ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ブラック・マジシャン】

f:id:girudoya:20160218215846j:plain


【ブラック・マジシャン】

マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン×3
ブラック・マジシャン×3
魔道化リジョン×3
マジシャンズ・ロッド×3
刻印の調停者×3

黒の魔導陣×3
黒・魔・導
ティマイオスの眼
強欲で謙虚な壺×3
闇の誘惑×2
マスクチェンジ・セカンド×3

神の宣告
御前試合×3
永遠の魂×3
マジシャンズ・ナビゲート×3
黒魔族復活の棺×3



■「キーカード


《黒の魔導陣》
永続魔法 スーパーレア
「黒の魔導陣」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、自分のデッキの上からカードを3枚確認する。その中に、「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カードまたは「ブラック・マジシャン」があった場合、その1枚を相手に見せて手札に加える事ができる。残りのカードは好きな順番でデッキの上に戻す。
②:自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が召喚・特殊召喚された場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。



新生【ブラックマジシャン】を象徴する1枚です。デッキトップ3枚見てブラマジカード1枚を手札に加え、残りを好きな順番でデッキトップに乗せる。これ俗に言う《渦巻く知識》です。そのまま「闇の誘惑・ワンダーワンド」等を使えば手札に加えられ、不要カードであればシャッフルカードと合わせてドローの質をコントロールできます。


ちょろっと回してみて、そこに感動。ついにこの動きが遊戯王でも出来るようになるとは。


デッキとしては「黒の魔導陣」を筆頭とする『相手ターンにブラマジ特殊なりスペル発動』をトリガーとするカードが集まってます。相手ターンに動く事でトリッキーな動きを再現したいという狙いですね。


【青眼の白龍】で言う所の「青き眼の賢士」である「マジシャンズ・ロット」がキーパーソン。相手ターンに動く事を除去というメリットにする「黒の魔導陣」の他、あらゆる基盤にアクセスできます。


そして手札とデッキから「ブラック・マジシャン」を呼べる「マジシャンズ・ナビゲート」の登場、そこに合わせて「永遠の魂」は蘇生だけでなく手札からも出せるので、お師匠様が手札に来るというストレスが緩和された事も特筆です。おまけに「マジシャンズ・ナビゲート」は使い終わっても「ブレイクスルースキル」のような墓地トラップとして「魔法罠無効」、つまり羽根帚もソルチャもカウンターできるという親切設計。



ブルーアイズもブラマジも同様ですが、「場に出せない」「手札に来ると邪魔」という最大の問題をクリアできるようなデザインは歓迎したい部分だと思います。遊戯王黎明期からエキスパートルールに移行するにあたり「生贄召喚」という壁が生まれてしまった負債を取り除こうという気概を感じます。「青眼の亜白龍」なんて遠回りですが手札にブルーアイズがある事に意味を作ってます。


それではまた ^^