ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【禁止カード】

f:id:girudoya:20160317074644j:plain


英傑



前回の続き。今回は禁止カードについてサクッと。



■【禁止】

「EMモンキーボード」
「ラヴァルバル・チェイン」
「ライフチェンジャー」




■「EMモンキーボード」

f:id:girudoya:20160317073954j:plain


いやぁほんと「恐牙狼ダイヤウルフ」の破壊対象に選べるのは強過ぎましたよね!これだから獣族ってのはケモナーなんだから。



はい。ペンデュラム召喚仕切り直しです。クリフォートのツールやDDD、魔術師から少しずつ制約を調整した末に出されたモンキーボード。毎ターンのようにソウルチャージや次元融合のような薬物召喚キメてくるのは、ダメでしたねぇ。



ペンデュラム召喚はスケール設置に手間が必要な分、エクストラデッキからのリターンがあるデザインですが、そのプラマイ事情を吹き飛ばしたのがモンキーボードでした。EMリザードローのお陰もあり1ドロー付きのペンデュラム召喚だったので、二重召喚に謝って欲しいレベルです。



もっと大枠の話になると、ペンデュラムカードに対する「破壊」が無価値となるのも問題で、スケールを破壊・Pモンスターを破壊というアクション全てがペンデュラム召喚で無に帰す様は見てられない面があります。今でも。


特に「戦闘破壊の形骸化」は致命的だと感じていて、モンスターの戦闘が主なやり取りとなる遊戯王において、そこが無意味になるのは如何なものかと思います。



ペンデュラム召喚そのものは、過去登場したどうにもならない高レベルモンスター達を活かせる可能性を秘めています。


遊戯王はエキスパートルールに移行するに辺り、"生贄召喚"という壁が生まれ、それまで活躍してきた「暗黒騎士ガイア」のような最上級モンスターは扱い難さの塊に成り果てました。それらを手札から出す事を組み込めるようなペンデュラムの展開を望みます。


モンスターボードの禁止がペンデュラムの再定義、破壊の価値回復に繋がることを願うばかりです。そうは言いつつ春から【オッドアイズ】の強化もあり、反省の色は…。



Emヒグルミに続きノーマルが禁止となるのも財布ダメージが軽い事で調整不足が許容され、壊れカードを生む悪習だと思います。毎度「4000円殺し旧神ノーデン」の悲劇を繰り返すと物理的にコナミが炎上する事になりかねないので、それもまた難しいところですけどね。


「青眼の精霊龍」の露骨なペンデュラム封殺・彼岸殺し効果を見るに環境に組み込ませたかった意思を感じますが、それがハマってない事情もあるのかなと。


これから新作ラッシュが続くので、新カードで環境を変えることも可能ですが、これだけ大きな規制。インフレ抑制になるといいですね。


1枚でペンデュラムに漕ぎ着けるモンキーボードが居なくなるとPサーチの「揺れる眼差し、昇竜剣士マジェスター」の性能も大幅ダウン。海外ではモンキーボードが制限止まりなので、1度の爆発からそのまま推しきるパターンを仕掛けてます。








■「ラヴァルバル・チェイン」

f:id:girudoya:20160317074025j:plain


「ライトロード・ビースト・ウォルフ」の親友です。


どれ程呼び出しただろうか。


【天変地異・真実の名・暗黒界・ヒーロー・セプスロ星因子・甲虫装機・インフェルニティ・墓地BF・モジャマ・巨神竜・ジェムナイト・炎王・EmEM・ガジェット・蠱惑魔・サンダー・ギアギア・シャドール・森羅・ネクロス・スクラップ・セイクリッド・ヴォルカニック・クラブレ・ゼンマイ・アンデット・酒ネクロ・ペンギン・光天使・ラヴァル・紋章獣】…etc.



印象深いのは、それまでシンクロが主流だった【インフェルニィ】にチューナーを用いないチェインを起点とするエクシーズ型が現れた事ですかね。黒枠というかランク4の足音が大きくなっていったのを覚えています。


そこから「蒼血鬼」を軸とする【エクシーズアンデ】のような黒枠デッキが次々と発展していきました。昨年の日本代表にもなった【クラウンブレード】はチェインの歴史における1つの完成形ですね。



チェインは魔法罠も墓地に送れるので、【シャドール】では影依の原核、【ヴォルカニック】はマガジンを、【ジェムナイト】は融合をプランに組み込む事が出来ていました。


今回の禁止指定の直接的な原因は【EM竜剣士】の「チェイン⇒バルブ⇒ナチュルビースト」ですが、【ネクロス】では「チェイン⇒リリーサー」のような憎しみの片棒を担ぎまくる性格があったので、致仕方無しと思えます。【ネクロス】のセンジュマンジュが規制されていた時代にはリチュアチェインからの本家チェインの流れ、懐かしいですね。


今回は儀式魔人リリーサーに手入れはありませんでしたが、リリーサーに繋がるガイド制限も含めて上手い間接規制です。








■「ライフチェンジャー」

f:id:girudoya:20160317074044j:plain


【マジエク帝】は海を越え、使われてしまっているデッキです。帝系デッキはトークンのエクストラ擬態問題も含めて、会議でも速攻で決まってそう。


マジエクを禁止にしても残骸爆破のような互換カードがあるので、ライフチェンジャーが正解のようです。このデッキの派生としては【Dヒーロー】【暗黒界】といったドローソース豊富なテーマを相方にしている模様。


ライフチェンジャーの禁止は、禁止カード≦メッセージカードという点で、大会に居ないという健全さを担保する為には必要な措置です。【神風ワンキル】や【ノーデンワンキル】の例から禁止が濃厚過ぎたので、ライフチェンジャーはプロキシでやってました。なかなか1円も払いたくないカードってないですよ。






以上、サクッと4月より禁止になる3枚についての雑感でした。ランク4のプトレマイオス禁止⇒ショックルーラー禁止⇒チェイン禁止という負の連鎖。どこまで続くのか。次回は制限カードについて!それまでまた ^^