ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【不知火】

f:id:girudoya:20151001205012j:plain



■ 2015年 10月17日 発売

遊戯王OCG「BREAKERS OF SHADOW」 ―

f:id:girudoya:20151001205023j:plain


不知火】(しらぬい)という「炎属性・アンデット族」のシンクロテーマが登場します。"不知火"とは数千にも及ぶ炎の妖怪だそうな。



f:id:girudoya:20151001205041j:plain


特徴としては《BF大旆のヴァーユ》のようなチューナー《妖刀-不知火》が在籍。【墓地BF】のような墓地シンクロを用いて立ち回ります。繰り出す不知火シンクロモンスターの攻撃力が2500・3000なので、着地点を比べるとビルドアップが伺える仕様。


f:id:girudoya:20151001205058j:plain


【墓地BF】は《ダーク・グレファー》が潤滑油として機能していましたが、【不知火】ではアンデット族を手札・デッキから墓地に送り込める《ユニゾンビ》が活躍します。こんな感じで組んでみました。





f:id:girudoya:20151001205106j:plain



【不知火】

邪神機-獄炎
レッド・リゾネーター×3
妖刀-不知火×3
不知火の鍛師×3
不知火の宮司×3
ゴブリンゾンビ×3
ニゾンビ×3
馬頭鬼×2

コール・リゾネーター×3
異次元からの埋葬
封印の黄金櫃×2
龍の鏡×3
おろかな埋葬
ソウル・チャージ
ハーピィの羽根帚

ブレイクスルー・スキル×3
激流葬×3
虚無空間

エクストラデッキ
冥界龍 ドラゴネクロ×2
ラヴァルバル・チェイン
レッド・ワイバーン
BF-星影のノートゥング
ゴヨウ・プレデター
戦神-不知火×2
刀神-不知火×3
閃珖竜 スターダスト
PSYフレームロード・Ω
レッド・デーモンズ・ドラゴン ・スカーライト
幻竜星-チョウホウ




■『粒揃いの不知火』

「妖刀-不知火」
星2 炎 アンデット族/チューナー 800/0 スーパーレア
「妖刀-不知火」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場 合、チューナー以外の自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとこのカードを墓地から除外し、その2体のレベルの合計と同じレベルを持つアンデット 族Sモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。



「不知火の鍛師」
星4 炎 アンデット族 1000/0
「不知火の鍛師」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードが S素材として墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「不知火の鍛師」以外の「不知火」 カード1枚を手札に加える。
②:このカードが除外された場合に発動できる。このターン、自分のアンデット族モンスターは戦闘では破壊されない。



「不知火の宮司
星4 炎 アンデット族 1500/0
「不知火の宮司」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。自分の手札・墓地から「不知火の宮司」以外の「不知火」モンスター1体を選んで特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。
②:このカードが除外された場合、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。



「刀神-不知火」
星6 炎 アンデット族/シンクロ 2500/0 レア
アンデット族チューナー+チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上
自分は「刀神-不知火」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:1ターンに1度、除外されている自分のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに戻し、その攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て守備表示にする。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが除外された場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力は500ダウンする。



「戦神-不知火」
星8 炎 アンデット族/シンクロ 3000/0 ウルトラレア
アンデット族チューナー+チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上
自分は「戦神-不知火」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで、除外したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、除外されている自分の守備力0のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを墓地に戻す。



f:id:girudoya:20151001205244j:plain


注目したのは《不知火の鍛師》の『フィールドのこのカードが S素材として墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「不知火の鍛師」以外の「不知火」 カード1枚を手札に加える』という効果。《ゴブリン・ゾンビ》を含めて後続を呼び込めるシンクロ素材が6枚積める計算になります。



f:id:girudoya:20151001205200j:plain


例えば、《レッド・リゾネーター》召喚、手札から《ゴブリン・ゾンビ》もしくは《不知火の鍛師》を特殊召喚、レベル6シンクロ&各種サーチを果たせます。


《ゴブリン・ゾンビ》《不知火の鍛師》のような非チューナーのアンデット族リソースが墓地にある事が大切で、次のターン以降《ユニゾンビ》から《馬頭鬼》を落として、《ゴブリン・ゾンビ》もしくは《不知火の鍛師》を蘇生。レベル8シンクロを立てながらサーチという動きを取れます。8シンクロには除外アンデを再利用できる《PSYフレームロード・Ω》《刀神-不知火》がいるので、積極的に狙いたいパターンです。




これまで公開されている不知火カードは5種類。下級モンスター3枚の印象は、《BF-大旆のヴァーユ》のように墓地起動でシンクロを出せるチューナー《妖刀-不知火》、場からシンクロ素材として墓地に送られるとテーマサーチとして働く《不知火の鍛師》、召喚時にテーマ蘇生・除外されると表カード破壊の《不知火の宮司》と並んでいます。


f:id:girudoya:20151001205252j:plain

f:id:girudoya:20151001205817j:plain


除外されると表カードを破壊できる《不知火の宮司》は、《妖刀-不知火》の墓地シンクロの素材として除外しても機能しますが、《封印の黄金櫃》で《不知火の宮司》を除外した場合にも破壊効果を使っていけます。お得です。



f:id:girudoya:20151001205327j:plain


不知火のシンクロモンスターは2種類。レベル6《刀神-不知火》は墓地シンクロから出てくる2500打点と薄味ですが、レベル8の《戦神-不知火》は3000打点もさることながら破壊されると除外されている守備力0のアンデット族を墓地に戻せる効果を備えてます。


墓地シンクロで《妖刀-不知火》を除外して《戦神-不知火》を繰り出し、倒されたら《妖刀-不知火》を除外から墓地に送り返せるという相関性を持っています。【墓地BF】で言うところの《BF大旆のヴァーユ》を再利用なので、そりゃもう奥さんビビり散らします。


《戦神-不知火》のシンクロ条件が「アンデット族チューナー+チューナー以外のアンデット族モンスター1体以上 」なので、「レベルを上げたユニゾンビ+ゴブリンゾンビ」「邪神機獄炎+妖刀不知火」などで狙っていけます。


f:id:girudoya:20151001205334j:plain


レベル6のアンデット族を見返した時の《邪神機-獄炎》が懐かしくて泣けてきます。『妥協召喚・ピラミッドタートル・スキルドレイン・オネスト』といった親和性から【光アンデ】で使われていた1枚です。《オネスト》も3枚帰ってきたので、あとは《王宮の弾圧》。《王宮の弾圧》はダメステ発動不可なので、《ピラミッド・タートル》のようなリクルーターから高打点戦術が有効でした。



f:id:girudoya:20151001205340j:plain


今のレベル6アンデット族は《邪神機-獄炎》に限らずとも、《馬頭鬼》や《妖刀-不知火》によるアンデット族の特殊召喚に呼応して自己蘇生できる《ヴァンパイア・グレイス》を含め選べる幸せ。素引きしても《ユニゾンビ》で墓地に送れますが、いざという時に妥協召喚できるレベル6・2400打点として《邪神機-獄炎》もありなのかなぁと。



以上、新生「墓地シンクロ」【不知火】の考察ながら懐かしいカードを掘り起こした回でした。アンデット族を素材とする《冥界龍 ドラゴネクロ》を《龍の鏡》から繰り出すのも痛快ですが、不知火や《レッド・リゾネーター》を《フレムベル・ヘルドック》から引っ張っても面白いと思います。ではまた!


f:id:girudoya:20151001205347j:plain