように規制経験があったり、《ワタポン》のように収録機会に恵まれなかったりするわけではないため、かなり異質な再録と言える。死のメッセージは収録されていないため、BEGINNER'S EDITION 2(第7期)等で別途手に入れる必要がある。


「ウィジャ盤」もしくは「ウィジャボード(Ouija board)」とは、「こっくりさん」を行う際に欧米で使用される道具である。欧米では霊魂と意思疎通をするための降霊術の道具とされており、実際に販売もされている。原作でも城之内(アニメでは御伽)が解説していた。


みたいな事が遊戯王wikiに書いてあって、なるほろなーと思いつつ、収録枚数45種類のパックに「ウィジャ盤関係」が6枚も入ってるって正気の沙汰じゃないですよ。予約しようと思ってたんですが、ちょっと考えちゃうレベル。



「ダーク・サンクチュアリ」のおかげで魔法罠を置けるようになるので、ハーフロックとかチェーンギミックと合わせる感じかな?それではまた~