ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【怪獣】

f:id:girudoya:20160217031552j:plain

【kaiju】


海外先行テーマであり、特撮映画を元にした和製英語としても浸透している【怪獣


■ » 遊戯王カードWiki - Kaiju


その動きは「ヴォルカニック・クィーン」のように相手モンスターをリリースすることで相手の場に怪獣を特殊召喚、相手に怪獣を送り付けるとこちらが怪獣を特殊召喚できるようなるので、怪獣2体が相対するフィールドになります。


その実現には、怪獣をサーチするフィールド魔法「Kyoutou Waterfront」がキーカードとなってくる訳ですが、そのカウンターを貯める方法について。




f:id:girudoya:20160217031611j:plain


《Kyoutou Waterfront》
フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、 お互いのフィールドからカードが墓地へ送られる度に、 1枚につき1つこのカードにKaiju Counterを置く(最大5つまで)。
(2):1ターンに1度、このカードにKaiju Counterが3つ以上置かれている場合に発動できる。 デッキから「Kaiju」モンスター1体を手札に加える。
(3):フィールドのこのカードが破壊される場合、 代わりにこのカードのKaiju Counterを1つ取り除く事ができる。



一旦カウンターを3つ貯めてしまえば《Kyoutou Waterfront》のサーチ効果は使い放題、カウンターを消費するのは怪獣の固有効果を引き出す際です。


《Kyoutou Waterfront》の「カウンター3つ」を秒速で貯めて怪獣モードに入りたいので思案。貯まる要件は「お互いのフィールドからカードが墓地へ送られる度に」なので、とんでもない緩さです。


除去で相手のカードと1:1交換するとカウンター2つ、強欲で謙虚の壺ようなドローカードですらカウンターが1つ貯まります。怪獣には専用ブラックホール+α的なカードがあるので、《Kyoutou Waterfront》の組み合わせを踏まえても強力なカードです。



最初カウンターを貯める枠として思い付いたのは、「成金ゴブリン・トゥーンの目次・ローンファイアブロッサム・アイスファイヤーハンド」のような連打できるカード群でしたが、そこまで注力しなくともドロー除去撃ってれば《Kyoutou Waterfront》のカウンターは確保できそうです。


困るのは「ダークロウ・マクロコスモス・アモルファージイリテュム」のような除外カードで、墓地にカードが送られないのでカウンターも貯まらず。ただ怪獣は相手モンスターをリリースして場に出せるので、大抵のモンスターはクリアできます。



相手の場に出した怪獣のコントロールをこちらに戻せる「洗脳解除・所有者の刻印」を試しましたが、この2枚を引きすぎてもマイナスになってしまうのが難しい所でした。例えば、永続罠である洗脳解除を置ければ、それで事足りる的な。



コントロール奪取…「堕落・戦友の誓い・霊使い・エレクトリックワーム・トラゴエディア・コミックハンド・レアルジェネクスクロキシアン・ヴェルズバハムート・ビッグアイ・グレイドル」選択肢は多岐に渡りますが、海外ではグレイドルとの組み合わせが一般的。怪獣が絡まない展開でも活躍しますからね。



先の《Kyoutou Waterfront》のカウンターを貯める枠「アイスファイヤーハンド」は、相手に渡した怪獣に突撃できるカードでもあります。怪獣単にすると『「Kaiju」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない』制約からモッサリしそうなので、何を入れようかどうしようか。



次回のエクストラパックにて参戦する【コズモ・バゼストマ・怪獣】。強さとしては並びの通りですが【宇宙・深海生物・怪獣】と個性的なので、どのテーマも人気出そう。特に【怪獣】は「プレイマット」になった時のワイド画面を活かしたイラストの豪快さや派手さに期待したいなと。『怪獣大決戦プレマ』それではまた ^^