ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【タイラントの歴史】


タイラント・ドラゴンの歴史


前回調べた中で、2001年9月20日発売「Struggle of Chaos −闇を制する者−」から続く三種族の争いを、イラストを通して数十年に渡り描いている事が分かりました。ハンターハンター顔負けの終わらなさです。



その三種族とは

  • タイラント・ドラゴン率いるドラゴン族

f:id:girudoya:20160127162836j:plain




  • 冥界の魔王 ハ・デス率いる悪魔族

f:id:girudoya:20160127162849j:plain


  • 無敗将軍フリード率いる戦士族

f:id:girudoya:20160127162903j:plain



壮大な三つ巴の戦いが繰り広げられているのです。その中でも今回は『タイラント・ドラゴン』の勇姿を集めてみました。ただ単身で映っているカードが多く、物語を追えるカードは「竜魂の城」に留まっています。それはそれで問題のような…




f:id:girudoya:20160127162940j:plain


f:id:girudoya:20160127162954j:plain


f:id:girudoya:20160127162946j:plain


f:id:girudoya:20160127162957j:plain


f:id:girudoya:20160127163002j:plain


f:id:girudoya:20160127163008j:plain


f:id:girudoya:20160127163109j:plain


f:id:girudoya:20160127163115j:plain


f:id:girudoya:20160127163013j:plain


竜魂の城」に映っているドラゴン族は

  • 《タイラント・ドラゴン》
  • 《ブリザード・ドラゴン》
  • 《スピア・ドラゴン》
  • 《真紅眼の飛竜》
  • 《エメラルド・ドラゴン》


f:id:girudoya:20160127163034j:plain


f:id:girudoya:20160127163039j:plain


f:id:girudoya:20160127163048j:plain


f:id:girudoya:20160127163055j:plain


懐かしい顔触れです。エメラルドドラゴンは、【聖刻】時代に連鎖除外でまとめて飛ばされないようエレキテルドラゴンと1枚ずつ散らして採用される事が常でした。



ドラゴン族の長であるタイラント・ドラゴンは、ストラクチャーデッキ巨竜の復活や、モンスターフィギュアコレクション Volume 3 付属カードとしても収録されており知られざる人気の高さが伺える1枚です。


f:id:girudoya:20160127163153j:plain


f:id:girudoya:20160127163158j:plain

「DUEL TERMINAL」では、タイラント・ドラゴン(モンスターフィギュアコレクション Volume 3)をスキャンすると隠しデッキ「タイラント・ドラグーン」が使用できる。 当然《竜魂の城》に見られるドラゴン族で固めたデッキなのだが、なぜか蘇生対象のいない《真紅眼の飛竜》が入っている。


ハイグレードな再現率は流石だなと感服するばかりです。そりゃ来月発売となる巨竜の復活Rにシンクロも入ってないのにライデン再録もやらかしますよ。隠しデッキであるタイラント・ドラグーンの飛竜から一貫したものを感じ取れますからね。


それではまた次回!