ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【PSYフレーム】

f:id:girudoya:20150830204055j:plain


▼『受け身構成』

色々試してる【PSYフレーム】の雑感つらつら。


■『目次』

・デッキレシピ
・各カードの使用感
エクストラデッキ



【PSYフレーム】

カードカー・D×3
サイバー・ヴァリー×3
SRベイゴマックス×3
SR赤目のダイス×2
PSYフレームギア・α×3
PSYフレームギア・β×3
PSYフレームギア・γ×3
PSYフレームギア・δ×3
PSYフレーム・ドライバー×2

サイコ・フィール・ゾーン×2
PSYフレーム・サーキット×2
テラ・フォーミング
強欲で謙虚な壺×3
封印の黄金櫃
ハーピィの羽根帚
ブラックホール
精神操作

狡猾な落とし穴
PSYフレーム・オーバーロード×3

エクストラデッキ
超念導体ビヒーマス
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン
サイコ・ヘルストランサー
ブラック・ローズ・ドラゴン
月華竜 ブラック・ローズ
邪竜星-ガイザー
PSYフレームロード・Ζ
ギガンテック・ファイター
スクラップ・ドラゴン
メンタルスフィア・デーモン
琰魔竜 レッド・デーモン
閃珖竜 スターダスト
PSYフレームロード・Ω×2
メンタルオーバー・デーモン

(妖精竜 エンシェント)
(エンシェント・フェアリー・ドラゴン)
(エンシェント・ホーリーワイバーン
(ライトロード・アーク ミカエル)
(スターダスト・ドラゴン)
(ゼラの天使)
(ハイパーサイコガンナー)




■『手札誘発軍団:PSYフレーム』

f:id:girudoya:20150830204123j:plain


相手の行動に対応するPSYフレームギアを手札から起動。カウンター+シンクロ素材を並べフィールド魔法サーキットによりシンクロ召喚(レベル7・レベル8)を狙うテーマです。



アドバンテージ換算としては、相手の行動をカウンターしつつシンクロが並ぶので少しずつプラスに働いていきます。ちょこちょこ動いてくれる分だけアドが取れ、逆に貯め込まれると手札にPSYフレームギアが溢れます。



f:id:girudoya:20150830204142j:plain


そうなってくると、手札に貯まるPSYフレームギアを除去に変換できるPSYフレームオーバーロードが偉大です。PSYフレームギアαから最優先でサーチするのも、貯め込みを邪魔できるPSYフレームオーバーロードにしています。





■『ギアからアドを』

PSYフレームギアを起動してドライバーを並べたとしてもエンドフェイズに除外に追いやられてしまうので、それらを更にアドに還元できる『サーキット、オーバーロード、サイコフィールゾーン』が必要になってきます。


f:id:girudoya:20150830204138j:plain


それぞれの役割は

● サーキット、サイコフィールゾーン:シンクロ召喚

オーバーロード:除去の弾として活用



【PSYフレーム】が終始狙っていく動きは『相手の行動をカウンター⇒ドライバーを並べる⇒更なるアドバンテージ獲得』


PSYフレームギア起動には「自分フィールドにモンスターが存在していない」という条件があるので、シンクロモンスターのPSYフレームロード達には亜空間物質転送装置が備わっています。ちびっこが大好きな消えて出てくるあのトラップカードです。


f:id:girudoya:20150830204149j:plain




【PSYフレーム】の勝ち筋については幾つか検討されていて


● シンクロによるコントロール

● カウントダウンや波動キャノン、ラヴァゴーレムによる時限式勝利をPSYフレームギアでバックアップ

● 消えるモンスター(スピリットモンスター、妖仙獣、インフェルノイド、ヴェルズサンダーバード、ゼンマイラビット)等をPSYフレームギアでバックアップ


王道にシンクロするかバックアップに回るかという違いです。テーマ本来の姿としては事前対応のPSYフレームギア、事後対応のシンクロ召喚という位置付けです。





■『各個:PSYフレームギア』

f:id:girudoya:20150830204159j:plain

f:id:girudoya:20150830204206j:plain

f:id:girudoya:20150830204212j:plain


相手の行動でカウンターできるのは

● 攻撃
● モンスター効果
● 魔法
● 罠

これらを各PSYフレームギアでカウンターしつつドライバーを特殊召喚。シンクロに繋げていきます。


● 召喚・特殊召喚

に対してはギアαからPSYフレームカードをサーチ。カウンターではないですがフィールド魔法サーキットも罠カードのオーバーロードもサーチでき、オーバーロードはPSYフレームを除外することでサイコフィールゾーンに繋がるので、優先サーチ対象です。



f:id:girudoya:20150830204224j:plain


PSYフレームギアはオーバーロードのコストになるので、可能な限り積みたいカード群ですが、罠カウンターのギアεだけはイマイチな使用感。こちらから動かない以上相手から罠が提示される機会が少ないからです。【テラナイト】が扱う蘇生罠のように矢のように罠が飛んでくる能動的なデッキに対してはギアεも活躍できますが、基本的に受け身のデッキなので罠カウンターは出番が少ないと感じました。




f:id:girudoya:20150830204230j:plain


PSYフレームギア以外のモンスター枠は、場から消える事が好ましいのでカードカーDやサイバーヴァリーを試してます。カードカーDは手札誘発軍団であるPSYフレームギアの補充に貢献し、サイバーヴァリーは除外サイキック族をコントロールできるのでサイコフィールゾーンに繋がります。



例えば、PSYフレームギアに無効カードを喰らってしまい置物になると、後続のPSYフレームギアが動かないのでサイバーヴァリーで2ドローしつつ場を開けたりします。裏守備で貯め込む姿勢の相手に精神操作+サイバーヴァリー2ドローなんて懐かしいコンボや、封印の黄金櫃で羽根帚ブラホを予約する事で半端な動きを誘ってカウンター的な作戦も込めてます。似たような役割は強欲なカケラやタイムカプセルでも果たせますが、相手にカードを提示できないのがイマイチ。




f:id:girudoya:20150830204239j:plain

f:id:girudoya:20150830204253j:plain


能動的な攻め手も試行錯誤。例えば、『ベイゴマックス⇒赤目のダイス⇒PSYフレームロードZ』などのシンクロを手札1枚から展開できます。貯め込み中の相手にベイゴマックスからのブラックローズを放っても爽快です。




■『防御枠』

f:id:girudoya:20150830204300j:plain


罠に関しては、群雄割拠や御前試合などの永続をPSYフレームギアのカウンター効果でバックアップするプランを組み込めます。またPSYフレームロードΩの除外カードを墓地に戻す効果はブレイクスルースキル等を再利用できます。墓地から除外して発動する罠を軸にすれば狡猾な落とし穴も積める仕様。



鳥獣族デッキに対した際ゴッドバードアタックを警戒するように、【PSYフレーム】の伏せはオーバーロードに見えるという効能があるので、何でもいいのでブラフは置いておくべきです。





■『エクストラデッキの話』

f:id:girudoya:20150830204314j:plain

f:id:girudoya:20150830204318j:plain

f:id:girudoya:20150830204322j:plain


必要となるエクストラデッキは「PSYフレームギア⇒PSYフレームドライバーから繰り出すレベル7・レベル8シンクロ」と、サイコフィールゾーンの選択肢「サイキック族シンクロモンスター」が中心となります。サーキットからの相手ターンシンクロがあるので、その辺りもキーワードとなってくるので選択肢を並べていきます。




■ PSYフレームロードZ
■ PSYフレームロードΩ×2枚

亜空間内蔵、PSYフレームギアを阻害せずに戦えるサイキック族シンクロ。PSYフレームロードZは倒されても墓地のPSYフレームカードを再利用できるので、気軽にシンクロ素材に使えます。サイコフィールゾーンから呼べる後続持ちカードとしても評価点。PSYフレームロードΩは相手の手札1枚を縛りながら戦えるので、じり貧に持ち込んだゲームほど光るカードです。Ωを2体出せば相手の手札は減る一方のマウント状態に持ち込めます。




■ ブラック・ローズ・ドラゴン
■ 月華竜 ブラック・ローズ

サーキットから相手ターンに出す7シンクロと言えばこのお二人。ブラックローズの全壊効果にPSYフレームオーバーロードを巻き込むとサーチ効果を使えます。



■ サイコ・ヘルストランサー

回復屋+墓地のサイキック族を除外できるので、サイコフィールゾーンに繋がります。ロングゲームになりがちな弱点の保険にも。



■ 邪竜星-ガイザー

対象不可のレベル7シンクロ。サーキットから相手ターンに出す選択肢としての1枚です。自壊効果があるので、後続のPSYフレームギアを邪魔しません。これはスクラップドラゴンも同様です。



■ クリアウィング・シンクロ・ドラゴン

シンクロを立てる都合、月華竜ブラックローズが苦手なので受け流せるクリアウィング先輩。最近出たレッドワイバーン耐性も◎



ギガンテック・ファイター
■ 閃珖竜 スターダスト
■ スターダスト・ドラゴン
■ メンタルスフィア・デーモン

相手ターンシンクロしても意味がある8シンクロは常に選択肢です。メンタルスフィアはサイコフィールゾーンから出せますが、守備で特殊召喚なので即殴って回復とは行かないのが悩ましい。



■ メンタルオーバー・デーモン
■ ハイパーサイコガンナー

サイキック族のレベル9シンクロ。サイコフィールゾーンでPSYフレームロードZ+レベル2を選ぶ際に選択肢となります。二種類いますが、後続確保&ATK3300/DEF3000のメンタルオーバーが優先されます。



■ 妖精竜 エンシェント
■ エンシェント・フェアリー・ドラゴン

フィールド魔法サーキットと噛み合う2体。現状ブラフにも使えないフィールド魔法は重ねて引きたくないので、テラフォと散らして3枚としています。エンシェントフェアリーは手札のPSYフレームギアを特殊召喚してPSYフレームロードΩまで行けます。そうなると手札を稼げるサイコパスの意味も増加。



■ エンシェント・ホーリーワイバーン
■ ライトロード・アーク ミカエル

光属性テーマ【PSYフレーム】の利点。ミカエルの墓地肥やしでオーバーロードが落ちたら宇宙ですね。



■ 超念導体ビヒーマス

ベイゴマックスからのシンクロ先を漁っていると見つけたサイキック族のレベル6シンクロ。異次元の女戦士のように自身を除外できるサイキック族なので、サイコフィールゾーンのサポートになりえます。




■『PSYフレーム:経過』

f:id:girudoya:20150830204443j:plain


以上、ちょろっと【PSYフレーム】の話でした。地味に出戻りができるオネストも試してみようかな。トーナメントを見据えると能動的な攻めができないので40分の壁と、【聖刻】のように通常モンスターであるPSYフレームドライバーを引く懸念が付きまとう以上、距離があると言う印象です。相手ターンシンクロを狙ったサーキットに対して飛んでくる幽鬼うさぎもリソースが尽きてヤバかった。


  1. PSYフレームギアでカウンター
  2. シンクロ召喚
  3. 解答を要求


この流れに加え、PSYフレームオーバーロードで除去を繰り返してじり貧に持ち込み、最終的に手札を制限するPSYフレームロードΩで押し込む形を狙いたいので、シンクロさせて貰えない幽鬼うさぎは頂けず。



他にも攻撃反応ギアβが効かないホープライトニングへの対応など、泣けるくらい課題まみれです。ベイゴマックス特殊からのサイバーヴァリー召喚2ドローで1アドとかやり始めた当初は楽しげな雰囲気だったんだ。オーバーロードをセットしてからベイゴマックス⇒ブラックローズで、貯め込み解除+PSYフレームサーチ的なね。またちょこちょこ回して来ます。ではまた~