ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【フュージョン】

f:id:girudoya:20160303211815j:plain


【不知火シャドール】


楽々レベル8シンクロに繋がる《不知火の隠者》の登場。【不知火】×【シャドール】を模索してます。


利点は炎属性を融合素材とする《エルシャドール・エグリスタ》によるペンデュラム召喚への対抗。《馬頭鬼》を落としながらの《エルシャドール・シェキナーガ》も【不知火】的においしい要素です。《ユニゾンビ》で落とすから《馬頭鬼》は直ぐにデッキから無くなっちゃうんですけどね。


不知火成分を濃い目にして、《左腕の代償》で手札の不知火を除外して効果を爆散させる的な事も思案中。


除外起動の不知火で《左腕の代償》を安価に打てるのは大きいのかなと。そして《左腕の代償》からサーチできる《次元融合》は帰ってこない事が伺い知れます。


メインギミックの選択肢に《エルシャドール・エグリスタ》、《スターダスト・ウォリアー》のようなペンデュラム召喚を打ち消せるカードがあると捗るなぁという次第です。



影依融合》の値段が全く落ちないのも【シャドール】の不思議なところ。環境落ちしたカードが3枚5000円を越えるような取引ばかりです。《銀河戦士》のようなアニメカードでもないのに。《エルシャドール・ネフィリム》緩和の噂が出る度に持ち直してる感じです。


【シャドール】には融合素材として全属性を許容できる受けの広さこそありますが、《超融合》があった頃の「全属性除去+キルパターン増加」と比べてしまうと物足りず。規制された《エルシャドール・ネフィリム》《マスマティシャン》も強力ですが、《ナチュル・ビースト》のような魔法キラーさえ吸える《超融合》は別格です。


《神の写し身との接触》による追撃も含め【シャドール】はリバースモンスターテーマでありながら、速攻があるというのがクールだったように思います。






【ゲートワイアーム】


f:id:girudoya:20160303211839j:plain


《BF−朧影のゴウフウ》
特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星5/闇属性/鳥獣族/攻 0/守 0
このカードは通常召喚できない。自分フィールドにモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる。
(1):このカードが手札からの特殊召喚に成功した時に発動できる。自分フィールドに「朧影トークン」(鳥獣族・闇・星1・攻/守0)2体を特殊召喚する。このトークンはリリースできず、S素材にできない。
(2):このカードとチューナー以外のモンスター1体以上を自分フィールドから除外し、
そのレベルの合計と同じレベルを持つ自分の墓地の「BF」Sモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをチューナー扱いとして特殊召喚する。




BF−朧影のゴウフウ》の「朧影トークン」を《始祖竜ワイアーム》の融合素材として活用しようという試み。


低燃費を叶えるには


f:id:girudoya:20160303211915j:plain


f:id:girudoya:20160303211919j:plain


f:id:girudoya:20160303211924j:plain


《BF−朧影のゴウフウ》+《シンクロ・フュージョニスト》から《妖精竜エンシェント》をシンクロ召喚しつつ《フュージョンゲート》をサーチして発動1ドロー。その過程で生まれた朧影トークン2体を使って《始祖竜ワイアーム》を呼べます。


《シンクロ・フュージョニスト》は攻撃力800なので《ブラックガーデン》から蘇生できる点や、レベル5チューナーの《BF−朧影のゴウフウ》+《簡易融合》は《アルティマヤ・ツィオルキン》に派生できるのも加点。


他にも《シンクロ・フュージョニスト》は、《レッド・リゾネーター》+《シンクロ・フュージョニスト》⇒《簡易融合》を絡めて《ラヴァルバル・チェイン》に繋げると、《ダンディ・ライオン》から綿毛トークンを稼げたりとトークン事情に絡めるモンスターです。


《こけコッコ》+《シンクロ・フュージョニスト》のような「特殊召喚できるチューナー+《シンクロ・フュージョニスト》」は、シンクロ召喚+融合カードをサーチして展開を続けられるギミックです。


《BF−朧影のゴウフウ》《こけコッコ》鳥獣族チューナーは特殊召喚に恵まれてます。それではまた ^^